国際フェリーの航路と最安値

国際フェリーとは(会社・フェリーの特徴)

  1. 香川県の小豆島に本社を置くフェリー会社
    穏やかな瀬戸内海に浮かぶ小豆島。オリーブで有名なこの島は、観光地として多大な人気を集めています。そんな小豆島へとフェリーで旅行するのなら、国際フェリー株式会社の船舶を利用するのが便利です。国際フェリーは、岡山県内で路線バスや貸し切りバスやタクシーを運行する、両備ホールディングスの子会社。2007年に両備ホールディングスの子会社となった国際フェリー株式会社があるのは、のどかな香川県小豆郡小豆島町です。現在国際フェリー株式会社は、高松市の高松港と小豆島の池田港を結ぶ便利なフェリーを運航しています。
  2. キュートな船のデザインが大人気
    国際フェリーの船のデザインはとてもキュート。地元の人や旅行者から高い人気を集めています。船体に描かれた虹色のライン、そして船の後部に付けられたパンダとキリンのシンボルは、遠くからでもパッと目を引くような鮮やかさ。船内の床にも可愛いイラストが描かれており、デッキには動物をモチーフにした遊具も用意されています。子どもも大人も楽しめる仕掛けがたっぷり施されているフェリーなので「フェリーでの旅は子供には退屈かも?」といった心配をせず、家族みんなで楽しく乗船できますよ。
  3. 高松と小豆島を約60分で結ぶ
    高松港と池田港を約60分間で結ぶフェリーは、1日に8往復運航しているので活用しやすいですね。国際フェリーの船は、朝の早い時間から夜の時間までと幅広く運航しているのが嬉しいポイント。朝一番に移動する、夕方にフェリーを利用するなど、柔軟な旅程が立てられます。小豆島への日帰り旅行も気軽に計画できるので、都合の良い時間のフェリーを選んで予約してみましょう。国際フェリーの船に乗って約1時間、瀬戸内海の美しい大海原を眺めながら快適な船旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。
  4. 高い安全意識をもって航行
    「日本一安全な運輸企業」を目指し、安全を最優先して営業している両備グループ。国際フェリーの船舶も、定期的なドックに加えて普段からこまめに整備や点検をして安全な航行に努めています。さらに乗務員による訓練も繰り返し実施し、日々安全意識を高めています。時には香川県警や高松市消防局、近隣の病院とも連携して、緊急時の対応を確認する訓練を行うことも。全てのスタッフが常に高い安全意識を持って業務にあたっているので、不安なく乗船して快適な船旅のひとときを過ごすことができますね。
  5. ターミナルへのアクセスも良好
    国際フェリーの乗り場は、アクセスの良さが魅力的です。高松港のフェリー乗り場は、JR高松駅から徒歩約5分、ことでんの高松築港駅からも徒歩約5分程度で到着できる利便性の高さが嬉しいですね。車を利用する場合には、高松自動車道高松中央インターチェンジから約20分という距離になります。小豆島の池田港ターミナルは国道436号線沿いに位置しており、港の近くには小豆島オリーブバスのバス停があります。どちらの乗り場もアクセス良好なので、車を使った旅や徒歩での旅など、さまざまなスタイルの旅を柔軟に楽しめます。

国際フェリーの料金・割引・キャンセル

通常運賃
片道運賃
・車両、旅客には片道運賃と往復運賃がありますが、二輪車は片道運賃のみのご案内です。
・運賃は年間を通じた料金で、利用時期による変動はありません。
・基本的に予約ができるのは車両のみで、旅客・自転車・原付・自動二輪については当日先着順での受付です。
・予約はインターネットまたは国際フェリー予約センターまでお電話でお取りください。
・インターネット予約の受付開始は基本的に6ケ月前の0時から。受付終了は前日の23時。それ以外の時間に予約されたい方は国際フェリー予約センターへお電話にてお願いいたします。
・車両、二輪車の片道運賃には1名分の旅客運賃が含まれています。
・当日は、出港時刻の30分前までに乗り場にお越しください。出港直前に来られた場合は乗船できないことがありますのでご注意ください。
往復運賃
・車両、旅客については往復運賃の設定があります。
・往復でお買い求めの場合、復路は1割引になります。
・往復を事前予約する場合には、往路と復路の便を合わせて指定することが必要です。
・15名以上の団体のお客様には団体割引が適用されます。この場合、往復でお買い求めいただいても、復路の割引は適用となりませんのでご了承ください。

※スカイチケットフェリーでは、フェリー会社で企画された割引の適用は行っておりませんので、ご注意下さい。
割引運賃
障がい者割引
・身体障がい者手帳をお持ちの方は身体障がい者割引が適用となります。
・身体障がい者手帳一種を所持されているご本人と付添の方1名が通常運賃の5割引となります。
・身体障がい者手帳二種を所持されている方については、ご本人のみ5割引きとなります。
・知的障がい者も条件は上記と同じです。
・精神障がい者は本人のみ。介護付の記載有の場合は介護者(大人)も同額です。
・身障者手帳の提示が必要となりますので、ご持参をお願いいたします。
・自動車航送運賃の障がい者割引は扱っておりません。

※スカイチケットフェリーでは、フェリー会社で企画された割引の適用は行っておりませんので、ご注意下さい。
お子様の運賃
・片道運賃、往復運賃、団体割引に子供料金を設けています。
・子供料金の対象は小学生です。
・中学生以上のお子様は大人料金でのご乗船をお願いいたします。
・小学生未満のお子様は無料です。
キャンセル料金
・スカイチケットでの予約・決済後のキャンセルは、キャンセル日に合わせて下記手数料が必要になりますのでご注意ください。
・ご予約日~出発日当日出発時間まで:無料
・当日出発時間以降:100%
※1 「当日出発時間以降」のキャンセルは、料金の100%をキャンセル料として頂きます。
(取消手数料と払戻手数料の合計金額ではありません。)

スカイチケットでのご予約時にはプランによってキャンセル料が異なります。詳しくはご希望のプランページ下部をご確認ください。

国際フェリーの乗船までの流れについて

必要な物の準備 必要な物の準備画像
港へ向かう 港へ向かう画像

乗船に必要なもの

〈当日必要な持ち物〉
・乗船券引換証を印刷したもの
・車検証(車両乗船の方のみ)
・各種割引をご利用の際は証明書

■高松港へのアクセス
・高松自動車道、高松中央ICまたは高松西ICから国道193号線へ車で約20分。
・電車利用の場合、最寄駅JR高松駅又はことでん高松築港駅から徒歩10分程度。
■池田港(小豆島)へのアクセス
島内各地から池田港行きのバスが「小豆島オリーブバス」により運行されています。

上記が必要になります。当日忘れずにご持参ください。

カウンター受付 カウンター受付画像
乗船 乗船画像
当日は乗船券引換証を印刷したものを持参してください。万が一忘れた場合でも予約番号を照会できれば大丈夫ですが、用意しておけば受付での手続き不要。船入口でスタッフに提示するだけでスムーズに乗船できます。ただし車両で乗船の方は車検証、各種割引をご利用の際は証明書を持って受付で手続きをする必要があります。近年では芸術祭の影響もあり、ハイシーズンは例年混雑するフェリー。手続きが必要な方は早めの到着がベターです。

注意事項
・乗船券引換証の印刷の他、車両乗船の際は車検証の提示が必要なのでお忘れなく。
・各種割引をご利用の際は割引証明書もご用意ください。

国際フェリーの受託手荷物・船内持込みについて

二輪車

国際フェリーでは車両運賃とは別に、二輪車運賃が設定されています。種別は750cc以上と750cc未満の自動二輪車と原付二輪車、自転車の4種類。特に自動二輪車では排気量によって運賃が変わるので注意しましょう。これらの二輪車運賃にはそれぞれ運転手1名分の旅客運賃も含まれます。小豆島にはバスが運行しているとはいえ、自由に移動するための手段は自分で用意することが一番。持ち込むための手段はフェリーしかないので、上手に活用しましょう。

二輪車画像
大きさ 750cc以上125cc未満
重さ 制限なし
個数 制限なし

国際フェリーの船舶について

パンダ (第1こくさい丸)
パンダ (第1こくさい丸)画像

2007年7月に航行を開始した第一こくさい丸。その屋上デッキの後部エントツ部分には、大きなパンダをかたどったシンボルが取り付けられています。のどかな瀬戸内の大海原をゆくパンダの船は、眺めているだけで心和む雰囲気。大人も子供も楽しんで乗れるファンシーなフェリーを楽しく利用して、風光明媚な小豆島へと出掛けてみましょう。

パンダ (第1こくさい丸) 詳細ページへ
総トン数 航海速力 全長 旅客定員 車載搭載数
696トン 15ノット 70m 500名 乗用車55台
キリン (第32こくさい丸)
キリン (第32こくさい丸)画像

通称キリンと呼ばれるフェリーの正式名称は、第32こくさい丸。船体には華やかな虹のモチーフが描かれ、フェリーの屋上のマスト部分には背の高いキリンのオブジェが据え付けられています。国際フェリーの船舶は、遠くからでもパッと目を引くようなデザインが特徴的。ゆったりとくつろぐための工夫も随所に施されているので、快適な船旅を楽しむことができますよ。

キリン (第32こくさい丸) 詳細ページへ
総トン数 航海速力 全長 旅客定員 車載搭載数
697トン 15ノット 65.77m 500名 乗用車70台
国際フェリーの船内客室について
前部座席

国際フェリーの船内は新しくキレイで、座席がゆったりと座りやすいのが嬉しいポイント。前部座席はふかふかと柔らかいリクライニングシートになっており、背もたれをお好みで調節できます。長時間座っていても疲れにくい構造の座席なので、船旅も苦痛になりません。座席の数は充分に用意されているので、お好みの場所に座って船の旅を楽しみましょう。

この部屋がある船:
前部座席画像
ハイバックシート

国際フェリーの船には、ラグジュアリーなハイバックシートも用意されています。ヘッドレストが一体化したハイバックシートは、包み込むような座り心地が特徴的。過ごしやすさが魅力の心地よいハイバックシートを利用すれば、船旅も快適ですね。ハイバックシートコーナーには大画面のモニターテレビも用意されているので、ゆったりとリラックスしながら過ごすことができます。

この部屋がある船:
ハイバックシート画像
サロン席

船内には柔らかなソファーが置かれたサロン席もあるのでぜひ利用してみましょう。サロン席のソファーには大人数で座ることもできるので、家族旅行や友達同士での旅行にも最適です。さらにサロン席にはテーブルの用意もあるので、ちょっとした食事やおやつの時間を楽しむのも良いですね。柔らかな座席に腰掛けて、おしゃべりをしながらのステキな船旅を楽んでみてはいかがでしょうか。

この部屋がある船:
サロン席画像
じゅうたんの間

じゅうたんの間は、椅子席にじっと座っていると飽きてしまうという子供たちに人気のスペース。さらに、ゴロ寝や仮眠をして旅の疲れや運転疲れを癒やしたいという大人たちにも大好評です。じゅうたんに座って遊んだりごろりと横になったりと、思い思いに過ごせますよ。じゅうたんの間のまわりには、ぐるりと囲むようにソファー席が備えつけられているので、小さな子供を遊ばせたいという時にも安心ですね。

この部屋がある船:
じゅうたんの間画像
身障者用座席

客席の両側後部には、バリアフリーに配慮した身体障害者用の座席も用意されています。前後がかなり広く取られているので、車いすでフェリーを利用するという人にも快適です。障害を持つ人の中には「フェリーでの旅行は難しいかも」と旅行自体を避けてしまう人もいるかもしれませんが、バリアフリー席があれば安心ですね。すべての人が使いやすいフェリーで、快適な旅をお楽しみください。

この部屋がある船:
身障者用座席画像
客席後部左右の席

第32こくさい丸(キリンフェリー)の客席後部の左右には、足を伸ばしてくつろげる座敷席が用意されています。ごろりと横になり仮眠を取って疲れを癒やしたり、子供と一緒に座ってゆったりと過ごしたりしてみましょう。くつろぎの座敷があれば、小さな赤ちゃん連れの旅行も快適です。座敷席の窓から海の景色を眺めるのもオススメです。備え付けのモニターもあるので、退屈せずに過ごすことができますよ。

この部屋がある船:
客席後部左右の席画像
最上階ラウンジ

第32こくさい丸の最上階には、ゆったりとくつろげるラウンジ席も用意されているので、ぜひ利用してみましょう。真っ青な椅子が特徴的な極上のラウンジ席は、追加料金無しで誰でも利用できるというのが嬉しいですね。景色の良いラウンジ席から瀬戸内海の美しく凪いだ海を心ゆくまで眺める、極上の船旅をお楽しみください。

この部屋がある船:
最上階ラウンジ画像
カーペット室

座ったりごろりと横になったりして過ごせるカーペット室もありますよ。家族連れでくつろいだり、団体旅行で歓談を楽しんだりと、さまざまな使い方が考えられます。カーペット室にはテーブルが備え付けられているので、軽く食事をしたりお茶を飲んだりしたい時にも都合が良いですね。のんびりと乗船したいのなら、リラックスできるカーペット室がオススメです。

この部屋がある船:
カーペット室画像
国際フェリーの船内パブリックスペースについて
フードコーナー
フードコーナー画像

船内のフードコーナーは、始発から最終便まで開店しているのでどんな時間の乗船でも安心です。香川県名物のうどんを気軽に食べられるフードコーナーへ、ぜひ立ち寄ってみましょう。

遊具スペース
遊具スペース画像

動物をかたどった遊具がたっぷりと用意されているフェリーのデッキは、子供達に大人気。海風を感じながら可愛い遊具で遊べば、約1時間の船旅もあっという間です。

国際フェリーの船内サービスについて

くつろげるデッキスペース

パンダフェリーとキリンフェリーの甲板デッキスペースには、子供が楽しめる遊具スペースや海を眺めながらのんびり過ごせる椅子席など、くつろげる仕掛けが数多く用意されています。サイドデッキに座って潮風を浴びながら広い海を眺めれば、まるで地中海リゾートのようなリッチ気分を満喫できますよ。

バリアフリーに配慮した作り

国際フェリーの船舶はバリアフリーに配慮された作りが特徴的。船内にはキレイなエレベーターが用意されており、エレベーター前には福祉車両が停車できるスペースも広く取られています。さらに、身体障害者用の座席や多目的トイレも完備されているので、体の不自由な人でも安心して気持ちよく乗船できますよ。

子供が過ごしやすい工夫がたくさん

船内は段差が少ないので、ベビーカー利用の乗客にも安心です。子供が過ごしやすい座敷席や遊具スペースのほか、ベビーチェア付きのトイレやベビーベッドもあります。子供と一緒にフェリーに乗るのなら、パンダフェリーやキリンフェリーをチョイスするのがオススメですよ。

欲しいものが手軽に手に入る売店

船内の売店はこぢんまりとしていますが、お茶やコーヒーなどの飲み物類やおみやげ類が充実しており、便利に利用できます。香川県を訪れたら絶対に食べておきたい名物のうどんが、フェリーで気軽に食べられるのも嬉しいですね。

国際フェリーのターミナル

国際フェリー 高松(サンポート)ターミナル
国際フェリー 高松(サンポート)ターミナル

国際フェリー 高松ターミナルは、高松港旅客ターミナルビルの中にあります。こちらは2001年に建てられて以来、フェリーのターミナルだけでなく、さまざまな事務所が入るオフィスビルとしても活用されています。地下2階・地上8階の大きなビルとなっていて、中には1階が待合所、2階が喫茶・軽食スペースがあるので、フェリーの待ち時間に利用してみてはいかがでしょうか。さらに、周辺には複合施設なども専用の連絡通路で繋がっているので、多くの方が行き交っている施設です。

住所 香川県高松市サンポート8
電話番号 087-822-4383
特徴
  • 年中無休
  • 休憩スペース
  • お食事
  • お土産
  • 連絡バス
国際フェリー 高松(サンポート)ターミナルの詳細ページへ
国際フェリー 池田ターミナル
国際フェリー 池田ターミナル

小豆島の池田港にある国際フェリー 池田ターミナル。こちらからは、四国の高松行きのフェリーが運航しています。建物の上部にある、「池田港」の文字と赤い太鼓台という派手なデザインが目印となっています。また、こちらにはおよそ150台の車を停める駐車場も完備しているので、車を置いていかれる方はこちらをご利用下さい。国際フェリー 池田ターミナルから出航しているフェリーで、旅の思い出作りをしてみてはいかがでしょうか。

住所 香川県小豆郡小豆島町池田
電話番号 0879-75-0405
特徴
  • 年中無休
  • 休憩スペース
  • お土産
  • 連絡バス
国際フェリー 池田ターミナルの詳細ページへ

国際フェリー 利用者の口コミ・評判

アイコン画像 20代前半 女性 高松港小豆島 池田港 パンダ (第1こくさい丸)

高松港と小豆島池田港とを結ぶ国際フェリーを利用しました。この会社の2隻の船はそれぞれパンダ、キリンという名称で、名称だけでなく船体にも大きなパンダやキリンがついているんです。私が乗り込むことになったのはパンダの方。なぜパンダ?なぜ高松から小豆島までしか行かないのに国際フェリー?と諸々疑問はありましたが港に停泊中の船を見たら、その可愛さに疑問は吹き飛んでしまいました。そして、いざ乗り込んでみるとさらにびっくり。パンダの飾りが可愛いだけの船ではありませんでした。とても手頃な運賃にもかかわらず、客室内はゆったりと洒落た雰囲気。整然と並んでいる椅子席は前後左右の間隔も広く、とても快適に過ごすことができました。到着前に流れてくる歌謡曲は昭和を感じさせるレトロなもので、瀬戸内海ののどかな雰囲気にぴったり。風情があって私は好きでした。しいて言うなら客室の天井があまり高くなく、窓からの景色だと物足りないという人もいるかも。でも、展望デッキに出ることができるので、景色を楽しみたい人にもおすすめのフェリーです。


アイコン画像 20代後半 男性 高松港小豆島 池田港 パンダ (第1こくさい丸)

国際フェリーは岡山が拠点の両備グループ。他にもフェリーをはじめ、岡山市内の路面電車なども運営しているようです。国際フェリーという名称ですが海外へは行かず、小豆島西部にある池田港と四国の高松港を一日8往復、約1時間で結んでいます。パンダとキリンの2隻の船が就航していて、切符売り場などにもパンダやキリンのイラストがたくさんありました。僕は船旅が好きで、今までもいろいろな船に乗ってきましたが、こういう個性的な船ははじめてでした。今回僕一人旅でしたが、家族連れの姿も多く子供たちは大喜びしていましたよ。船内売店のうどんは、小豆島航路で一番と評判らしいので食べてみました。他の航路はまだ利用したことがないので比較はできませんが、確かに美味しかった!凪いだ瀬戸内海を行く船の上で優しい味のうどんを食べる、、、いい旅の思い出になりました。


アイコン画像 30代後半 男性 高松港小豆島 池田港 キリン (第32こくさい丸)

妻と小学生の子供たちとで小旅行するときに利用しました。小豆島と四国を結ぶ船は数あれど、動物をマスコットにした船はこの国際フェリーだけでしょう。正直なところ、1時間の船旅に耐えられずぐずりだす子供をなだめるためにこのフェリーを選んだのですが、こちらが予想していた以上に喜んでくれました。デッキから空高く首を伸ばすキリンやちょっとした遊具にも大はしゃぎ。バリアフリーに対応しておりエレベーターも備わっていたので、上へ下への探検三昧。広いカーペット席に腰を下ろそうとしていたんですが、そんな暇もありませんでした。船内にも所どころにマスコットが描かれていて、まるで遊園地の遊覧船に乗っているかのようです。小旅行を終え帰る際にも同じキリンの船に乗り、上機嫌になった子供たちから「また乗りたい」とのお言葉もいただきました。次はパンダの船に乗ろうかと思います。


アイコン画像 50代後半 女性 高松港小豆島 池田港 キリン (第32こくさい丸)

昔からの友人に会いに行くときに頻繁に利用させて貰っています。友人は室生に住んでいるのですが、そこから一番近い港が池田港。車で10分と掛からないアクセスなので重宝しています。池田港周辺には海の駅や道の駅があり、観光目的に訪れる方も数多くいるのだとか。島中央に行くための道路もあるのでそこそこ賑わっている港です。さて、肝心のフェリーなのですが何といっても特徴的な動物のオブジェクト。キリンとパンダが目立つ船は見た目がとっても楽しくて賑やかです。ありがたいことに船内はバリアフリーになっていて、年を取った身体にやさしいエレベーター付き。通路は広く快適に過ごすことができます。デッキは開放されているので、のんびりと海を眺めることができる点も善し。また時間の都合上、船内にあるうどん屋さんで食事することもあるのですが、食べ慣れた美味しいうどんを出してくれます。


国際フェリーのよくある質問について

駐車場はありますか?

池田港には無料駐車場がございます(150台)。高松港では周辺の有料駐車場をご利用ください。

高松空港に行くための便はありますか?

池田発5:30の便は、高松空港行きバス及び高速バスなどの早朝便へと連絡しております。

座席は指定制ですか?

リクライニングシート、ハイバックシート、サロン席に絨毯席は全て自由席となっています。原則先着順になっているのでご注意ください。

船内に売店はありますか?

パンダ・キリン両方の船内には始発便から最終便まで営業している売店がございます。美味しいうどんも提供しているので是非ご利用ください。また、池田港ターミナルにもお土産を扱っている売店が営業しています。