徳之島 亀徳港(鹿児島)発 那覇港(沖縄)行きの格安フェリー料金比較・予約

亀徳港と那覇港を結ぶフェリーで、南国の島々を旅してみませんか。亀徳港は、奄美諸島で大島本島に次ぐ大きさを有する徳之島の玄関口です。エメラルドグリーンの海でのダイビングやフィッシングが楽しめます。闘牛を見学できるイベントもあり、他では体験できない旅ができる島と言えるでしょう。那覇港は国際通りまで歩いて30分ほど。国際通りには沖縄らしい建物が数多くありますので、のんびり見て回ることをおすすめします。琉球王国の歴史を今に伝える、沖縄のシンボル・首里城にも車で約20分。朱色の美しい城を見ながら、遥か昔の沖縄に思いを馳せるのもおすすめです。

徳之島 亀徳港(鹿児島)発 那覇港(沖縄)行きのフェリー時刻表・ダイヤ

熊本 三角港発 熊本 三角港着
熊本 三角港発 熊本 三角港着 所要時間
09:40 19:00 9時間20分 予約

下り便

熊本 三角港発 熊本 三角港着
熊本 三角港発 熊本 三角港着 所要時間
07:00 16:30 9時間30分 予約

上り便

徳之島 亀徳港(鹿児島)発 那覇港(沖縄)行きを運航している船舶

徳之島 亀徳港(鹿児島)発 那覇港(沖縄)行きの観光情報

亀徳周辺周辺の観光スポット
畦プリンスビーチ海浜公園
畦プリンスビーチ海浜公園画像

フェリーから徳之島の美しい海を楽しんだ後は、ビーチに行って海を満喫してはいかがでしょうか。おすすめは畦プリンスビーチ海浜公園。プリンスビーチの名は、昭和47年に平成天皇が皇太子時代に、美智子妃殿下と一緒に散策されたことに由来。サンゴ礁に囲まれた砂浜が1.5km続き、真っ白でサラサラな砂と澄んだ海が魅力。砂浜を歩くと、シャリシャリと心地良い音がします。シャワーなどの設備も充実しており、海水浴やシュノーケリング、釣りのスポットとして人気。事前予約が必要ですがバーベキュー場も完備。南国の海を眺めながら食べるバーベキューは、旅の良い思い出となるでしょう。徳之島の海を心ゆくまで満喫できるビーチです。

なごみの岬公園
なごみの岬公園画像

フェリーで徳之島を訪れたらぜひ立ち寄りたいのが、なごみの岬公園。岬から徳之島の美しい海をみることができます。180度見渡せるオーシャンビューは、まさに絶景。食べ物や飲み物を買って、のんびりと景色を眺めるのがおすすめです。青い空の下、心ゆくまでリラックスしましょう。海におりて磯遊びすることも可能。公園内には、戦時中の悲劇を今に伝える輸送船富山丸の慰霊塔があります。太平洋戦争中に徳之島沖合で、アメリカ戦艦の魚雷の直撃を受けて沈没した富山丸の犠牲者を弔う慰霊碑です。犠牲者約3700名。美しい島での悲しい歴史に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

那覇周辺周辺の観光スポット
首里城
首里城画像

フェリーで那覇に訪れたなら、ぜひ立ち寄りたいのが首里城。沖縄のシンボルであり、世界遺産として登録。かつて栄華を誇った琉球王国の歴史を感じさせる、貴重な建物です。鮮やかな朱色が印象的な首里城ですが、正殿や南殿をはじめ随所に中国や日本の建築文化の影響がみられるとのこと。中国や日本と深い関わりを持ち続けてきた琉球王国の歴史を思い起こさせます。坂や階段が多いので、スニーカーなど歩きやすい靴で行くことをおすすめします。歩き疲れたら立ち寄りたいのが鎖之間。かつて王子様がお客様をおもてなししていた施設です。美しい琉球庭園の眺めを楽しみながら、沖縄菓子とさんぴん茶を味わってはいかがでしょうか。

旧海軍司令部壕
旧海軍司令部壕画像

沖縄といえば青く澄んだ海と抜けるような空のイメージが強いですが、一方で戦時中の悲しい歴史を持つ場所でもあります。戦時中の事実を伝える貴重な場所が旧海軍司令部壕。昭和19年に米軍の艦砲射撃に耐えるため海軍設営隊によって掘られた司令壕で、約4000人の兵を収容。壕内は迷路のように通路がはりめぐらされ、戦時中の様子を思わせる場所が多数あります。なかでも印象的なのが、幕僚室。この部屋には幕僚が自決した時の手りゅう弾の破片の跡が、当時のまま残されています。毎週金曜日には無料の平和ガイドを実施。戦時中の出来事をより深く理解できるでしょう。フェリーで那覇に来た際は、ぜひ立ち寄りたいスポットです。