石垣島 石垣港(沖縄)発 波照間港(沖縄)行きの格安フェリー料金比較・予約

石垣島と「果てのウルマ(珊瑚礁)の島」を語源とする、日本最南端の有人島波照間島を結ぶ航路。石垣島から波照間島への所要時間は大型船で約90分です。独特の青い輝きを放つ波照間の海の色は“ハテルマブルー”とも称され、中でも「ニシ浜」は八重山有数の美しさを誇るビーチとしても有名です。島の南端の高那崎には「日本最南端の碑」があり、人気の観光スポットとなっています。安心して旅をするためにも事前に安栄観光のフェリーをスカイチケットでチケットを購入することをオススメします。海況の悪化による欠航などが発生しやすい航路です、ご利用時は天気予報を事前に確認しましょう。一部西表大原経由で運航しています。

石垣島 石垣港(沖縄)発 波照間港(沖縄)行きのフェリー会社

安栄観光
安栄観光画像

石垣島から近くにある離島に行くためにはフェリーの利用が必要になります。安栄観光は石垣島に本社を置くフェリー会社。1971年の創業からフェリーを運航しており、石垣島と八重山諸島を結んでいます。西表島や波照間島・竹富島など人気の観光地を周遊する島めぐりツアーも楽しめます。美しい海に潜ればここでしか生息していない魚や綺麗なサンゴ礁を見ることが出来るので、是非安栄観光を利用して訪れてみてはいかかがですか。

安栄観光詳細へ

石垣島 石垣港(沖縄)発 波照間港(沖縄)行きを運航している船舶

石垣島 石垣港(沖縄)発 波照間港(沖縄)行きの港とターミナル

石垣島 石垣港(沖縄)
安栄観光 石垣港離島ターミナル
安栄観光 石垣港離島ターミナル画像

安栄観光 石垣港離島ターミナルは、石垣島周辺の島めぐりの拠点です。石垣島と竹富島、小浜島、鳩間島、黒島、西表島を結ぶフェリーが毎日就航しています。石垣島と各島の間は10分から40分ほど。安栄観光 石垣港離島ターミナルは、石垣島名物のかまぼこおにぎりや島のジュースが楽しめる食事処や売店も充実。ボクシング元世界チャンピオンの具志堅用高の像と記念写真を撮ったら、ターミナル内を探検してみましょう。運が良ければ離島で採れた新鮮なマンゴーやパイナップルを買うこともできます。石垣市運営のWiFiも無料で利用できるので、行く先々の情報チェックもできますね。フェリーは席が限られているため、観光シーズンには事前のインターネット予約がおすすめです。

住所 沖縄県石垣市美崎町1番地
電話番号 0980-83-0055
特徴
  • WiFi
  • 休憩スペース
  • お食事
  • お土産
  • 連絡バス
安栄観光 石垣港離島ターミナルの詳細ページへ
波照間港(沖縄)
安栄観光 波照間旅客ターミナル
安栄観光 波照間旅客ターミナル画像

波照間島は、日本最南端の有人島です。波照間島は島内に空港がありますが、定期航路はないので安栄観光のフェリーが唯一の波照間島への交通手段です。波照間島は日本で一番星空が近いと言われるほど満天の星空が観測できます。また、八重山諸島で最も美しい海が臨める「北浜(ニシハマ)」では「ハテルマブルー」の青い海を堪能できます。これらの素晴らしい自然風景に出会うためには、波照間港を利用する必要があります。ターミナル内には売店も営業しているので波照間島での素敵な思い出に浸ってみるのもいいかもしれません。安栄観光 波照間旅客ターミナル発着のフェリー予約は、早めのインターネット予約がおすすめです。

住所 沖縄県八重山郡竹富町波照間6523
電話番号 080-8566-2832
特徴
  • WiFi
  • 休憩スペース
  • お土産
  • レンタカー
安栄観光 波照間旅客ターミナルの詳細ページへ

石垣島 石垣港(沖縄)発 波照間港(沖縄)行きの観光情報

石垣周辺周辺の観光スポット
フキサビーチ
フキサビーチ画像

石垣島でもっとも有名なビーチであるフキサビーチは、周辺のホテルに宿泊しなくても利用することができる美しいビーチです。石垣島のビーチは時期によりクラゲが発生しますが、このビーチはクラゲ発生時には防止ネットが張られるので、安心してビーチを満喫できますよ。石垣島にある数々の美しいビーチは、その多くが潮の流れが早く、キケンと言われています。しかし、このフキサビーチは、石垣島で最も安全なビーチとして知られているほど。さらに、このビーチが有名な理由がもうひとつ、それは夕日の美しさ。石垣島からフェリーで行ける周辺の島々をバックに、沈みゆく夕日。ビーチにある桟橋もシルエットとなって美しく浮かび上がります。

宮良殿内
宮良殿内画像

フェリーが発着する石垣港から約15分歩くと、琉球王国時代に造られた宮良殿内に辿りつきます。沖縄に残る唯一の殿内構造の建築物とされており、石垣で作られ門や色落ちした赤瓦など全てにおいて威厳ある佇まいです。貴族屋敷にならって建てられたものですが、当時の琉球では階級により住める住宅が決まっていた為、宮良殿内は何度か取り壊しを命じられていました。しかし、主だった宮良親雲上当演は結局その命に従わず、宮良殿内は現在に至るまで形を変えずに残る事になったのです。邸宅として建てられた為一見するとただの民家ですが、その成り立ちに思いを馳せながら見ると感慨深い事でしょう。

波照間周辺周辺の観光スポット
ニシ浜
ニシ浜画像

ニシ浜の「ニシ」は方角の北を表しており、その名の通り島の北側に位置しています。「ハテルマブルー」とも呼ばれるエメラルド色の海は、2017年日本のベストビーチ1位に選ばれるほど美しく波照間島屈指の人気スポットです。運が良ければウミガメと一緒に泳ぐこともできます。日本最南端の島でシュノーケリングや海水浴など、美しい海を堪能してみてはいかがでしょうか。 ビーチにはコインロッカーが設置されていないので、荷物の管理には十分注意してくださいね。

星空観測タワー
星空観測タワー画像

「星空に一番近い島」として南十字星を観測するのにとても適した場所。 屋上に設けられた開閉式の天体ドームが見事で、200㎜屈折式望遠鏡が設置され、素人ではとても持ち合わせできない望遠鏡で天体観測をすることができます なお館内では「星空ガイド」という企画も設けられ、星にまつわるお話を聞きながら夜空を眺めることが可能です。 2階には資料室もありますので、日帰りの方も波照間島の星について疑似体験ができます。