小豆島 土庄港(香川)発 高松港(香川)行きの格安フェリー料金比較・予約

四国フェリーをインターネットで予約するときは、スカイチケットで予約してみてはいかかがですか。飛行機やレンタカーを予約できるスカイチケットなら、別々の交通手段でも同じサイト内で申し込みを済ますことが出来ますよ。小豆島までの移動は土庄港へのフェリーが便利ですが、四国フェリーは同じ香川県の高松港から約1時間で移動が可能。移動時間が短いことに加え、1日に15便もダイヤがあるのが特徴の一つです。早朝から夜遅くまでフェリーが出港しているので、自身の目的やプランに合わせてフェリーを出来るのも嬉しいポイントですね。

小豆島 土庄港(香川)発 高松港(香川)行きのフェリー会社

四国フェリー
四国フェリー画像

四国フェリーは、1956年に高松~宇野間で貨物定期航路として開始されました。1966年には旅行客が利用できるようになり、何度か社名変更したのちに現在の四国フェリー株式会社があります。瀬戸内に点在する島を結ぶ船として、そこに住む人々から観光客まであらゆる人に利用されています。またJR瀬戸大橋線が強風等で運休になった場合、振替輸送にも活用されています。また混雑時期になる瀬戸内国際芸術祭の時期には便数を増やし、より多くのお客様が利用できるよう対応をしています。時間がゆったりと流れるフェリーで瀬戸内の島を巡ってみてはいかがででしょうか。

四国フェリー詳細へ

小豆島 土庄港(香川)発 高松港(香川)行きのフェリー時刻表・ダイヤ

小豆島 土庄港発 高松港着
小豆島 土庄港発 高松港着 所要時間
6:36 7:36 1時間 予約
7:30 8:05 35分 予約
7:35 8:37 1時間 予約
8:35 9:35 1時間 予約
9:10 9:45 35分 予約
9:25 10:25 1時間 予約
10:20 11:25 1時間5分 予約
10:40 11:15 35分 予約
11:20 12:25 1時間5分 予約
12:20 13:25 1時間5分 予約
13:00 13:35 35分 予約
13:53 14:53 1時間 予約
14:20 14:55 35分 予約
14:45 15:50 1時間5分 予約
15:45 16:55 1時間10分 予約
15:50 16:25 35分 予約
16:30 17:35 1時間5分 予約
17:10 17:45 35分 予約
17:30 18:35 1時間5分 予約
18:40 19:45 1時間5分 予約
19:30 20:35 1時間5分 予約
20:10 21:15 1時間5分 予約
高松港発 小豆島 土庄港着
高松港発 小豆島 土庄港着 所要時間
6:25 7:25 1時間 予約
7:20 8:20 1時間 予約
8:02 9:02 1時間 予約
8:20 8:55 35分 予約
9:00 10:00 1時間 予約
9:55 10:55 1時間 予約
10:00 10:35 35分 予約
10:40 11:45 1時間5分 予約
11:20 11:55 35分 予約
11:35 12:42 1時間7分 予約
12:35 13:35 1時間 予約
13:40 14:15 35分 予約
13:40 14:40 1時間 予約
15:10 15:45 35分 予約
15:10 16:15 1時間5分 予約
16:00 17:00 1時間 予約
16:30 17:05 35分 予約
17:20 18:25 1時間5分 予約
17:50 18:25 35分 予約
17:50 18:55 1時間5分 予約
18:45 19:45 1時間 予約
20:20 21:20 1時間 予約

小豆島 土庄港(香川)発 高松港(香川)行きを運航している船舶

しょうどしま丸
しょうどしま丸画像

高松と土庄を結ぶフェリーは1日に15往復しており、3隻の船で運行されています。「しょうどしま丸」以外の船は1000t未満で旅客定員は430名と490名。「しょうどしま丸」は1257tとかなり大きくなっていますが旅客定員は同程度の490名。大きくなった船体を生かして、今までには無かった様々な設備を設けることができています。また船体が大きくなった分さらに揺れにも強くなっており、音も静かになっているので、優雅な船旅を手軽に楽しむには絶好のフェリーだと言えますよ。

しょうどしま丸 詳細ページへ
総トン数 航海速力 全長 旅客定員 車載搭載数
1257トン 13.5ノット 71.9m 490名 59台
オリーブマリン
オリーブマリン画像

高松と土庄を結ぶ高速艇は2隻が配船されており、オリーブマリンは以前から就航する船に比べて旅客定員は96名に減るなど、船体自体が小型化しています。一般的に船は小さくなるほど波の影響を受けやすくなるので、揺れやすく乗り心地が悪化しやすいもの。ところが現在の技術では、船体が小さくなっても乗り心地が悪くなるどころか、相当向上しました。もちろん小型化することで燃費も向上。客船をイメージしたサロン高速艇というキャッチコピー通りの乗り心地を実現しています。

オリーブマリン 詳細ページへ
総トン数 航海速力 全長 旅客定員 車載搭載数
58トン 27ノット 26m 96名 不明

小豆島 土庄港(香川)発 高松港(香川)行きの港とターミナル

小豆島 土庄港(香川)
四国フェリー 土庄ターミナル
四国フェリー 土庄ターミナル画像

豊かな自然が残っている事から名所が多く、観光の目的地として人気を博している小豆島。四国フェリー 土庄ターミナルは、そんな小豆島内にある主要な港の一つです。ターミナルは比較的シンプルな造りとなっていますが、港自体は広く、観光客や地元の利用客を毎日のように送り迎えしています。周辺には土庄港観光センターといった施設やモニュメントなどアートも充実。四国フェリー 土庄ターミナルはただフェリー発着までの時間を過ごすだけでは無く、観光名所にもなり得る場所です。四国フェリー 土庄ターミナルを利用したフェリーでの船旅は、きっと充実したものになるのではないでしょうか。

住所 香川県小豆郡土庄町甲5165-201 土庄港フェリーセンター
電話番号 0879-62-0875
特徴
  • 年中無休
  • 休憩スペース
  • 連絡バス
四国フェリー 土庄ターミナルの詳細ページへ
高松港(香川)
四国フェリー 高松ターミナル
四国フェリー 高松ターミナル画像

四国の玄関口として、古くから本州や小豆島と周辺の島嶼を結ぶ航路が発達していた高松。瀬戸大橋ができるまでは宇野との間に鉄道連絡船も就航していました。四国フェリー 高松ターミナルは岡山県の宇野と、小豆島の土庄行きの航路を運航しており、土庄へは高速船による運航も行っています。岡山方面と四国との移動には、車や鉄道が利用されることが多いですが、フェリーもおすすめですよ。潮風に吹かれながら瀬戸内の島々を眺めたり、名物の讃岐うどんを食べたりするのはいかがでしょうか。また先のドライブに備えて仮眠を取ることできるのもフェリーの良いところ。そんな船旅をサポートするのが、四国フェリー 高松ターミナルです。

住所 香川県高松市サンポート8-22
電話番号 087-822-4383
特徴
  • 年中無休
  • 休憩スペース
  • 連絡バス
四国フェリー 高松ターミナルの詳細ページへ

小豆島 土庄港(香川)発 高松港(香川)行きの観光情報

土庄(香川)周辺の観光スポット
土庄港観光センター
土庄港観光センター画像

土庄港観光センターは、土庄を観光するなら真っ先に立ち寄りたい人気スポットです。フェリー乗り場からは徒歩で約5分とアクセスも良好。土庄定番のお土産であるごま油やオリーブ製品をはじめ、約1,000種類もの商品が並ぶ充実したお土産コーナーは常に盛況です。また、さぬきうどんや手延べそうめんをはじめとした特産品が自慢のお食事処、手荷物預かり所などもあります。充実した設備が整っているので、土庄観光の拠点とするにはぴったりの場所。手始めに観光情報スペースで土庄の魅力をチェックし、レンタサイクルやレンタカーを利用して出かけるのもいいですね。

エンジェルロード
エンジェルロード画像

土庄のエンジェルロードでは、自然が生み出す美しく不思議な光景を見る事ができます。潮の満ち引きによって陸地が現れるトンボロ現象により、1日に2回、干潮時に約500mの細長い道が出現。その光景はフランスの有名な観光地、モンサンミッシェルを彷彿とさせます。エンジェルロードはフェリーからは車で約10分。また周辺にホテルも多いことから、道が現れる時間帯はその美しい光景を一目見ようと大勢の観光客で賑わいます。恋人と手を繋いで渡ると願いが叶えられると言われており、ロマンティックな雰囲気から特にカップルに大人気です。

高松(香川)周辺の観光スポット
栗林公園
栗林公園画像

文化財公園として国内最大の広さを誇る栗林公園は、日本の素晴らしさを凝縮したような光景から日本三名園にも劣らない魅力を秘めています。当初は日本式の大名庭園として造られましたが、大正時代に造園家である市川之雄が洋式庭園として再設計した事で現在の姿となりました。春には華やかな桜、秋にはライトアップされた紅葉など日本の四季折々の風情を和船に乗りながら楽しむことができます。またお食事処は2009年度のミシュランガイドにも掲載された人気スポットです。フェリーで高松を訪れた際には足を運んでみてはいかがでしょうか。

鬼ヶ島おにの館
鬼ヶ島おにの館画像

高松港からはフェリーで約20分。桃太郎伝説で有名な鬼ヶ島の姿が見えてきます。瀬戸内海に浮かぶこの鬼ヶ島は正式名称を女木島と言い、人口170人ほどの小さな島です。フェリー乗り場のすぐ近くにある鬼ヶ島おにの館では、鬼に関する資料を展示した鬼の間や鬼の博物館など鬼ヶ島ならではの展示物を見る事ができますよ。食堂もあるのでゆっくり休憩することもできますね。また高松市の郷土史家である橋本仙太郎が発見した全長約400mの鬼ヶ島大洞窟、港に設置された約2mあるおにの灯台など鬼に関するスポットの他、展望台や岬から望む美しい景色もおすすめ。日帰りでも充分に楽しめる観光地になっています。