鹿児島新港(鹿児島)発 与論島 与論港(鹿児島)行きの格安フェリー料金比較・予約

鹿児島新港から与論港を移動するには、フェリーがおすすめ。船に揺られながらのんびり旅をするのは、飛行機での旅にはない魅力があります。鹿児島新港と与論港を結ぶ航路のフェリーは、マルエーフェリーまたはマリックスラインが運用。いずれの会社も、数十年にわたり鹿児島エリアの海の交通に携わってきた企業です。この航路の魅力は、豊かな自然を楽しめること。鹿児島の桜島、与論の百合ヶ浜が代表例。鹿児島新港の待合所からは、桜島がとても良く見えます。売店もありますので、お菓子や飲み物を買ってのんびり桜島を眺めながら、フェリーを待ってみてはいかがでしょうか。

鹿児島新港(鹿児島)発 与論島 与論港(鹿児島)行きのフェリー時刻表・ダイヤ

熊本 三角港発 熊本 三角港着
熊本 三角港発 熊本 三角港着 所要時間
18:00 13:40 19時間40分 予約

下り便

熊本 三角港発 熊本 三角港着
熊本 三角港発 熊本 三角港着 所要時間
12:10 08:30 20時間20分 予約

上り便

鹿児島新港(鹿児島)発 与論島 与論港(鹿児島)行きを運航している船舶

鹿児島新港(鹿児島)発 与論島 与論港(鹿児島)行きの観光情報

鹿児島新周辺周辺の観光スポット
イオワールド かごしま水族館
鹿児島新周辺 イオワールド かごしま水族館

フェリーで鹿児島を訪れた際に、立ち寄りたいのがイオワールド かごしま水族館。かごしま水族館で最も大きな水槽である黒潮水槽では、ジンベイザメやマグロ、カツオなどを飼育。実際の黒潮での海の生き物たちの生活を垣間見ることができます。また、サンゴ繁殖センターを設置。まだまだ未知の部分が多いサンゴの生態を知ることが可能です。館内イベントも充実しており、「イルカのひれのひみつ」をテーマにしたショーを開催。イルカが動く様子を見ながら、ヒレの特徴や使い方などを知ることができます。4匹のイルカが飛び跳ねる姿は、可愛いと大人気。その他にも、ジンベイザメの餌やりの見学など見どころがたくさんあります。

仙巌園
鹿児島新周辺 仙巌園

鹿児島で歴史の息吹を感じられるスポットといえば、2015年に世界遺産の構成資産として選ばれた仙巌園。万治元年(1658年)、島津家別邸として19代光久によって開かれました。錦江湾や桜島のダイナミックな風景を取り入れた庭園は見事。歴代の殿様たちが愛し、要人たちを迎える「迎賓館」としての役割も果たした御殿も見逃せません。美しい建物や装飾、豪華絢爛な近代薩摩焼など当時の島津藩の繁栄ぶりがうかがえます。幕末には篤姫や幕臣の勝海舟も訪れており、歴史好きには必見の建物です。鹿児島にフェリーで訪れた際は、ぜひ立ち寄ることをおすすめします。

与論周辺周辺の観光スポット
パラダイスビーチ
与論周辺 パラダイスビーチ

フェリーから見る海も魅力的ですが、また違った海の良さを味わえるのがパラダイスビーチです。ウミガメの産卵スポットとして有名。普段なかなか見ることのできないウミガメを見られるとあって人気のある場所です。産卵のために5月から8月頃に上陸。孵化した子ガメたちは2ヵ月ほどで海へと帰ります。ウミガメに出会えるチャンスの多い場所で、可愛い子ガメの姿が見られるかもしれません。のんびりと親子で歩いている様子は「癒される」と評判です。また、ウミガメが来るだけあって海や砂浜が美しい場所として知られています。大きな空と広い海を眺めながら、散歩をするのもパラダイスビーチの醍醐味といえるでしょう。

赤崎鍾乳洞
与論周辺 赤崎鍾乳洞

与論島といえば海の印象が強いかもしれません。ですが、陸の観光スポットもとても魅力があります。その代表例が赤崎鍾乳洞。与論島は珊瑚礁が盛り上がってできた島です。その地面が長い歳月をかけて地下水に浸食されて鍾乳洞となったそうです。洞窟の規模は小さめですが、天井が低いため探検気分を味わえるのがポイント。整備されすぎていないので、自然の鍾乳洞そのままの美しさを楽しめます。天井からの石柱が頭すれすれまで迫る場所や千枚田テーブルなど、見どころは多数。鍾乳洞はのんびり歩いて20分ほど。普段は見られない「自然の彫刻」を堪能できます。フェリーで与論島を訪れた際に、ぜひ立ち寄るのをおすすめします。