阪九フェリーの航路と最安値

阪九フェリーとは(会社・フェリーの特徴)

  1. 日本初の長距離フェリー
    日本のフェリー産業の発展に貢献し、長距離フェリーの道を切り開いたと言える阪九フェリー。1966年に関光汽船によって設立され、1968年に神戸-北九州間の航路を就航。日本で初めてとなる長距離カーフェリーを運航させました。また、新造船の「いずみ」と「ひびき」は、船体の全幅約30mに及ぶ、瀬戸内海航路で最大級の大型フェリー。最新の技術と現代のニーズを新造船に取り入れ、関西と九州を結ぶ快適な船旅を実現しています。
  2. 阪神地区と北九州を結ぶ航路
    阪九フェリーは、阪神エリアと北九州を結ぶ航路で一日2便運航しています。「いずみ」と「ひびき」は新門司-泉大津間を、「やまと」と「つくし」は新門司-神戸間を、乗船時間約12時間半で運航。夕方から乗船して翌日の朝に着くので、現地での時間を有効的に使えますね。瀬戸内海を航行中は、明石海峡大橋や瀬戸大橋、瀬戸内しまなみ海道の下を通過します。時間帯によっては橋がライトアップされてとても綺麗ですよ。デッキに出て「くぐり抜け」を体験してみてはいかがでしょうか。
  3. 個室が充実した客室
    スイートルームやロイヤルルームなどの豪華な客室から、カジュアルな洋室二段ベッドの客室まで、幅広いラインナップの個室。ロイヤルルームは窓付きの浴室やプライベートデッキ、寝室が備え付けられ、他とはひと味違う特別な仕様。まさに海上のホテルといった趣です。スタンダードや2等室も清潔で機能性が高く、家族や友人グループでのカジュアルな船旅におすすめですよ。様々なタイプの客室から、予算や人数に合った部屋をお選び下さい。
  4. 船から眺める瀬戸内の絶景
    瀬戸内海に浮かぶ美しい島々など、船からの眺めは絶景。明石海峡大橋などの通過時にデッキに出て「くぐり抜け」の写真撮影はいかがでしょうか。船内にある露天風呂や大浴場、展望ルームも絶好の展望スポット。露天風呂や展望浴場からは、入浴しながら美しい海を望むことが出来ます。また、船首部分に設けられた展望ルームからのパノラマビューも必見。椅子やソファも用意されているので、ゆっくりと海を眺望しながら船旅を楽しめますね。
  5. 豊富なメニューが楽しめるカフェテリア方式のレストラン
    長い船旅に美味しい食事は、欠かせない楽しみの一つですよね。阪九フェリーにはメインロビーに隣接して、カフェテリア方式のレストランがあります。夕食メニューはお酒のおつまみにぴったりの一品料理から、カレーライスや鉄板焼といったボリューム満点のものまで多彩。季節の食材を取りいれたメニューも用意されています。また、朝食には焼きたてパンの予約販売が大人気。ご希望の方は乗船後に、好きなパンを選んで予約しておきましょう。朝の海景を眺めながら頬張る焼きたてパンは格別ですよ。

阪九フェリーの料金・割引・キャンセル

通常運賃
片道運賃
・片道運賃は全ての期間、全ての便に適用しています。
・料金体系は、通常期間運賃と特別期間運賃が設定されていて、お盆前後と年末年始が特別期間にあたります(詳細日程は事前にご確認ください)
・事前予約受付開始は2ヶ月前です。乗船日当日も、空席があれば乗船可能です。
・予約の変更は1回まで無料です。2回目以降は一度予約を取消後、再予約になり、取消手数料がかかりますのでご注意ください。

※スカイチケットフェリーでは、フェリー会社で企画された割引の適用は行っておりませんので、ご注意下さい。
割引運賃
阪九フェリー販売開始記念キャンペーン割引
今、スカイチケットフェリーでは、阪九フェリー販売開始記念キャンペーンを実施中!
通常価格より2割引きの料金でご予約頂けます。
是非ともこの機会にご利用下さいませ。

・通常期間のみの適用となります。
・他の割引を併用することはできせんのでご注意ください。

※スカイチケットフェリーでは、フェリー会社で企画された割引の適用は行っておりませんので、ご注意下さい。
お子様の運賃
・12才以上は大人運賃が適用されます。
・小学校に就学している小児は小人運賃です。
・1才以上、小学校未就学の幼児は、大人1名につき1名が無料。ただし2等船室並びにスタンダード和室(2等)以外の船・室で船席を利用する場合、小人運賃が必要です。
キャンセル料金
・スカイチケットフェリー マイページよりキャンセルをお願い致します。
・払い戻しは可能ですが、手数料が発生します。
・出港後は無効となりますので、ご注意下さい。
・2等船室とスタンダード和室は、七日前まで・二日前まで・出航前までは200円の手数料がかかります。
・車両と、2等船室とスタンダード和室を除いた船室は、七日前までは200円、二日前までは1割、出航前までは3割の手数料。
・欠航の場合はキャンセルとなります。乗船券を購入された方は、手数料無しで全額を払い戻し致します。

スカイチケットでのご予約時にはプランによってキャンセル料が異なります。詳しくはご希望のプランページ下部をご確認ください。

阪九フェリーの乗船までの流れについて

必要な物の準備 必要な物の準備画像
港へ向かう 港へ向かう画像

乗船に必要なもの

〈当日必要な持ち物〉
・乗船券引換証を印刷したもの
・車検証(車両乗船の方のみ)
・各種割引をご利用の際は証明書

■新門司のりばへのアクセス
・九州自動車 上り線新門司ICより県道71号線で約3km、下り線門司ICより県道25号線で約5km。北九州都市高速道路大里ICより県道71号線で約6km。
・電車利用ならJR門司駅またはJR門司港駅からタクシー約15~20分。無料連絡バスはJR小倉駅 新幹線口(北口)からJR門司駅経由で運航しています。
■泉大津のりばへのアクセス
・名神高速道、近畿自動車道、西名阪自動車道、阪和自動車道いずれも利用可能。堺泉北有料道路を経由し阪神高速湾岸線(上り下り共通)泉大津出口からすぐ。
・電車利用なら泉大津駅西口から連絡バスで約10分。JR和泉府中駅から泉大津駅西口を経由しフェリー乗り場に向かいます。又、難波OCATよりフェリー乗り場直行の送迎バスもございます。
■神戸のりばへのアクセス
・姫路方面から阪神高速3号神戸線摩耶I.C.を降り約20分。大阪方面から魚崎I.C.を出て約15分 。阪神高速5号湾岸線大阪方面からは六甲アイランド北口I.C.すぐ。
・電車の場合は各駅からタクシーで、御影駅(阪神電車)より約10分、JR住吉駅JRより約15分、御影駅(阪急電車)より約25分。阪神御影駅・阪急御影駅・JR住吉駅・六甲ライナーのアイランド北口駅を経由してフェリー乗り場へ向かう連絡バスもあります。

上記が必要になります。当日忘れずにご持参ください。

カウンター受付 カウンター受付画像
乗船 乗船画像
乗船手続きは午前9時から開始。乗船開始時刻は通常、旅客が出航時刻の1時間前から。車で乗船の方は出航時刻の30分前からの予定です。

車両がある場合は窓口にて車検証を提示し受付して簡単な手続きを行います。その後スタッフの指示に従い、ターミナル乗船レーンへ車両を進めます。車で乗船できるのはドライバーのみなので、同乗者はターミナルから乗船してください。

徒歩で乗船の方は、乗船口でスタッフに乗船券引換証を印刷したものを提示します。


注意事項
・新門司フェリーのりばには駐車スペースが若干あり。神戸・泉大津には無いのでご注意ください。
・乗船券引換証の印刷の他、車両乗船の際は車検証の提示が必要なのでお忘れなく。
・各種割引をご利用の際は割引証明書もご用意ください。

阪九フェリーの受託手荷物・船内持込みについて

手荷物・小荷物運賃

手荷物は三辺の長さの和が2m以下でかつ30kg以下の場合は、無償で持ち込めます。それ以上の手荷物は、旅客運賃料金、小荷物料金(10kg以下料金、10kg以上20kg以下料金、20kg以上30kg以下料金によって料金変動)が掛かります。折りたたみ式自転車は、畳んだ状態で三辺の長さの和が2mを超えるものは特殊手荷物運賃の自転車になりますので、ご注意下さい。小児用や患者用の軽車両やベビーカーは無料となります。

手荷物・小荷物運賃画像
大きさ 三辺の長さの和が2m以下
重さ 30kg以下
個数 輸送能力の許す範囲
特殊手荷物運賃

特殊手荷物の対象は、自転車や原動機付自転車、自動二輪など。旅客運賃とは別途料金が必要になります。通常期間の自転車、原動機付自転車、自動二輪は125cc未満、750cc未満、750cc以上で料金が分けられています。特別期間の場合は通常期間とは料金設定が違いますので、ご注意下さい。サイドカー付き自動二輪、バイクトレーラーと三輪(トライクなど)は乗用車航送運賃の適用となります。

特殊手荷物運賃画像
大きさ 125cc未満、750cc以上
重さ 制限なし
個数 その日の車両台数によって上限あり
ペットルーム利用料

ペットは船室内(客室)には持ち込めませんので「いずみ」「ひびき」「やまと」「つくし」の船内にあるペットルームをご利用下さい。ペットルームには、小型・中型・大型のケージがあります。小型・中型ケージの利用料、又は大型ケージの利用料が別途必要となります。消灯時間まではお世話をすることができます。小鳥やハムスターなどの場合はご自身が用意した籠に入れて、籠ごと船内備え付けのゲージに入れて頂きます。一籠あたりの料金適用(ご利用になる籠のサイズは各ケージのサイズ以下となります)。スカンクや爬虫類などの特殊なペットはお預かりできません。

ペットルーム利用料画像
大きさ 各種ゲージに収まる範囲
重さ ゲージに収められる範囲
個数 ゲージの個数に限りあり

阪九フェリーの船舶について

いずみ
いずみ画像

いずみ(2015年就航)は「フェリーせっつ」と「フェリーすおう」の代替船として新造されました。船内は以前と比べて振動やエンジン音を軽減し、静かで快適な船旅を実現。CO2の排出量を削減し、環境にも配慮しています。客室は2等座敷を減らし、大幅に個室を増やしました。船内の露天風呂や展望ルーム、開放感のある展望デッキが魅力的です。海上ホテルのような豪華な船で快適な船旅はいかがでしょうか。

いずみ 詳細ページへ
総トン数 航海速力 全長 旅客定員 車載搭載数
15897トン 23.5ノット 195m 643名 トラック191台・乗用車184台
ひびき
ひびき画像

ひびきは(2015年就航)は、「いずみ」と同様の船体で「やまと」以来12年振りとなる新造船。北九州-神戸間を就航しています。コンセプトは「わのおもてなし」。船内は個室の客室が充実しており、2等客室(座敷)は比較的少ない造りになっています。展望浴室や展望ルームなど充実した施設も魅力のひとつ。瀬戸内海の美しい景色を見ながら船旅をお楽しみ下さい。

ひびき 詳細ページへ
総トン数 航海速力 全長 旅客定員 車載搭載数
15897トン 23.5ノット 195m 643名 トラック191台・乗用車184台
やまと
やまと画像

やまとは「ニューはりま」と「ニューせと」の代替船として2003年に就航しました。新門司-神戸間を運航しています。船内の充実した施設が自慢で、展望浴室からは美しい景色を見ることができます。また、様々なメニューを取り揃えたレストランも完備。開放感あるデッキからは瀬戸内海を一望できておすすめです。バリアフリー対応なので、身体が不自由な方も安心してご利用できます。

やまと 詳細ページへ
総トン数 航海速力 全長 旅客定員 車載搭載数
13353トン 23.5ノット 195m 667名 トラック229台・乗用車138台
つくし
つくし画像

やまとの姉妹船であるつくしは、同じく2003年に就航したフェリーです。船内は瀬戸内海の爽やかな風をイメージされて整えられ、まるで海沿いのリゾート地にあるホテルのような安らぎの空間が広がります。姉妹船やまとと同じくバリアフリーに対応。レストランや屋外デッキの他、入浴設備にカラオケルームなどの娯楽設備も用意されているので、退屈しがちな船旅を飽きさせないようにしてあります。

つくし 詳細ページへ
総トン数 航海速力 全長 旅客定員 車載搭載数
13353トン 23.5ノット 195m 667名 トラック229台・乗用車138台
阪九フェリーの船内客室について
ロイヤル

ロイヤルは船内で一番豪華な客室です。2名向けの洋室で広々とした寝室もあり、まさにホテルのような雰囲気。室内にはテレビや冷蔵庫、リラックスウェアにアメニティなども充実しているので、快適に過ごすことができますよ。窓付きの浴室やプライベートデッキもあるので、特別なひと時を堪能できそう。いつもとひと味違った豪華な船旅はいかがでしょうか。

この部屋がある船:
ロイヤル画像
スイート

スイートは洋室2名の客室です。家具が備え付けられていて、室内は明るく開放感のある造り。テレビや冷蔵庫、バス・トイレ付きでプライベートな空間を確保できます。アメニティや浴衣なども用意されているので、ホテル滞在のような快適な時間を過ごすことができますよ。充実した部屋で家族や友人と、ワンランク上の船旅はいかがでしょうか。

この部屋がある船:
スイート画像
デラックス(和室、和洋室)

デラックスルームには和室と和洋室のタイプが用意されています。和室は畳仕様の部屋なので、足をのばして寛げるのが嬉しいところ。室内も広いので、小さなお子様連れやグループでご利用におすすめですよ。和洋室はベッドタイプの部屋です。ソファー型マットも用意されていて、ゆったりした船旅を楽しむことができそう。どちらの部屋にも机とテレビが完備されていて、団らんできる空間となっています。

この部屋がある船:
デラックス(和室、和洋室)画像
デラックス(洋室)

デラックスの洋室は1名から4名までの方がご利用ができる部屋。シングルの客室は最上階に配置されているので、閑静なプライベート空間を確保できます。2名向けの部屋にはソファもあり、ゆっくりとくつろくことができそう。4名向けの部屋は2段ベッド付きの客室ですが、上段のベッドへは梯子ではなく階段式で上がれるので安全です。窓からのオーシャンビューも素晴らしいですよ。

この部屋がある船:
デラックス(洋室)画像
スタンダード

スタンダードには和室と洋室があります。和室は8名から14名向けの部屋です。敷きパッドや掛ふとん、枕も用意されていて非常に快適。各箇所にコンセントも設置されているのが便利ですね。洋室は16名用の階段式2段ベッドの部屋です。洋室にはレディースルームもあるので、女性の方も安心してご利用になれますね。100円のリターン式のコインロッカーがあるので、荷物の管理などセキュリティ面も安心。

この部屋がある船:
スタンダード画像
特等室

特等室は洋室2名向けの客室。船に4部屋用意されています。ベッドの他、バス・トイレ付きなのでプライベートな空間で過ごす事ができます。テレビや冷蔵庫も完備され、リラックスウェアやアメニティもあり。充実した環境で船旅を満喫できそうですね。室内にある椅子とテーブルでお茶を飲みながら、船上タイムをゆったり楽しんではいかがでしょうか。

この部屋がある船:
特等室画像
1等室

1等室は洋室と和室を用意した客室です。2名向けの洋室はツインのベッドとソファを完備した部屋。家族や友人との気軽なご旅行にいかがでしょうか。3名向けの和室はカーペットの座敷なので、小さなお子様連れの方にオススメ。足を伸ばしてゆっくり寛ぎながら船旅を楽しんでくださいね。両室ともに浴衣やアメニティも充実しているので、快適なひとときを過ごす事ができそうです。

この部屋がある船:
1等室画像
2等指定洋室

2等指定洋室は3タイプの客室を用意。それぞれの部屋専用のバス・トイレはありませんのでご注意下さい。指定Aの洋室はシングルの部屋で、テレビ付きでビジネスホテルのような客室。4名向けの指定B室は二段ベッドの客室になっています。レディースルームもありますが、当日の乗船人数によっては部屋数を変更することもあるので注意が必要。シングルの指定B室はベッドタイプ。テレビはありませんが、静かな船旅を満喫するには良い環境です。

この部屋がある船:
2等指定洋室画像
2等室

2等室は座敷タイプのドミトリールームです。各箇所に敷きパッド、掛け布団、枕の用意があります。グループや家族で気軽な旅行をする方にぴったり。賑やかなドミトリールームも、船旅の楽しみ方の一つではないでしょうか。またレディースルームもありますので、女性の方だけの船旅も安心。更衣室の利用も可能です。開放感ある部屋で足を伸ばして、カジュアルなフェリー旅行をお楽しみ下さい。

この部屋がある船:
2等室画像
阪九フェリーの船内パブリックスペースについて
シャワールーム
シャワールーム画像

「いずみ」「ひびき」「やまと」「つくし」には、大浴場とは別にシャワールームがあります。さっぱり汗を流したいけど、湯船につかってのんびりするほどでもない時や、大浴場の利用時間を過ぎてしまった時などにとても便利。個室仕様になっているので安心して利用できます。

カラオケルーム
カラオケルーム画像

阪九フェリーの「いずみ」「ひびき」「やまと」「つくし」には、カラオケルームがあります。10名ほどはゆったり座れる広さのお部屋で、利用料は1室3,000円。グループでのご旅行などにみんなで盛り上がるのも楽しそうです。

売店
売店画像

広々とした売店には、ソフトドリンクやアルコール類、お菓子やおつまみなどがそろっています。アメニティグッズや入浴用のタオルなどもありますので、忘れてしまった場合はこちらへ。また、阪九フェリーのオリジナルグッズコーナー、美味しい挽きたてコーヒー、名物スイーツなども人気がありますよ。

阪九フェリーの船内サービスについて

レストラン

瀬戸内海の美しい眺めを堪能しながら豊富なメニューを楽しめるレストラン。各船ともにカフェテリア方式で、明るく広々とした空間でゆったりと食事が出来ます。値段もリーズナブルで、朝食は和食から洋食まで取り揃え、夕食もカレーなどのお子様に人気のメニューから、煮物や焼き魚など年配の方にも喜ばれるメニューを用意。船内のスタッフが調理した、焼きたてのパンも予約購入できます。

浴場

「いずみ」と「ひびき」には、露天風呂と大浴場があります。開放感のある露天風呂からの眺めは絶景で、天気が良ければ夜には満天の星空を眺める事ができますよ。広い浴場でゆっくりとお湯に浸かりながら過ごす船旅もいいですね。「やまと」と「つくし」にある展望浴室も、明るい日射しが差し込んで窓から海を眺めることが出来ます。

ペットルーム

ペットルームは全船に備えられています。小型、中型、大型までのゲージを用意。消灯時間までペットのお世話ができます。インターネットや電話で予約が可能で、当日は窓口で「利用申告書」の注意事項に承諾の上、サインが必要となります。爬虫類などの特殊なペットの預かりは出来ませんのでご注意下さい。

レディースルーム

各船にレディースルームが完備されています。女性とその同伴の幼児(1歳以上の未就学児)専用の客室です。利用の際には乗船時前日までに予約が必要で、予約がない場合は利用ができませんので注意が必要。その他パウダールームやシャワールーム、授乳室などの女性専用設備も充実しているのが嬉しいですね。

阪九フェリーのターミナル

阪九フェリー 泉大津ターミナル
阪九フェリー 泉大津ターミナル

阪九フェリー 泉大津ターミナルはシンプルな外観ですが、館内は体の不自由な方にも旅を楽しんでもらえる工夫がされています。例えば、施設案内看板や内外の階段の手すり、エレベーターの出入り口には点字が施されています。また車椅子を利用する方向けには、88センチ幅のエレベーターや1階と2階に1か所ずつの多目的トイレを完備。さらに車椅子専用駐車場スペースもあります。小さなお子さんとお母さんのための授乳室や、中型大型のコインロッカーなども供えられています。

住所 大阪府泉大津市小津島町1-3
電話番号 0725-22-7171
特徴
  • 年中無休
  • 休憩スペース
  • お土産
  • 連絡バス
阪九フェリー 泉大津ターミナルの詳細ページへ
阪九フェリー 神戸ターミナル
阪九フェリー 神戸ターミナル

阪九フェリー 神戸ターミナルは、小規模ながら体の不自由な方も旅を楽しめるように配慮された施設です。多目的トイレや90センチ幅のエレベーター、車椅子専用駐車場を完備。また小さいお子様とお母様のための授乳室や大型中型のロッカーなども設置されています。1階には午後から夕方にかけて営業している売店もあり、関西や九州地方のお土産を購入可能。1階で乗船手続きを済ませた後は、車の方は車内で待機します。それ以外の方は2階の待合室で待機して、3階から乗船します。

住所 兵庫県神戸市東灘区向洋町東3丁目2-1
電話番号 078-857-1211
特徴
  • 年中無休
  • 休憩スペース
  • お土産
  • 連絡バス
阪九フェリー 神戸ターミナルの詳細ページへ
阪九フェリー 新門司ターミナル
阪九フェリー 新門司ターミナル

飛行機を使った旅もいいですが、ゆったりとした優雅な旅行を楽しみたい時はフェリーがおすすめです。そこで利用したいのが、九州と関西を結ぶ40年以上の歴史をもつ阪九フェリー。 阪九フェリー 新門司ターミナルから、神戸や大阪までのクルーズを存分にお楽しみいただけます。奈良時代の平城京の大極殿をモチーフに、1991年に建設された第一ターミナル。その独特なフォルムと存在感が、古代の大航海時代を彷彿とさせます。多目的トイレやエレベーター、身障者用駐車場などが完備され、体の不自由な方にも旅行を楽しんでいただけるように配慮されていますよ。

住所 福岡県北九州市門司区新門司北1-1
電話番号 093-481-6581
特徴
  • 年中無休
  • お土産
  • 連絡バス
阪九フェリー 新門司ターミナルの詳細ページへ

阪九フェリー 利用者の口コミ・評判

アイコン画像 20代前半 女性 新門司港神戸港 やまと

手続きをして鍵を受け取り、「やまと」に乗船。2等指定Bシングルの個室は、ベッドとテーブルを配置しています。浴衣やスリッパも用意されていました。寝台ベッドの運賃で、一人用個室が利用できるのはお得だと思いました。部屋に荷物を置いて、早速展望浴場へ。脱衣所には100円の返却式ロッカーとヘアドライヤーがありました。浴室にはシャンプーやボディーソープなども備え付けられていて、タオル一枚で入れます。浴場でスッキリしたらお土産を購入しに売店へ。売店ではマリンメイトクラブのポイントが付きました。夕飯は楽しみにしていたレストランへ。カフェテリア方式のレストランです。私は牛すじ煮込みや野菜炒めなど注文しましたが、ビールなどのアルコールやおつまみになるおでんなどもあるみたいですよ。メニューは全て船内で手作りで作っているとのことで美味しかったです。翌朝早起きをして、デッキから明石大橋の通過を眺望。朝食もリーズナブルな価格で堪能できました。


アイコン画像 20代後半 男性 新門司港泉大津港 いずみ

阪九フェリーの新造船「いずみ」に乗船しました。新門司から泉大津まで夕方の便に乗り込みました。新門司のターミナルはWiFiを設置していて、設備が充実していました。窓口でチケットと客室のカードキーをもらい、いざ船内へ。乗船してまずびっくりしたのは、吹き抜けのある広々としたエントランス。受付で案内された一人用の個室部屋へ行くと、従来船と同等の個室よりさらに広くなっていました。個別の洗面台もあり、空調の調整も可能。完備されたテレビは、地デジやCS、BSも見ることもできます。その後、船内を散策していると。LED照明の演出が綺麗なデッキを発見。エレベーターもあり船内のデザインも良かったです。船首部分には展望ラウンジがあって、座席がすべて埋まるほど人気でした。そして夕食の時間になり、いよいよ楽しみにしていたレストランへ。豊富なメニューに何を食べようか迷いました。カフェテリア方式の一方通行なので逆戻りはしにくいです。あらがじめメニューをゆっくりと見ておくのがおすすめですよ。


アイコン画像 30代後半 男性 泉大津港新門司港 いずみ

就航したばかりの「いずみ」に乗船しました。泉大津から団体での旅行です。出航と同時にレストランで夕飯。6階のレストランは広くゆったりとして食事するテーブルも充実しています。刺し身や魚の煮つけ、ハンバーグなどメニューが豊富。デッキに出ると外は真っ暗で、明石海峡大橋がライトアップしていて綺麗です。船内に戻り散策しました。豪華なエントランスは三層吹き抜けで、中央にはエレベータも完備。エントランスではミニライブも開催していました。各階の通路にはソファやテーブルが配置されています。船内で販売されている焼きたてのパンやお弁当などを食べている乗客もいましたね。7階には露天風呂付きの大浴場があります。シャワーは24時間利用可。船内のトイレは全て温水便座で快適です。


アイコン画像 50代後半 女性 泉大津港新門司港 いずみ

阪九フェリーに乗って家族で九州旅行に行きました。泉大津からマイカーとともに乗船。新造船の「いずみ」に乗るのを皆楽しみにしていました。まず個室の鍵がカードキーあることに驚きました。乗船受付の際に乗船券とともにカードキーが渡されます。カードキーは持ち帰ることができるので、旅の思い出に良いですね。今回はスイートルームの客室を利用しました。大型テレビも設置されていて、快適な環境に家族は大喜び。個室内は全て禁煙とのことでした。客室で休憩した後、船内を探検。展望ルームへ行くと人で賑わっていましたが、夜間航行中は使えないそうなので残念です。露天風呂にも行きました。外の風が予想以上に強く肌寒いです。個室にはトイレがあるので利用しませんでしたが、船内のトイレも見るととても清潔なようです。カフェテリア方式のレストランは利用者で渋滞していました。味は美味しいですよ。船内だけでもいろいろと楽しめてあっという間にひと晩を過ごし到着しました。


阪九フェリーのよくある質問について

何分前から乗船できますか?

乗船手続きは午前9時開始です。乗船開始は出航時刻の1時間前、車両の乗船は出航時刻の30分前を予定しています。繁閑や、天候などにより多少前後することもあります。

船酔いが心配ですが大丈夫でしょうか?

穏やかな瀬戸内海を運航していますので、ほとんど揺れは感じません。船内に酔い止めの薬をストックしてはいないので、心配な方は事前に酔い止めを服用することもご検討ください。

船内で食事はとれますか?

船内にはカフェテリア形式のレストランがあります。豊富な定番メニューから、季節限定のおすすめメニューまでそろっていて、目移りして選ぶのに苦労しそうです。乗船後に予約して、朝受取れる焼き立てパンも大人気。売店にはお菓子やおつまみがそろっていますよ。船内ではクレジットカードや電子マネーは使えませんのでご注意ください。

レディースルームはどんなお部屋ですか?

女性のお客様専用のお部屋を設定しています。船内にはパウダールーム(いずみ・ひびきのみ)、シャワールーム、授乳室などの設備も充実しています。レディースルームを利用希望の場合は、乗船日前日までに予約をしてください。また、小学生以上の男子は入室できませんのでご注意ください。

欠航の場合はどうなりますか?

運航状況は随時阪九フェリーのウェブサイトで確認できますが、最新の状況は乗船予定の港にお問い合わせください。欠航が決定した場合、予約のみの場合はキャンセル扱いになります。乗船券を購入済みの場合は手数料なしで全額返金になります。

ペットも同伴できますか?

「いずみ」「ひびき」「やまと」「つくし」では、ペットルームに乗船できます。最大のケージサイズ64×80×100(単位㎝)に収まらないペット、またペットの種類によっては乗船できない場合がございますので事前に確認してください。また、利用の際は事前予約が必要です。