久米島 兼城港(沖縄県)発 渡名喜島 渡名喜港(沖縄県)行きの格安フェリー料金比較・予約

国内の旅行先で特に人気の高い沖縄。本島までは飛行機が楽ですが、離島行くとなるとフェリーの利用が欠かせません。スカイチケットでは、飛行機の他にもフェリー会社への予約を簡単に行うことが出来ます。沖縄の那覇から渡名喜島間でフェリーを運航しているのが久米商船です。毎日午前と午後に1便ずつダイヤがあり、フェリー琉球ニューくめしまの2隻の内どちらかがフェリーターミナルを出港。透き通った青い海を眺めながらゆったり移動します。那覇-久米島間でもフェリーを運航しているので、島めぐりをしたい方にはおすすめですよ。

久米島 兼城港(沖縄県)発 渡名喜島 渡名喜港(沖縄県)行きのフェリー会社

久米商船
久米商船画像

沖縄へ旅行するなら、本島だけでなく離島観光もぜひ楽しみたいですよね。数多い沖縄の離島の中でも、神々に選ばれし島と形容されるほどの美しさを誇る久米島は大変人気。ダイビングやシュノーケリングのスポットとして有名なハテの浜をはじめ、海にも島内にも見所が多数あります。久米商船では年間を通じて那覇と久米島を結ぶ旅客船を毎日運航。通常月曜日は1便のみですが、他の曜日は午前と午後の2便運航しているので、自由なスケジュールで旅をアレンジすることができます。

久米商船詳細へ

久米島 兼城港(沖縄県)発 渡名喜島 渡名喜港(沖縄県)行きのフェリー時刻表・ダイヤ

久米島 兼城港発 渡名喜島 渡名喜港着
久米島 兼城港発 渡名喜島 渡名喜港着 所要時間
8:30 9:50 1時間20分 予約
8:30 10:00 1時間30分 予約
14:00 15:20 1時間20分 ※1 予約
14:00 15:30 1時間30分 ※1 予約

運航は船舶フェリー琉球とニューくめしまのどちらか1便のみ、当日決定しますので現地にてご確認ください ※1 4/1~10/31の金のみ運航

運航は船舶フェリー琉球とニューくめしまのどちらか1便のみ、当日決定しますので現地にてご確認ください ※1 4/1~10/31の金のみ運行

渡名喜島 渡名喜港発 久米島 兼城港着
渡名喜島 渡名喜港発 久米島 兼城港着 所要時間
10:30 11:50 1時間20分 予約
11:00 12:30 1時間30分 予約

運航は船舶フェリー琉球とニューくめしまのどちらか1便のみ、当日決定しますので現地にてご確認ください

久米島 兼城港(沖縄県)発 渡名喜島 渡名喜港(沖縄県)行きを運航している船舶

フェリー琉球
フェリー琉球画像

フェリー琉球は就航したばかりで、比較的新しいフェリーです。船内はとても綺麗で清潔に管理されています。授乳室が完備されており、小さな赤ちゃんと一緒でも安心してフェリーの旅が楽しめます。また客室やトイレがご高齢の方やお身体が不自由な方にも対応した造りとなっていたり、車椅子対応のエレベーターが完備されていたりなど、バリアフリー環境も整っている充実ぶり。高齢者の方や育児が伴うお母さんにとっては、嬉しい設備といえるでしょう。

フェリー琉球 詳細ページへ
総トン数 航海速力 全長 旅客定員 車載搭載数
1188トン 19ノット 83.9m 350名 乗用車51台
ニューくめしま
ニューくめしま画像

ニューくめしまは1988年に就航した、那覇の泊港では一番古参の船です。旅客定員377名、トラック積載16台、または乗用車41台収容。進水した当時は、沖縄の離島フェリーでは珍しくバウバイザーを持っていました。これは船のランプウエイに直接波浪が当たらないようにする保護となります。着港時は船の前面部分が上部に上がり、その様子はまるでクジラが口を大きく開くよう。完全に開いたら、車が荷役時間のロスが少ないRO/RO方式で乗下船できます。

ニューくめしま 詳細ページへ
総トン数 航海速力 全長 旅客定員 車載搭載数
680トン 16.5ノット 73.1m 337名 -

久米島 兼城港(沖縄県)発 渡名喜島 渡名喜港(沖縄県)行きの港とターミナル

久米島 兼城港(沖縄県)
久米商船 兼城ターミナル
久米商船 兼城ターミナル画像

沖縄旅行で周辺に浮かぶ離島巡りをする際は、久米商船 兼城ターミナル発着のフェリーがおすすめ。久米商船 兼城ターミナルは、久米島の海の玄関口。そのため、多くの人々に利用されています。久米島は、透明度の高い透き通った海や豊かな自然を堪能できるとあって人気の観光地。この久米商船は、沖縄県の那覇市と渡名喜島、久米島を結ぶ定期便が運航しています。また、久米商船 兼城ターミナル内には、たくさんのイスが並ぶ待合所はもちろんのこと、お土産店や喫茶室もあります。そのため、フェリーの出発までの時間をのんびりと過ごすことができますよ。

住所 沖縄県久米島町字兼城5番地
電話番号 098-985-3057
特徴
  • 休憩スペース
  • お食事
  • お土産
  • 連絡バス
  • レンタカー
久米商船 兼城ターミナルの詳細ページへ
渡名喜島 渡名喜港(沖縄県)
久米商船 渡名喜ターミナル
久米商船 渡名喜ターミナル画像

沖縄旅行で周辺の離島巡りには、久米商船 渡名喜ターミナル発着のフェリーがおすすめ。こちらを発着する久米商船は、沖縄県の那覇市と渡名喜島、久米島とを結ぶ定期便を運航しています。渡名喜島は、昔から変わらない自然を大切にする島です。そのため、現代ではあたりまえとなっているコンビニもなければ、アミューズメント施設などもありません。また、きれいな海では、クジラやイルカ、ウミガメなど遭遇することも多いそうですよ。日頃の疲れを癒すのには最高の島となっています。そんな渡名喜島へ行くなら、フェリーでのんびり過ごす旅なんていかがでしょうか。

住所 沖縄県渡名喜村西1917番地の12
電話番号 098-989-2479
特徴
  • お食事
  • お土産
  • レンタカー
久米商船 渡名喜ターミナルの詳細ページへ

久米島 兼城港(沖縄県)発 渡名喜島 渡名喜港(沖縄県)行きの観光情報

兼城(沖縄県)周辺の観光スポット
五枝の松
五枝の松画像

五枝の松は兼城港フェリーターミナルから車で10分ほどのところにある、県立自然公園内にそびえる樹齢約250年のリュウキュウマツ。高さ6メートルの主根から五本の枝が地面を這うように枝を広げています。その見事な枝ぶりから国の天然記念物にも指定され、日本の名松百選にも選出されています。伊平屋島の念頭平松と並び、沖縄の二大名松として親しまれ、琉歌にも歌われているほど。現在の松は1839年に植えられたと伝えられ、古木ながらも悠然とした姿を見せてくれていますが、その影で多くの人々が台風や塩害から守るために力を尽くしているのだそうです。また、周辺はクメジマボタルの生息地でもあり、毎年5月上旬には美しい蛍火の乱舞が見られることでも知られています。

久米島ホタル館
久米島ホタル館画像

近年その名が広く知られるようになってきたクメジマボタル。クメジマボタルという名が表しているように、1993年に久米島で発見された新種のホタルです。この大発見を機に、地元の人々を中心として結成されたのがクメジマボタルの会。クメジマホタルがたくさん棲むことができるよう、島の自然環境の保護や保全について幅広く活動しています。久米島ホタル館も、そういった活動の成果の一つ。クメジマホタルと他のホタルの生体の違いなどが詳しく展示されています。兼城港フェリーターミナルからは車で約10分とアクセスもいいので、実際のホタルを見学する前に予習のために訪れてみるのもいいかもしれません。

渡名喜(沖縄県)周辺の観光スポット
大本田展望台
大本田展望台画像

大本田(ウーンダ)展望台は渡名喜島の南部に位置する標高165mの大本田岳頂上にある展望台です。緑に覆われた山々が広がる渡名喜島を一望できる絶景スポットとして人気。晴れた日には、エメラルドブルーの海に浮かぶ久米島や粟国島、慶良間諸島まで眺望することができます。遠くまでもっとよく見たいという時には、設置されている無料の双眼鏡をご利用ください。眺望が極めていい立地特性から、この地には王府時代には烽火台が設置されていたのだとか。久米島から座間味島へ敵襲など緊急を知らせる烽火を取り次いでいたそうです。季節によって大本田岳では、渡名喜村の村花であるカワラナデシコが可愛らしい花を咲かせていることも。

アンジェーラ浜
アンジェーラ浜画像

アンジェーラ浜は渡名喜島の東南に位置する約500mの砂浜。フェリーで島の西渡名喜港に大岳とヲモとの間に位置し、ウミガメが見られるダイビングスポットとして知られています。遊泳は禁止ですが、満潮の時間帯にはウミガメの姿を見ることができることも。時間があえば1時間くらいはのんびり待ってみてくださいね。シュンザ(旧道)から海を覗いてまつと、ウミガメは見つけやすいそうです。浜周辺は海浜植物のハマボウフウが自生し、リーフ内にはカニやジュゴンの食草となる海の草原が広がるなど島特有の豊かな自然の魅力にあふれています。冬場には地元でアーサと呼ばれるアオサノリ養殖も。お食事の際にメニューにアーサを見つけたら、ぜひご賞味を。