沖永良部島 和泊港(鹿児島)発 奄美大島 名瀬港(鹿児島)行きの格安フェリー料金比較・予約

名瀬港と和泊港間はマルエーフェリーとマリックスラインの「フェリーあまみ」と「フェリーきかい」「クイーンコーラル8」「クイーンコーラルプラス」が毎日交互に運行しています。名瀬港を5時50分に出発し11時30分にに和泊港に到着、復路は和泊港を14時40分に出発し20時30分に名瀬港に到着します。所要時間は約6時間。運賃は客室や時期により金額が異なります。予約は乗船予定日の1ヶ月前から電話で行われています。早朝に出発し昼前に到着もしくは夕方出発し夜到着のダイヤのため、日程によりますが飛行機よりも低価格で日帰り旅での利用が可能な航路です。

沖永良部島 和泊港(鹿児島)発 奄美大島 名瀬港(鹿児島)行きのフェリー時刻表・ダイヤ

熊本 三角港発 熊本 三角港着
熊本 三角港発 熊本 三角港着 所要時間
14:40 20:30 5時間50分 予約

上り便

熊本 三角港発 熊本 三角港着
熊本 三角港発 熊本 三角港着 所要時間
05:50 11:30 5時間40分 予約

下り便

沖永良部島 和泊港(鹿児島)発 奄美大島 名瀬港(鹿児島)行きを運航している船舶

沖永良部島 和泊港(鹿児島)発 奄美大島 名瀬港(鹿児島)行きの観光情報

和泊港周辺周辺の観光スポット
西郷南洲記念館
西郷南洲記念館画像

鹿児島といえば西郷隆盛。西郷隆盛は島津久光公の怒りにふれ、薩摩藩の重罪人として沖永良部島に流刑となり、1862年~1864年の1年7ヶ月の間牢居されました。1年6ヵ月あまりを過ごしたこの地での過酷な牢生活を送っていましたが、島の人々に支えられて行きていく中で語ったのが「敬天愛人」の思想。その思想のもと村の教育に尽力し多くの優れた人材を輩出しました。この西郷南洲記念館には西郷が過ごした格子牢が当時の場所に再現されています。牢獄の中には西郷隆盛の像がおいてあり、痩せこけてはいるが凛とたたずむ姿を見ることができます。フェリーで訪ねた際は是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ソテツジャングル
ソテツジャングル画像

九州南部以南でしか見ることのできないソテツ。海岸近くの岩場に生息することが多いこのソテツですが、沖永良部島でも見ることができます。フェリー乗り場のある和泊からから車で約10分いくと自生ソテツ群生地の遊歩道「ソテツジャングル」が約600m。中間地点まで進むと、東シナ海を一望できます。ソテツはほとんどが自生ですが、中には数百年前に食糧飢餓で苦しんだ人々が植えたものも。奄美や沖縄地方では土砂崩れ防止や防風林、食用として利用されていました。駐車場はなく出口と入口が別々の場所にあるので要注意。出口は真っ白い砂浜のワンジョビーチに繋がっています。

名瀬港周辺周辺の観光スポット
ハートロック
ハートロック画像

フェリーの離発着する名瀬港から車で約25分の場所にあるのがハートロック。干潮時にのみ現れる隠れたパワースポットです。沖縄にもハートロックがありますがこちらは海にある岩が重なってハートに見えるというもの。しかし奄美大島の場合は海水が潮だまりに溜まりそれがハートの形に見える自然現象。この場所ではハート型だけでなく他にも数多くの不思議な形をした潮だまりを見ることができます。しかし、いつでも見ることができるわけではなく、干潮時のみしか見ることができないので事前に満干潮時刻を調べて から訪れてみてください。

奄美海洋展示館
奄美海洋展示館画像

フェリーで名瀬を訪れたら是非寄りたいのが奄美海洋展示館。館内はサンゴ礁の大水槽がある奄美エコラマ「美しい奄美の海」エリア、サンゴ礁に生息する生物の展示がしてある「海の中の生き物」エリア。そして海辺の植物の展示がある「海辺の自然」エリアと、奄美の海を体験できる3つのエリアに分かれていて、生息する魚やウミガメなどの泳ぐ姿をみることができます。またウミガメへの餌やり体験やナマコに触れあい体験、クジラの骨の展示との触れ合い体験などができます。雨天の場合で工作コーナーや、映像観賞コーナーがあるので、しっかり楽しめる観光施設と言えるでしょう。