高松港(香川県)発 小豆島 池田港(香川県)行きの格安フェリー料金比較・予約

四国高松と小豆島間の移動にはフェリーがおすすめです。高松港から小豆島池田港まで国際フェリーが毎日8往復運航。所要時間は60分とそれほど長い時間の乗船ではないので、気軽に利用することができます。国際フェリーの2隻の船名はパンダとキリン。それぞれデッキにパンダとキリンのモニュメントが付いていてとても親しみやすい雰囲気ですが、船内装備は充実しています。座席もリクライニングシート、サロン席、カーペット席などお好みのスペースで過ごすことが可能。展望デッキには遊具もあり、小さなお子様も飽きることなく過ごすことができますよ。

高松港(香川県)発 小豆島 池田港(香川県)行きのフェリー会社

国際フェリー
国際フェリー画像

穏やかな瀬戸内海に浮かぶ小豆島。オリーブで有名なこの島は、観光地として多大な人気を集めています。そんな小豆島へとフェリーで旅行するのなら、国際フェリー株式会社の船舶を利用するのが便利です。国際フェリーは、岡山県内で路線バスや貸し切りバスやタクシーを運行する、両備ホールディングスの子会社。2007年に両備ホールディングスの子会社となった国際フェリー株式会社があるのは、のどかな香川県小豆郡小豆島町です。現在国際フェリー株式会社は、高松市の高松港と小豆島の池田港を結ぶ便利なフェリーを運航しています。

国際フェリー詳細へ

高松港(香川県)発 小豆島 池田港(香川県)行きのフェリー時刻表・ダイヤ

高松港発 小豆島 池田港着
高松港発 小豆島 池田港着 所要時間
6:50 7:50 1時間 予約
8:32 9:32 1時間 予約
11:10 12:10 1時間 予約
13:10 14:10 1時間 予約
14:10 15:10 1時間 予約
16:47 17:47 1時間 予約
18:15 19:15 1時間 予約
19:30 20:30 1時間 予約

船舶キリン (第32こくさい丸)パンダ (第1こくさい丸)での運航

船舶キリン (第32こくさい丸)・パンダ (第1こくさい丸)での運航

小豆島 池田港発 高松港着
小豆島 池田港発 高松港着 所要時間
5:30 6:30 1時間 ※1 予約
7:15 8:10 55分 予約
9:50 10:50 1時間 予約
11:50 12:50 1時間 予約
13:00 14:00 1時間 予約
15:30 16:30 1時間 予約
17:10 18:10 1時間 予約
18:00 19:00 1時間 予約

船舶キリン (第32こくさい丸)・パンダ (第1こくさい丸)での運航 ※1 高松空港行きバス及び高速バスなどの早朝便へ送迎有り

高松港(香川県)発 小豆島 池田港(香川県)行きを運航している船舶

パンダ (第1こくさい丸)
パンダ (第1こくさい丸)画像

「第1こくさい丸」は、2007年7月に就航したカーフェリーです。四国の高松と小豆島を結ぶ重要な足として、観光客はもちろん、地元の人にも親しまれています。船体は、全長70.0m、総トン数696.0tと大きく、最大500名もの乗客が乗船可能。一年中通して波穏やかな瀬戸内海を航行するので、船酔いが心配な方も安心して過ごせるでしょう。また船内には車両を55台まで収容できるスペースを用意。長距離運転を終えたドライバーさんも、船内でゆっくりと休息することができます。

パンダ (第1こくさい丸) 詳細ページへ
総トン数 航海速力 全長 旅客定員 車載搭載数
696トン 15ノット 70m 500名 乗用車55台
キリン (第32こくさい丸)
キリン (第32こくさい丸)画像

池田港は、「第32こくさい丸」の小豆島側の発着港です。島の中央部に位置する池田港は、東西の行き来が便利な場所に位置。オリーブ園や小豆島ふるさと村など、島を代表する観光地へのアクセスも良好です。赤い布団太鼓が印象的なフェリーターミナルでは、島特産の手延べそうめんやオリーブオイルも販売されているので、お土産を買い忘れた方も安心ですね。小豆島の旅行を満喫したい方は、ぜひ「第32こくさい丸」での船旅を計画してみてください。

キリン (第32こくさい丸) 詳細ページへ
総トン数 航海速力 全長 旅客定員 車載搭載数
697トン 15ノット 65.77m 500名 乗用車70台

高松港(香川県)発 小豆島 池田港(香川県)行きの港とターミナル

高松港(香川県)
国際フェリー 高松(サンポート)ターミナル
国際フェリー 高松(サンポート)ターミナル画像

四国や小豆島などへお出掛けの際は、飛行機や列車の旅もいいですが、たまにはのんびりと船旅を満喫してみるのもいいですよ。そんな時には、国際フェリー 高松ターミナル発着のフェリーを予約するのがおすすめです。こちらからは、四国の高松港と小豆島・池田港を結ぶフェリーが運航しています。所要時間はおよそ60分。さらに一日の出航便も多く、国際フェリー 高松ターミナル発着のフェリーは移動にとても便利です。また、高松にも小豆島にも、観光スポットやみどころはいっぱいあるので、フェリーから眺める景色と共に観光もお楽しみ下さい。

住所 香川県高松市サンポート8
電話番号 087-822-4383
特徴
  • 年中無休
  • 休憩スペース
  • お食事
  • お土産
  • 連絡バス
国際フェリー 高松(サンポート)ターミナルの詳細ページへ
小豆島 池田港(香川県)
国際フェリー 池田ターミナル
国際フェリー 池田ターミナル画像

四国や小豆島などへお出掛けの際は、移動手段に大きなフェリーで海を眺めながらというのも旅の醍醐味ですよね。そんな時には、国際フェリー 池田ターミナル発着のフェリーを予約するのがおすすめ。こちらからは、四国の高松港と小豆島の池田港の間をおよそ60分で渡ることができるフェリーが運航中。国際フェリー 池田ターミナル内は、全面禁煙でWi-Fiの利用も可能となっています。また、営業時間は午前9時から午後6時で、年中無休。どちらにも人気の観光スポットやみどころがたくさんあるので、是非旅行プランにフェリーをご検討下さい。

住所 香川県小豆郡小豆島町池田
電話番号 0879-75-0405
特徴
  • 年中無休
  • 休憩スペース
  • お土産
  • 連絡バス
国際フェリー 池田ターミナルの詳細ページへ

高松港(香川県)発 小豆島 池田港(香川県)行きの観光情報

高松(香川県)周辺の観光スポット
高松港玉藻防波堤灯台
高松港玉藻防波堤灯台画像

高松港玉藻防波堤灯台は、国際フェリーのフェリーターミナルがある高松港のランドマーク。ウォーターフロント事業によって高松港が「サンポート高松」として整備される際に、「赤灯台」と呼ばれた先代の灯台がデザインも新たに改築移築されたものです。こちらの灯台は「せとしるべ」の愛称でも親しまれ、内部からの光で灯塔全体が赤く輝くとてもユニークなデザイン。灯台へ続く防波堤にはレトロな雰囲気の照明も並び、その横を行き交う船とあいまって訪れる人の目を楽しませています。また、出入港の際にも高松港玉藻防波堤灯台を間近から見ることが可能。フェリーが少し沖へ出てから、灯台を含むサンポート高松の風景を眺めるのもおすすめですよ。

玉藻公園
玉藻公園画像

国の指定史跡。「玉藻」の呼び名は、万葉集で柿本人麻呂が讃岐の国の枕詞に「玉藻よし」と詠んだことに因んで、このあたりの海が「玉藻の浦」と呼ばれていたことによるといわれています。玉藻公園は讃岐国領主である生駒家と高松藩主である松平家の居城だった、高松城跡を整備した公園です。瀬戸内海の海水をお堀に引き込み、日本三大水城として知られる高松城。園内には艮櫓、月見櫓、水手御門、渡櫓などたくさんの国の重要文化財があるほか、名勝にも指定されている披雲閣の庭園があります。春は桜見物、秋には菊花展など四季折々な催しも開催されています。高松港から徒歩で僅か14分。海を眺めた後は日本文化の風景を楽しんでみてはいかがでしょうか。

池田(香川県)周辺の観光スポット
オリーブビーチ
オリーブビーチ画像

池田港から車で10分のところにあるオリーブビーチは、小豆島最大のビーチです。穏やかな瀬戸内海で、家族連れの海水浴からマリンスポーツまで幅広く楽しむことが可能。国道436号線沿いでアクセスがよく、無料駐車場を完備しています。海の家、水洗トイレやシャワー、マリングッズレンタルなど施設も充実していて便利。海の家や売店で軽食も購入できるので、お腹が空いたときにも困りません。若者から家族連れまで人気があって、シーズンには多くの海水浴客で賑わいます。穏やかな海の向こうに「二十四の瞳映画村」がある田ノ浦半島や、美しい景色を望むことができますよ。

誓願寺
誓願寺画像

小豆島にはお遍路巡りが行われる八十八ヶ所の霊場があります。池田港から車で10分の距離にある誓願寺も、そのうちの一つに数えられ、31番目の札所。山門を入ってすぐに大きなソテツの木があることで知られています。このソテツは雌の一株で根元の外周が8m・高さ7.5mの巨木で、樹齢はなんと1000年以上。元禄時代にこの地で廻船業を営んでいた豪商・塩屋金八が長崎方面から持ち帰り、誓願寺に寄進したと伝えられています。国の天然記念物にも指定されており、その雄大で幻想的な姿を一目見ようと多くの方が足を運んでいます。フェリーで小豆島を訪れたら、ぜひ訪れてみてくださいね。