台湾で格安利用できる海外レンタルWiFiルーターを比較・予約!

台湾のWiFiについて

台湾は日本から飛行機で数時間、観光スポットも豊富なため気軽に行ける海外旅行先として人気がありますよね。そんな台湾滞在をより快適にしたいのであれば、海外用WiFiのレンタルをご検討されてみてはいかがですか? スカイチケットのWiFiブランドには、お手頃価格のグローバルWiFi、イモトがキャラクターで知名度の高いイモトのWiFi、接続のスムーズなWi-Ho!(ワイホー)などがあります。長期出張されるかたには長期プランがお得なトラベルコムがおすすめです。また、初めての旅行で不安な方はJALが提供しているJAL ABCや台湾で最新のルーターである台湾データ なお、台湾用WiFiルーターのレンタルは想像以上にスムーズ。各レンタル会社のWEBページから事前に申し込みをして、出発当日に、国内の空港のWiFi機器受取返却窓口で受取手続きをします。受取返却の対応している空港には、都心からのアクセスのよい羽田空港やショッピング施設が充実している成田空港、大阪みやげの取り揃えが豊富な関西国際空港があります。中部から出発の方には、中部国際空港(セントレア)、九州から出発の方には福岡空港、沖縄の那覇空港での受取も可能です。 滞在先の台湾でも常時インターネットに接続したい方は、日本から海外用WiFi機器を持参するのがおすすめですよ。

台湾のWiFiレンタル最安値比較

  • 1日プラン
  • 周遊プラン

台湾のWiFiレンタル日数別比較表

ブランド 3日 4日 5日 6日 7日 8日 9日 10日
グローバルWiFi 1,380円 1,840円 2,300円 2,760円 3,220円 3,680円 4,140円 4,600円
イモトのWiFi 1,560円 2,080円 2,600円 3,120円 3,640円 4,160円 4,680円 5,200円
Wi-Ho! 1,416円 1,888円 2,360円 2,832円 3,304円 3,776円 4,248円 4,720円
トラベルコム 1,980円 2,640円 3,300円 3,960円 4,620円 5,280円 5,940円 6,600円
JAL ABC 3,105円 4,140円 5,175円 6,210円 7,245円 8,280円 9,315円 10,350円
台湾データ 2,070円 2,760円 3,450円 4,140円 4,830円 5,520円 6,210円 6,900円

台湾のWiFiお役立ち情報

台湾のインターネットとWiFi事情

日本人が多く訪れる観光地として知られる台湾。年々観光客が増えている台湾では、インターネットのニーズも高まっており、台湾国内でのWiFiスポットも整備されてきています。数日間の台湾ステイで台北市内から出る予定のない方に関しては、ホテルのWiFiと台北市内のフリーWiFiスポットだけでしのげるのが事実でしょう。台湾はアジアでも有数のWiFi先進国のため、台北だけでなく台湾国内各地に台湾無料のWiFi「itaiwan」のスポットが点在しています。数年前にはtaipei freeなど外国人旅行者向けの無料WiFiスポットのサービスも始まりました。首都の台北では、屋外であってもWiFiを拾いやすい環境なんだとか。また、ある程度の規模のホテルであればWiFiが無料で利用できます。

台湾でレンタルWiFiは必要?九分など観光地でインターネットは可能?

前出の通り、世界的に見ても台湾はフリーWiFiスポットの普及が進んでいる国。2013年に開始された「iTaiwan」という無線LANサービスは、全国4000以上の観光地や公共施設でWiFiが拾える外国人観光客向けのサービスです。ただ、「iTaiwan」はあくまでWiFiスポットなので、移動の際には使えないというデメリットがあります。また、台湾旅行で日本人に人気の九分など繁華街から離れた観光地ではWiFiスポットは少ないのが事実。台湾観光地で写真を撮ってその場でLINEやメールをしたい方にはやはりWiFiルーターのレンタルは必須と言えるでしょう。台湾国内の移動や永康街などWiFiスポットがないところでインターネットにアクセスしたい方には、海外レンタルWiFiをおすすめします。食べてよし、見てよし、遊んでよしの台湾旅行を、レンタルWiFiでより快適なものにするのがおすすめです!

LINEやメールなど。台湾で使えるレンタルWiFiでできること

台湾用の海外レンタルWiFiルーターがあれば台湾滞在中も普段とほぼほぼ変わりなくスマホを操作できます。ただ、メールと電話に関しては注意が必要です。メールはGmailやYahoo!メールなどのフリーメールであれば、Wi-Fiのみの環境でも送受信可能です。送受信共に特別な通信料も発生しません。台湾から日本にメールしても無料、逆に日本からのメールを台湾で受信しても無料です。問題は、MMSやSMSについて。WiFiのみの環境ではデータローミングがオフになっているか、機内モードに設定されているかと思います。MMSやSMSは上記の設定では送受信できなくなります。設定を外すと、海外でも送受信可能になりますが、送信に関しては料金が発生します。メールやLINEを頻繁に使ったり動画を見る方はブランドごとの台湾でのレンタルWiFiの容量や速度を比較して選んでみるのが良いかもしれませんね。

台湾でレンタルWiFiを使うなら3Gと4Gどちらがおすすめ?

まず台湾のWiFiにおける3Gと4G LTEの違いについて。両社の違いは通信速度で、3Gに比べて4Gの方が速くなっています。「G」とは通信の世代(generation)を表す単位のことで、2016年8月現在日本では4Gが一般的。3Gは一昔前の通信速度ということになります。台湾用WiFiルーターをレンタルする際、各レンタル会社ともに3Gと4G(LTE)プランを用意しています。どこのレンタル会社にしてみても、3Gプランの方が4Gに比べて価格的には有利なことが多いです。ただ、先ほども述べた通り、すっかり4Gのスピードに慣れてしまった日本人からすると3G回線の通信速度はストレスを感じるレベルでしょう。一方、台湾で使える4G回線のレンタルWiFiの使用感はというと、すべての時間帯や場所で快適にインターネットにアクセス可能。結論として、台湾滞在でおすすめのWiFiルーターは4Gです。料金は割高にはなりますが、通信速度の安定性と繋がりやすさは多少お金を多く払うだけの価値は十二分にありますよ。ただ、メールやLINEなどの使用がメインであれば3Gでも良いでしょう。

台湾で使えるレンタルWiFiのデータ容量と目安

いざ台湾で使えるWiFiルーターを借りよう!と思っても、どこのレンタル会社のどのプランが自分に最適なのか正直迷いますよね。WiFiの容量で選ぶのか、はたまた料金で選ぶのか、滞在目的や滞在日数によって変わってくるかと思います。台湾でレンタルWiFiは通信速度もブランドによって様々です。まず、料金の安さに重きを置くのであればおすすめは断然「グローバルWiFi」です。3G端末、4G端末共に業界最安値レベル。ただ、通信容量に関しては1日あたり250MBまでと制限があります。メールやLINE、マップアプリを確認するだけであれば十分な容量ですが、たくさんインターネットにアクセスしたり動画を視聴するには不十分な容量でしょう。容量をオーバーすると、通信速度が使い物にならないくらい遅くなります。台湾滞在中もインターネットを長時間利用する方には、「台湾データ」が最適。「台湾データ」のWiFiルーターの容量はなんと無制限!台湾全土でパケットし放題、通信速度も安定の4G LTEで快適さが魅力です。データ制限なしの台湾データの特徴や口コミまとめをご参考にしてはいかがですか?

成田空港など台湾用レンタルWiFiの空港受取について

海外旅行や出張の際に役立つ海外対応WiFiルーター。利用客数の多い成田空港羽田空港などの主要の国内空港専用カウンターで直接レンタル・受取り出来ることをご存知でしたか?特に関西国際空港での台湾用レンタルWiFi受取は手間がかからず非常に便利ですよ。レンタル申込みや手続きはWEBからでも可能。また、在庫状況によっては当日レンタルが出来る会社もあります。台湾対応のプランを出している有名どころの会社は、安さで人気のグローバルWiFi、安定した通信回線の台湾データ、口コミでの評判が高いWi-Ho!(ワイホー)などがあります。イモトがキャラクターをするので有名なイモトのWiFiはご存知の方は多いですよね。スカイチケットならこれらのブランドを一括検索ができるので、数あるWiFi会社のプランからご自身に最適なものを選択できます。なお、ネットから申し込み後、WiFi機器をご自宅に郵送することも可能です。

台湾現地でレンタルWiFiを受け取るならグローバルWiFiがおすすめ

台湾現地で受取ができる日本のレンタルWiFiブランドはグローバルWiFiだけ。台北松山空港の空港内にあるクロネコヤマトのカウンターでグローバルWiFiを受け取ることが可能です。クロネコヤマトのカウンターは到着・出発ロビー内にあるので受取はもちろん帰り際に返却できてとても便利。台湾現地で借りたWiFiを返却しておけば、帰りのフライトで無くす心配もありません。また日本につくより先に返しておけば、その分レンタル手数料もお得になりますよ!もし現地でWiFiを受け取る場合は、2日前までに事前に申込を行う必要があるのでご注意くださいね。また、グローバルWiFiに興味をお持ちの方は台湾グローバルWiFiの評判やエリア、データ制限をチェックしてみるとよいですよ。

グローバルWiFiなら台北市内ホテルでのレンタルWiFi受取も可能

グローバルWiFiでは事前の予約に限り、台湾用レンタルWiFiを台北市内のホテルへ宅配することが可能です。マンダリンオリエンタルホテルはもちろん、サンワールド・ダイナスティ・ホテルやコスモスホテルなど有名ホテルから格安ホテルまで台北市内のホテルであれば宅配してもらうことができます。台湾出張で時間がない方や買い物に最大限時間を使いたい方におすすめです。台湾のホテルへの宅配の申込は、スカイチケットの申込ボタンをクリックした後、グローバルWiFi申込フォームのステップ3で到着便名を、ステップ4で台湾で宿泊予定のホテル名を記入すればOK。別料金などは一切かからず無料で申し込めますよ!

台湾の桃園空港や松山空港で当日にWiFiレンタルする方法

日本で台湾用のWiFiルーターをレンタルした場合、1日あたりの相場は1000円前後です(会社やプランによって多少の差異あり)。日本の携帯会社の海外パケットプランを利用するのに比べるとかなりリーズナブルですが、より節約したい方はWiFi機器を台湾現地で調達するのも一つの手です。台湾現地でWiFiルーターをレンタルした場合、1日の使用料は日本円でおよそ300円ほど。台湾の北側にある主要空港、台北の松山空港や桃園空港でレンタルできます。また、台湾現地のレンタルWiFiブランドでは「iVideo」という会社のWiFiブランドが利用者数が多く評判。事前に「iVideo」のWEBから申請しておくことで、受取りも比較的にスムーズになりますよ。ただ、台湾到着後時間が無い方や現地でのやりとりに不安がある方は、多少割高になりますが日本からレンタルWiFiを持参するのが無難でしょう。

台湾でWiFiの設定は?難しくない?

台湾滞在中にお使いのスマホをWiFi設定にする方法を紹介します。台湾に着いてスマホを使う際、WiFiだけ繋げてキャリア回線は切ることでパケットは通信しない設定にする必要があります。 パケット通信料を発生させないためには、スマホの設定において機内モードを行うか、キャリア回線(データローミング)を一時的に切りWiFi接続だけONにすることです。WiFiの設定に関しては下記の通りです。iPhoneでの設定方法について説明しましたが、基本的にはAndroidでも差異はありません。 【iPhoneの場合】 ①ホーム画面から「設定」を選択する ②「WiFi」を選択する ③「WiFi」をONにする ④「ネットワークを選択」からSSIDを選択する WiFiサービスによって、パスワードの入力が必要になる場合もあります。 ⑤左上のキャリア名の横に扇形のWiFiマークが表示されると操作完了です。

台湾で使えるWiFiを予約し忘れた!当日レンタルは可能?

旅行前ってなんだかんだで忙しいものですよね。やるべきことが多くてWiFiをレンタルし忘れてしまった際に役立つ耳寄りな情報を提供します。 海外用WiFiは事前にレンタル会社のホームページ等でプランを選択し、出発日までに自宅配送、もしくは出発日当日に空港内のカウンターで受取りする流れが一般的です。ただ、空港内にあるレンタルWiFi窓口で当日レンタルすることも例によって可能です。レンタルWiFi会社のイモトのWiFiグローバルWiFiは、在庫次第で当日レンタル可能。ただ、両社ともに当日レンタル用のルーターには数に限りがあります。つまりそれらのWiFiがすべて埋まっていた場合は当日レンタルは不可となります。また、深夜便や早朝便を利用する場合、受取カウンターが営業時間外になるので、当日レンタルしたくても物理的にできなくなります。以上のことから、出発日に空港で当日レンタルするのはできれば避けたいところ。事前に申し込むことで、タイミングがよければキャンペーン価格でレンタルすることもできますよ。 また、旅行繁忙期とされる8月~10月にかけては各社とも在庫が品薄になるので、より一層早めの予約がおすすめです。

台湾でWiFi利用でもサポート体制万全なグローバルWiFi

Asian Young People

ブランド名 連絡手段 営業時間
グローバルWiFi 電話・メール Facebook Twitter LINE 通話アプリ(LINE) 渡航前・渡航中・帰国後 24時間365日
イモトのWiFi 電話・メール 渡航前・渡航中・帰国後 24時間365日
台湾データ 電話・メール 渡航前・渡航中・帰国後 10~18時(年中無休)
トラベルコム 電話・メール 渡航前・帰国後 10~18時 土日祝日休業 渡航中 10~18時(日本時間) 土日祝日休業
Wi-Ho! 電話・メール 渡航前・帰国後 9~18時 年中無休 渡航中 24時間電話受付
JAL ABC 電話・メール 渡航前・帰国後 平日9~18時/土日祝9~17時 渡航中 平日9~18時/土日祝9~17時
  慣れないWiFiレンタル、サポート体制がしっかり整っているところで台湾対応の端末をレンタルしたいものですよね。 それなら業界第1位・2位のグローバルWiFiイモトのWiFiが間違いないでしょう! 両ブランド共にメールや電話で相談できる環境が整っています! 24時間365日、申し込みから台湾現地での利用、返却まで、どんな些細なことでも専門スタッフが丁寧に答えてくれます。 イモトのWiFiに関しては、渋谷にある実店舗で台湾用端末の受取・返却が可能。 スタッフに説明を受けてから台湾向け端末を受取れるので、初めての方も安心して台湾で利用できるWiFiをレンタルできます。

台湾のベストシーズンはWiFiルーターの在庫に注意!

Taipei, Taiwan - February 6, 2016: Crowd of people on the street market in Taipei, Taiwan  

時期 ルーターの在庫
旅行繁忙期(乾季) 10~1月
旅行閑散期(雨季) 5~9月
  ゴールデンウィークにお盆休み、年末年始は旅行繁忙期と言われ、台湾をはじめとした外国への旅行客がいつも以上に増えるます。 そのため、各社ともにWiFiルーターの在庫が切れることも。 また、10~1月は1年を通して天候に恵まれる台湾のベストシーズンです。 これらの時期に台湾で使えるWiFiレンタルをする場合、申込みはお早めに。 人気のある台湾データイモトのWiFiは、早めにWiFiルーターの在庫状況確認したほうがベター。 また、空港にあるレンタル会社の窓口もこの時期WiFiの受取手続きをする人で混み合います。 台湾行きの飛行機の搭乗時間に間に合うよう、WiFi受取時間には十分余裕を持つようにしましょう。

台湾WiFiを長期利用ならトラベルコムの長期割引でお得に賢くレンタル!

shopping girl  

ブランド プラン名 データ容量 1ヶ月 1日
トラベルコム 長期プラン(3ヵ月~) 500MB 8910円 297円
トラベルコム 中期プラン(15日~3ヵ月) 500MB 9900円 330円
イモトのWiFi カントリープラン(3G)30日パックプラン 14200円 473円
グローバルWiFi 3Gプラン 長期割引プラン 250MB 15000円 500円
台湾データ 台湾 マンスリープラン 制限なし 15000円 500円
イモトのWiFi カントリープラン(LTE)30日パックプラン 400MB/3日 23000円 766円
  台湾向け長期レンタルWiFiで業界最安値を誇るのは、トラベルコム。 台湾専用WiFi長期メニューは2種類。 15日~3ヶ月の中期だと1ヶ月あたり9,900円、3ヶ月以上の長期はWiFiレンタル料がさらに安くなり1ヶ月の料金が8,910円になります。 WiFiのデータ制限が無制限なのもうれしいポイントですね。 また、トラベルコムには台湾専用WiFiの低速プランも存在します。 こちらは通信回線が低速なのが特徴。 WiFiデータ通信が低速なのでできる操作がLINEやTwitter、文字のみのメールといったデータ容量の少ないものに限られます。 台湾向け長期プランで1ヶ月あたりなんと4,860円という安さ。 台湾滞在中メールさえできればいい、といった学生やバックパッカーに需要がある台湾用WiFiプランです。

知って得する早割!イモトのWiFi&台湾データ

Model airplane on computer keyboard

ブランド 割引率 何日前までの予約
イモトのWiFi 10%/15% 30日前/45日前
台湾データ 10% 1ヶ月以上前
  台湾への渡航予定日が1ヶ月以上先の方には、早割のあるレンタルWiFiブランドがおすすめ! イモトのWiFiは30日以上前の予約で10%、45日以上前だと15%オフになるので断然お得に! 他には台湾データも1ヶ月以上前の予約で10%オフに。 台湾用の航空券とホテルを予約したら、ついでにWiFiルーターも一緒に予約してしまいましょう。 時期によっては他のレンタル会社でも早期割引キャンペーンを行ってることも。 台湾へ行くならWiFiルーターの予約申し込みは早めがお得です。

国内空港で受取可能な台湾のレンタルWiFiブランド

Airplane taking off from the airport.  

グローバル WiFi イモトの WiFi Wi-Ho! JAL ABC 台湾データ
成田空港
関西空港
中部国際空港 × ×
羽田空港 ×
福岡空港 × × ×
新千歳空港 × × × ×
旭川空港 × × × ×
新潟空港 × × × ×
小松空港 × × × ×
伊丹空港 × × × ×
静岡空港 × × × ×
那覇空港 × × × ×
博多港 × × × ×
鹿児島空港 返却BOXのみ × × × ×
  国内の空港で台湾用WiFiを受取れるのは、5つのブランド。最安値を誇るグローバルWiFiや知名度の高いイモトのWiFiはご存知の方が多いですよね。他にも口コミからの評判の良いWi-Ho!(ワイホー)や日本航空のJAL ABC、通信料が無制限の台湾データがあります。 空港受取とは、出国ゲートの外にある各WiFiレンタル会社のカウンターで台湾用WiFiを受取る、というものです。 スカイチケットから予約するときに、上記ブランドでは受取方法と受取場所を選択できるので、希望の場所を指定してくださいね。 グローバルWiFiでは、主要空港である羽田成田の他、中部国際関西国際、九州地方の福岡、北は新千歳、南は那覇まで業界最多のカウンターを設置。 イモトのWiFiは、同じく日本の主要空港である成田羽田だけでなく、愛知の中部国際や大阪の関西国際、九州の福岡でも対応。 Wi-Ho!JAL ABCは、都内からアクセスが抜群の羽田成田、大阪の関西空港で受取可能。 そして台湾データは主要な羽田成田、名古屋の中部の3つの空港でカウンターを用意しています。 カウンターのある空港であれば、返却もその空港ですることができます。 台湾で遊び疲れた後でも、レンタル商品一式をただ返却BOXに入れたり、カウンターで手渡すだけの簡単な返却方法。 宅配返却のように送料がかからないというところも魅力です。

現金やコンビニ決済可能な台湾のレンタルWiFiブランド

Woman with mobile phone shopping online.  

トラベルコム グローバルWiFi JAL ABC
現金 × ×
コンビニ決済 ×
銀行振込 ×
  レンタルWiFiのお支払いは、主にクレジットカード払いのみとされています。 しかし、カードはなるべく使いたくないという現金派の方も、気軽に台湾用レンタルWiFiを利用したいですよね。 半分以上のレンタル会社でクレジットカード払い以外を受付けていない中、上記の表にある3社ではその他の支払い方法を準備しています。 グローバルWiFiでは、クレジットカードを所持していない方のために、後払いでコンビニや銀行での支払いに対応。 そして、JAL ABCでは現金払いや電子マネーでの支払い、トラベルコムではコンビニ支払いが選択できます。 ただ、カード以外の支払い方法を選択しても、デポジットとしてクレジットカードの情報が必要だったり、手数料が発生することも。 手間がかからず、お金をかけない支払い方法は、やはりクレジットカードのようです。 また、グローバルWiFiやJAL ABCでは、クレジットカード払いでマイルを貯めることもできますよ。

台湾のWiFi事情やフリーWiFiスポットを見る

台湾のレンタルWiFiルーターを速度や容量別に性能比較!

WiFiレンタルにあたっての注意事項

当サイトでは、細心の注意を払っておりますが、 内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではありません。
当サイトで公開している情報を利用された際に生じたいかなる損害におきましても責任を負いかねますのでご了承下さい。
海外WiFiレンタルサービスに関する価格、お申込み等、詳細につきましては ご利用者様自身がリンク先の取り扱い各社サイトにて確認を行って頂きますようお願い致します。
当サイトでは、海外WiFiレンタルサービスに関する情報を掲載しておりますが、 サービス利用契約の代理、媒介、斡旋を行うものではありません。 したがって契約、サービスに関するいかなる被害、損害、トラブル等が発生した場合でも 当サイトでは一切の責任を負わず、ご利用者様と取り扱い会社、双方の間で解決するものとします。
当サイトには外部リンクが含まれておりますが、 リンク先での契約や契約等で発生した損害、お客様の個人情報の保護等について一切の責任を負いません。
当サイトご利用の上、お申込みをされた場合、以上の注意事項にご同意頂いたものとします。