中国の上海や北京で使える海外レンタルWiFiの比較・予約

中国のWiFiについて

中国滞在中も、日本といるときと同じようにインターネットを繋げられる方法があることをご存知ですか?中国では都市部にかけて、無料WiFiスポットが点在しています。しかし、繋がりやすさを考えるとまだ充実してるとは言えないのが現状。中国用WiFiをレンタルしておけば、中国語がわからないから店員さんにどうやってパスワードを聞けば良いかわからない…という状況にも無縁。また、場所を選ばないので、安心して中国の街を出歩けます。そんな便利な中国用WiFiレンタル会社は、早得のイモトのWiFiや繋がりやすさが抜群のWi-Ho!(ワイホー)、信頼のあるJAL ABC、格安のグローバルWiFiです。予約したWiFiは、出発当日に国内の空港で受取が出来ます。受取可能な空港はショッピング施設の豊富な成田空港やアクセスの良い羽田空港、関西からは関西国際空港などがあります。受取に時間を要さないので手軽に借りることができますよ。また、中部発の方には中部国際空港(セントレア)、九州発の方は福岡空港、沖縄からは那覇空港でも対応しているので便利ですよね。出発当日に受取が不安な方には自宅への宅配も選べるのでおすすめです。レンタル料金は定額制なので、お金を気にしながら通信をする必要なし。スカイチケットでは複数のWiFiブランド比較が可能なので、最安値も一目瞭然。中国渡航の旅費を立てている時などにも一括検索を利用してみてくださいね。

中国のWiFiレンタル最安値比較

  • 1日プラン
  • 周遊プラン

中国のWiFiレンタル日数別比較表

ブランド 3日 4日 5日 6日 7日 8日 9日 10日
グローバルWiFi 1,350円 1,800円 2,250円 2,700円 3,150円 3,600円 4,050円 4,500円
イモトのWiFi 1,620円 2,160円 2,700円 3,240円 3,780円 4,320円 4,860円 5,400円
Wi-Ho! 1,530円 2,040円 2,550円 3,060円 3,570円 4,080円 4,590円 5,100円
JAL ABC 3,105円 4,140円 5,175円 6,210円 7,245円 8,280円 9,315円 10,350円
ジャパエモ 3,000円 4,000円 5,000円 6,000円 7,000円 8,000円 9,000円 10,000円
チャイナデータ 2,340円 3,120円 3,900円 4,680円 5,460円 6,240円 7,020円 7,800円
Jetfi 1,440円 1,920円 2,400円 2,880円 3,360円 3,840円 4,320円 4,800円
iVideo 1,359円 1,812円 2,265円 2,718円 3,171円 3,624円 4,077円 4,530円

中国のWiFiお役立ち情報

中国のインターネットとWiFi事情

金盾(きんじゅん)という情報閲覧を規制している中国のシステムは、中国へ渡航を考えている日本人にとっては厄介なものになるでしょう。というのも、この金盾というシステムによって中国では非常に厳しいネット閲覧規制が行われています。例えば、中国ではGoogleやLINE、Twitter、Youtubeなどが利用できません。そのため、日本と同じようにインターネットを利用することは難しいです。そして、気になる中国のWiFi事情ですが、中国内のインターネット人口の増加に伴い、中国無料WiFiスポットも増加傾向。特に観光客が多い中国上海エリアでは、多くのカフェやショッピングセンターでWiFiを利用できます。また、北京首都国際空港では外国人旅行者向けのWiFiサービスを提供していたり、インターネットカフェでは日本語対応のPCがあるお店も多いのだとか。しかし、これらの中国無料WiFiでは、利用する際にIDやパスワードを直接聞かなければならなかったり、中国の電話番号入力が求められるものも多いようです。日本でWiFiをレンタルしておけば、そんな手間も省くことができ快適に過ごすことが出来ますよ。特に、グローバルWiFiでは、中国のネット規制を回避できるVPN付きのプランも展開していますのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

中国にあるホテルの無料WiFi事情

4つ星以上の中国のホテルでは、無料WiFiの環境が整っていることが多いそうです。ゲストハウスなどリーズナブルな宿泊施設でも、無料WiFiを完備しているところは多数。しかし、利用するにはスタッフにIDやパスワードを聞かなければいけなかったり、接続が不安定なことがよくあるそうです。そこで活躍するのが、中国対応のモバイルWiFiルーター。この中国対応ルーターをレンタルしていれば、自分だけのWiFi環境が手に入ります。中国対応のレンタルWiFiルーターであれば、通信速度が遅くなってしまう中国の無料WiFiよりもサクサク通信できるでしょう。WiFiブランドのプランによって、中国でのWiFi速度が異なるので比較してから決めてみるのもよいかもしれませんね。スカイチケットでも紹介しているイモトのWiFiでは、中国のLTE対応プランを展開。外出中もLTEで素早くアクセスすることができる上に、最大10個の機器を接続できます。中国でインターネットを確実に利用したいという方には、モバイルWiFiが必需アイテムになるはず!

ポケットWiFiをレンタルしたら中国でもLINEが繋がる?

画像出典:  official-blog.line.me

日本では普通に見られる検索サイトやSNS、動画共有サイトが中国では閲覧不可ということは珍しくありません。というのも、中国では国がインターネットの閲覧を厳しく取り締まっているからです。実は、日本ではおなじみのLINEも制限の対象に。中国ではLINEを使うことができません。LINEやその他の使い慣れたSNSが使用出来なければWiFiがあっても意味がないという方も多いはず。そんな方にピッタリのサービスが、VPNというもの。無料のものもありますが、セキュリティ対策や中国に対応しているかどうかを考慮し、有名な業者から利用するほうが無難です。このVPNは、インターネットが繋げる環境でないと利用することが出来ません。ポケットWiFiをレンタルしていればいつでもインターネット環境が整うので、VPNを通してLINEが使えるようになります。WiFiレンタルとVPNで、日本にいるときと同じようにインターネットを楽しんで下さいね!

中国の無料WiFiスポットとレンタルWiFiルーターを上手く活用して快適な旅に

海外WiFiの料金っていくらかかるのかと不安に思う方もいますよね。海外でのレンタルWiFiの通信容量はブランドごとにプランが様々です。モバイルWiFiのレンタルサービスでは、通信量に制限を設けています。制限に到達しないようにするには、中国にある無料WiFiと一緒に上手く利用すのがポイント。例えば、ホテルやレストラン内では無料WiFiを使用すると決めて使い分けていけば、上限に達しにくいですよね。また、モバイルWiFiルーターの受取や返却は、シンプルで時間があまりかかりません。事前予約・決算をしていればあとは機器を受け取るだけ。出発日に空港カウンターで手続きをして受取ることができる会社もあります。またオプションで補償制度や予備バッテリーもつけることができるので、もしものときも安心です。帰国後は、返却ボックスや宅配などの返却方法から都合に合うものを選んで返却すればOK。スカイチケットでは、この便利なWiFiレンタル会社を一括検索することが出来ます。中国への旅行・出張に心強いアイテムWiFiルーターをぜひ利用してみて下さい。

中国にいても24時間サポート体制で安心なWiFiブランド

Japanese call centre employee  

ブランド名 サポート手段 営業時間
グローバルWiFi 電話・メール・SNS 24時間365日 渡航前・渡航中・帰国後
イモトのWiFi 電話・メール 24時間365日 渡航前・渡航中・帰国後
Wi-Ho! 電話・メール 9~18時 渡航前・帰国後 24時間電話対応 渡航中
トラベルコム 電話・メール 10~18時 土日祝日休業 渡航前・帰国後 10~18時 土日祝日休業 渡航中
JAL ABC 電話・メール 9~18時/土日祝9~17時 渡航前・帰国後 9~18時/土日祝9~17時 渡航中
  中国レンタルWiFiのことでトラブルが発生したら、レンタルWiFiのサポートセンターに問い合わせましょう。 年中無休で24時間ずっとサポート体制を整えているのは、格安のグローバルWiFiやイモトで有名なイモトのWiFi、繋がりやすさ抜群のWi-Ho!(ワイホー)です。 中国にいるとき、すぐ近くに相談できる人がいるとは限りません。 周囲に中国人しかいない状況であれば、中国語ができないと状況の説明をすることも難しいはず。 しかし、スカイチケットから予約するレンタルWiFiであれば、中国にいるときでもサポートセンターに気軽に相談可能。 もちろん日本の会社ですから、日本語でサポートしてくれますよ。 また、中国レンタルWiFiでは日本語の説明書が付属しています。 基本的な操作、ちょっとしたトラブルは日本語の説明書を読めば解決できるでしょう。

4月〜6月、中国のWiFiレンタルは早めの申込を!

Large group of people waiting in airport for boarding. china  

時期 ルーターの在庫
旅行繁忙期(乾季) 北京5~6、9月 上海4~5月
旅行閑散期(雨季) 北京11~3月 上海1~2月
  旅行シーズンは、特にWiFiレンタルの予約が集中します。 気付いたときにはすでに予約がいっぱいで、レンタルしたいWiFiルーターが借りられなかったなんてことも。 中国へ行くときに注意したいシーズンは、春休みや大型連休にあたる4月~6月と9月。 中国のどのエリアに行くかによって多少違いはありますが、この時期に渡航する場合は早めにWiFiを予約をしておくと安心です。 なお、中国の中でも香港やマカオは、基本的に中国プランのWiFiは使えないと考えて良いでしょう。 香港、マカオに渡航する場合は、中国専用WiFiをオーダーしないように気を付けてくださいね。

中国で使えるWiFiの長期プランが1万円以下のブランドも

Shanghai Bund  

ブランド プラン名 データ容量 1ヶ月 1日
トラベルコム アジア(低速) 長期プラン(3ヵ月~) 無制限 4860円 162円
イモトのWiFi WiFiプラン 400MB/3日 14200円 474円
グローバルWiFi 中国 3G 250MB 15000円 500円
  中国留学や中国出張で長期間滞在するという方も多いですよね。 トラベルコムでは、中国へ中・長期滞在をする方へ向けたリーズナブルなWiFiプランを展開。 利用できる機能は制限されますが、1ヶ月1万円以下で利用できるのは中国の長期滞在者にとっては嬉しいはずです。 また、長く中国にいれば、他国へ行く機会があるかもしれません。 そんなときにもトラベルコムのWiFiが大活躍。 複数国に対応したWiFiルーターを借りることができるので、中国以外の国でも同じようにWiFiが利用できます。

イモトのWiFiで1ヵ月以上前に予約すれば早割でよりお得

Chinese flag in airplane tail.  

ブランド 割引率 何日前までの予約
イモトのWiFi 10%/15% 30日前/45日前
グローバルWiFi
トラベルコム
Wi-Ho!
JAL ABC
  中国行きの航空券やホテルの予約をしたついでに、中国のWiFiレンタルも早めに済ませておいておくのがおすすめ! イモトのWiFiでは、30日前の予約で10%、45日前の予約で15%の割引率で中国専用WiFiをレンタルすることができます。 早く予約することで、中国WiFiが在庫切れでレンタルできないということもなくなり、割引もされるので一石二鳥ですよね。 中国渡航が早めに決まったら、イモトのWiFiでの中国WiFiのレンタルをぜひご検討ください!

国内空港で受取可能な中国のレンタルWiFiブランド

Postal service - delivery of a package; the postman is giving the package to the customer (only hands and package to be seen)  

グローバルWiFi イモトのWiFi Wi-Ho! JAL ABC
成田空港
関西空港
中部国際空港 × ×
羽田空港
福岡空港 × ×
新千歳空港 × × ×
旭川空港 × × ×
新潟空港 × × ×
小松空港 × × ×
伊丹空港 × × ×
静岡空港 × × ×
那覇空港 × × ×
博多港 × × ×
鹿児島空港 返却BOXのみ × × ×
  空港で受取可能な中国対応ブランドは、格安料金のグローバルWiFi、利用者の多いイモトのWiFi、通信制が抜群のWi-Ho!(ワイホー)、実績と信頼の高いJAL ABCです。 グローバルWiFiでは、返却BOXだけの鹿児島空港を含めると13の空港で受取ることができます。 大阪では、国内線のみの就航である伊丹空港でも受取・返却が可能。 イモトのWiFiでは5つ、Wi-Ho!(ワイホー)とJAL ABCでは3つの空港にカウンターがあります。 利用する空港にカウンターがない場合は、宅配サービスで自宅や職場で受け取ることができます。 どちらも簡単で便利な受取方法ですが、もし空港カウンターがあるのなら受取も返却も空港での手続きがおすすめ。 なぜなら、ブランドによってはスタッフから直接説明を聞くことができたり、送料がかからないので安く受取・返却ができるから。 中国用WiFiをレンタルする際は、ぜひ空港受取・返却を利用してみてくださいね。

現金やコンビニ決済可能な中国のレンタルWiFiブラン

man makes the payment by credit card on the laptop and holding phone  

トラベルコム グローバルWiFi JAL ABC
現金 × ×
コンビニ決済 ×
銀行振込 ×
  レンタルWiFiはブランドやプランの種類が多すぎて、どれを選べば良いかわからない!という方も多いはず。 複数のブランドから中国用WiFiを比較するポイントとして、支払い方法にも注目してみてください。 海外レンタルWiFiの支払い方法は、ほぼクレジットカード払いが基本。 その中で、格安料金のグローバルWiFi、長期利用でお得のトラベルコム、大手のJAL ABCは他の支払い方法を用意しています。 グローバルWiFiでは、コンビニや銀行振り込み、郵便局での支払いができるNP後払いというサービスを導入。 トラベルコムではコンビニ支払い、JAL ABCは電子マネーや現金での支払いが可能です。 ただ、カード払い以外の決算方法でも、カード情報が必要な場合も。 グローバルWiFiでは、後払い手数料が発生します。 そのため、クレジットカード払いが1番ラクで経済的な支払方法と言えます。

中国のWiFi事情やフリーWiFiスポットを見る

中国のレンタルWiFiルーターを速度や容量別に性能比較!

WiFiレンタルにあたっての注意事項

当サイトでは、細心の注意を払っておりますが、 内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではありません。
当サイトで公開している情報を利用された際に生じたいかなる損害におきましても責任を負いかねますのでご了承下さい。
海外WiFiレンタルサービスに関する価格、お申込み等、詳細につきましては ご利用者様自身がリンク先の取り扱い各社サイトにて確認を行って頂きますようお願い致します。
当サイトでは、海外WiFiレンタルサービスに関する情報を掲載しておりますが、 サービス利用契約の代理、媒介、斡旋を行うものではありません。 したがって契約、サービスに関するいかなる被害、損害、トラブル等が発生した場合でも 当サイトでは一切の責任を負わず、ご利用者様と取り扱い会社、双方の間で解決するものとします。
当サイトには外部リンクが含まれておりますが、 リンク先での契約や契約等で発生した損害、お客様の個人情報の保護等について一切の責任を負いません。
当サイトご利用の上、お申込みをされた場合、以上の注意事項にご同意頂いたものとします。