奄美大島 名瀬港(鹿児島)発 鹿児島新港(鹿児島)行きの格安フェリー料金比較・予約

鹿児島県の鹿児島新港と奄美大島の名瀬港は、マルエーフェリーとマリックスラインが運航するフェリーで結ばれています。奄美大島の名瀬は奄美空港から距離があるため、飛行機でアクセスするよりもフェリーを利用した方が便利。さらにフェリーを利用することで寝ている間に名瀬港、鹿児島新港に到着できるメリットもあります。時間を有効的に活用できるのは嬉しいポイントですね。また、フェリーの客室には贅沢な個室から、リーズナブルな価格が魅力の和室の大部屋も。もちろんフェリー内でレストランや売店の営業もあるので、船の上での食事を堪能することも可能です。

奄美大島 名瀬港(鹿児島)発 鹿児島新港(鹿児島)行きのフェリー時刻表・ダイヤ

熊本 三角港発 熊本 三角港着
熊本 三角港発 熊本 三角港着 所要時間
21:20 08:30 11時間10分 予約

上り便

熊本 三角港発 熊本 三角港着
熊本 三角港発 熊本 三角港着 所要時間
18:00 05:00 11時間 予約

下り便

奄美大島 名瀬港(鹿児島)発 鹿児島新港(鹿児島)行きを運航している船舶

奄美大島 名瀬港(鹿児島)発 鹿児島新港(鹿児島)行きの観光情報

名瀬周辺周辺の観光スポット
奄美市立奄美博物館
名瀬周辺 奄美市立奄美博物館

奄美大島の名瀬にある奄美市立奄美博物館は、その名の通り奄美大島の歴史を学ぶことができる施設。離島だからこその独特な歴史がある奄美大島は、貴重な地域であると注目されているため見ごたえがあります。館内に入ってすぐに目を引く奄美大島の伝統的な小型の船の展示に注目。フェリーに乗船した後に訪れることで、昔と今の違いに驚かされるでしょう。また、奄美大島の歴史が年譜で紹介されています。さらに、実際に使われた道具や昔の暮らしぶりが模型で展示されているため、わかりやすいのも魅力です。大自然フロアもあり数多くのはく製で生き物を見ることも。動物好きの方にとってもたまらない施設ですよ。

金作原原生林
名瀬周辺 金作原原生林

天然の亜熱帯広葉樹が多く残っているエリアが金作原原生林です。大自然が広がるスポットだからこそ、希少な生物が数多く生息しています。国の天然記念物に指定されている美しい鳥のルリカケスや、アマミノクロウサギ、絶滅危惧種のキノボリトカゲなどが見られることも。これほど魅力がある金作原原生林をより観察したい方は、金作原原生林探検ツアーも組まれているので、参加するのもいいかもしれませんね。フェリーから見る海の景色だけではなく、奄美大島だからこそ見られる緑溢れる亜熱帯広葉樹が広がる風景も堪能しに足を運んでみてください。

鹿児島新周辺周辺の観光スポット
仙巌園
鹿児島新周辺 仙巌園

大河ドラマのロケ地になったことでも話題となった仙巌園。この仙巌園は薩摩藩主である島津家の別邸で、19代島津光久により築かれました。2015年にはこの一帯が世界文化遺産に登録されたほどの観光スポットです。仙巌園の庭園では、桜島や錦江湾の景色を取り込んだ絶景を堪能することができ、その美しさから多くの観光客を集めています。秋の景色はまた格別。さらに、庭園の他にも美しい装飾が施された御殿や、島津家の歴史について学ぶことができる尚古集成館、薩摩切子工場などがあり見どころ満載。ぜひ、フェリーを利用する際には、足を運んでみてくださいね。

石橋記念館
鹿児島新周辺 石橋記念館

江戸時代末期、鹿児島市の中心を流れている甲突川には5つのアーチの石橋が架けられていました。その中には、篤姫が嫁入りの時に渡ったと伝わる西田橋もあります。ですが、1993年8月の集中豪雨で5つのうち2つの橋が流失してしまいました。貴重な遺産として残った3つの橋を確実に残すため、移設しそこに石橋の架け橋技術の歴史を伝える石橋記念館を建てました。その石橋記念館がある場所は石橋記念公園として多くの地元の方に親しまれています。フェリーに乗船前や乗船後に立ち寄り、石橋記念公園を散策し石橋記念館でより深く石橋について学ぶ時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。