沖永良部島 和泊港(鹿児島)発 本部港(沖縄)行きの格安フェリー料金比較・予約

マルエーフェリーやマリックスラインでは、鹿児島県の和泊港から沖縄県の本部港への航路を辿っています。和泊港は、鹿児島県の南南西に位置する沖永良部島の港。周りをサンゴ礁に囲まれた、美しいこの島からフェリーに乗って海へ出航してみましょう。一方、本部港は沖縄県本部町に位置する港であり、美しい自然と海が広がっている港です。マルエーフェリーやマリックスラインでは、フェリーに複数の種類の客室があり、どの客室でもゆったりとした時間を過ごせます。南国の船旅を楽しみたいなら、是非マルエーフェリーをご利用ください。

沖永良部島 和泊港(鹿児島)発 本部港(沖縄)行きのフェリー時刻表・ダイヤ

熊本 三角港発 熊本 三角港着
熊本 三角港発 熊本 三角港着 所要時間
12:00 16:40 4時間40分 予約

下り便

熊本 三角港発 熊本 三角港着
熊本 三角港発 熊本 三角港着 所要時間
09:20 14:10 4時間50分 予約

上り便

沖永良部島 和泊港(鹿児島)発 本部港(沖縄)行きを運航している船舶

沖永良部島 和泊港(鹿児島)発 本部港(沖縄)行きの観光情報

和泊周辺周辺の観光スポット
和泊町立 西郷南洲記念館
和泊町立 西郷南洲記念館画像

沖永良部島は鹿児島の偉人である西郷隆盛が流刑になった島です。島津久光という藩主と折が合わず、沖永良部島で1年6ヶ月の間過酷な日々を過ごしました。和泊港の近くには、その当時西郷隆盛が過ごしたという牢屋を再現した展示物がある「和泊町立 西郷南洲記念館」があります。この記念館には、重労働を課せられ痩せ細った西郷隆盛像も建っています。西郷隆盛は辛い流刑の日々の中で、「敬天愛人」という「天を敬い、人を愛する」という思想を悟りました。フェリーに乗る前に、西郷南洲記念館に寄り、西郷隆盛の歴史に触れてみてはいかがですか。

笠石海浜公園
笠石海浜公園画像

笠石海浜公園は、亜熱帯の花々が植えられているとても美しい公園。海のすぐ近くにあり、海を眺めながら四季折々の花々を眺めるという贅沢な体験ができます。4月下旬から5月中旬にかけて、エラブユリとも呼ばれるテッポウユリが咲きます。キャンプ場やユリの形をした展望台などもあり、アウトドアにはぴったりな場所でもありますよ。「笠石」という名前は、見る角度によって「笠」の形に似ている岩があることから付けられました。フェリーに乗船する前に、笠石海浜公園に立ち寄って、南国の植物の香りや彩りを楽しんでくるのもおすすめです。

本部周辺周辺の観光スポット
沖縄美ら海水族館
沖縄美ら海水族館画像

沖縄に行くなら、是非訪れたい観光名所が「沖縄美ら海水族館」。本部港の近くにあります。約8.7mのジンベイザメや世界最大のエイである「ジャイアントマンタ」が飼育されています。他にも、深海に棲む海洋生物や美しいサンゴ礁を観察できますよ。また、大水槽を真上から眺められる「黒潮探検(水上観覧コース)」やイルカショーがあります。特にイルカに関しては、触れあったり餌をあげたりするプログラムがあるので、大人から子供まで、老若男女全員が楽しめる沖縄美ら海水族館。フェリーに乗る前に、実際に海に棲む生き物たちと触れ合ってみてはどうでしょうか。

海洋博公園
海洋博公園画像

沖縄美ら海水族館の近くにある、海洋博公園。昭和50年に沖縄国際海洋博覧会を記念して作られました。敷地内には、上記で紹介した「沖縄美ら海水族館」や亜熱帯植物が中心の植物園、海洋文化館などがあります。他にも熱帯ドリームセンターがあり、まるで別世界のような風景が広がる場所。2,000株以上のランが咲き誇り、トロピカルフルーツも実っています。3つの温室がありますが、どれもくつろげる空間になっていますよ。沖縄の郷土史を学べる「おきなわ郷土史 おもろ植物園」もあります。フェリーに乗る前に、是非立ち寄って沖縄の美しい自然の文化に触れてみてください。