旭川空港

旭川空港の海外WiFiレンタルカウンター情報

北海道旭川市の近郊に位置する旭川空港。新千歳空港では積雪で閉鎖することがありますが、旭川空港では滅多に閉鎖されないという点は強みと言えるでしょう。また、空港の周りには日本最大の国立公園・大雪山連峰や十勝岳連峰の山々が連なり、北海道の雄大な自然を感じられる空港。旭川空港の国際線の就航都市は、台湾・台北(桃園)、中国・北京、上海。季節限定の運航で韓国・ソウル(仁川)です。海外レンタルWiFiでは、グローバルWiFiのカウンターが用意されています。場所は、1階到着ロビーの総合案内所。グローバルWiFiは台湾や韓国の現地カウンターもあるため、現地で海外WiFiを受取ることもできます。また、中国のプランでは閲覧規制を回避できるVPN付きプランも展開しています。

旭川空港でレンタルできるWiFi

グローバルWiFi詳細はこちら

ハワイ アメリカ 韓国 台湾 タイ グアム 申し込む
440円/日 440円/日 460円/日 360円/日 450円/日 660円/日

当日レンタルで旭川空港で受取可能な海外WiFi

旭川空港のレンタル受取/返却カウンター

グローバルWiFiの旭川空港海外レンタルWiFi受取返却カウンター

旭川空港から行くことができるのは、中国と台湾、季節限定で韓国。その3か国に対応しているグローバルWiFiのカウンターが、この旭川空港にあります。グローバルWiFiでは、3Gはもちろん4Gプランの中国・台湾・韓国それぞれに対応したルーターをご用意。ビジネスマンに嬉しい大容量タイプや、中国のアクセス規制を回避できるVPN付きプランもあります。グローバルWiFiのカウンターへは、喫煙所がある出口3やタクシー乗り場から近い出口4からの入場が便利です。国際線の出発ロビーは2階なので、空港に到着したらまずはレンタル商品を受取に行きましょう。空港受取は最短30秒なので、余った時間で4階のお土産ショップで買い物をしたり、3階のレストランで食事を楽しむこともできます。返却をするときは、受取場所と同じカウンターへ。カウンターの向かい側には返却BOXも設置されているので、時間外の返却にも対応可能です。

  • 1階到着ロビー
  • カウンター名 営業時間 受取 当日レンタル 返却 返却BOX
    旭川空港 到着ロビー(1F) 総合案内 8:00~20:20 ×

旭川空港での海外WiFiレンタルの流れ

①スカイチケットでネット申し込み

旭川空港の海外レンタルWiFiカウンターを利用するために、まずはスカイチケットからネット申込みをします。スカイチケットから予約をしておけば、出発日にカウンターに寄ってWiFiを受取るだけでOK。当日申込のできるブランドもありますが、在庫がないとレンタルできないので早めの予約をおすすめしています。

②旭川空港でWiFiルーターを受け取り

受取るときは、申込書(メール)や身分証明書等が必要です。ブランドの公式HPや予約完了時に送られてくるメールをよくご確認ください。 また、手荷物検査場に入ってしまうと、受取カウンターのあるエリアへ戻ることができなくなってしまいます。必ず検査場に入る前に受け取りましょう。

③海外でのWiFiルーターの利用

目的地に到着したら、さっそくレンタルしたWiFiルーターの設定をしてみましょう。上手く操作できなければ、ポーチの中に入っている日本語マニュアルを見たりサポートセンターに問い合わせましょう。空港であれば無料WiFiが使えることが多いので、もし連絡が必要になったときでも安心です。

④旭川空港でレンタルWiFiを返却(カウンター・返却BOX)

返却カウンターが混雑していたり営業していなければ、いつでも利用可能な返却BOXを利用しましょう。レンタル商品をBOXへ投函するだけで返却が完了する便利なサービスです。 返却し忘れて期限を過ぎてしまうと、レンタル超過料金が発生してしまうため帰国後は忘れずに返却しましょう。

旭川空港におけるWiFi事情

旭川空港の営業時間内であれば、無料WiFiサービスが利用できます。旭川空港の無料WiFiのネットワーク名は「asahikawa-airport」。また加入手続きが必要ですが、docomoやソフトバンク、UQモバイルも旭川空港でWiFiサービスを提供しています。