台湾のWiFi事情と無料フリーWiFiスポットについて

日本から飛行機でわずか数時間、台湾は毎年多くの日本人が訪れる海外旅行先ですよね。 そんな台湾は日本に比べて、全国的にインターネットにアクセスしやすい環境が整っています。 特に台北市内は随所にフリーWiFiスポットがあるため、国外からの観光客もWiFiアクセスしやすいんですよ。 そこでこのページでは台湾の無料WiFiサービスの有名どころをいくつか紹介します。 これから紹介するWiFi情報【Taipei Free】【itaiwan】【セブンイレブン】【ミスターブラウンコーヒー】【桃山空港・松山空港】を押さえておけば、現地に着いてからあたふたしませんよ。 「Taipei Free」に「itaiwan」、セブンイレブンの「7-WiFi」は渡航前に日本で事前登録を済ましておけば、台湾到着後すぐに街に繰り出せますよ(※「itaiwan」は空港でパスポートの提示が必要)。現地のWiFiだけでは、不安という方には台湾用レンタルWiFiがおすすめ。無料WiFiとフル活用させて、台湾をめいっぱい楽しみましょう!

台北で無料WiFiならコレ!「Taipei Free WiFi」

taipei freeは、台北市政府が提供しているフリーWiFiサービスです。台北のあちこちでよく見かけるTPE-Free WiFiという目印がありますが、これがtaipei freeのホットスポットです。「台湾旅行はほぼ台北市内だけ」という方には、このtaipei freeに登録しておけば、市内9,000以上の場所でWiFi接続が可能になります。

taipei freeのサイトでできる登録方法

taipei freeの登録は、taipei freeの公式ホームページ(https://www.tpe-free.tw/tpe/index_jp.aspx)から可能です。中国語以外に英語、日本語版もあるので、日本語版を選択すれば問題なく登録できるのではないでしょうか。まず、無料アカウントの申請をクリックし、国籍・国番号を含む携帯電話番号・パスワード・メールアドレスを入力します。そして規約に同意の□にチェックを入れて次へをクリックします。先ほど入力した携帯電話番号にSMSが届くので、その中にある6桁の数字を入力すれば、登録は完了です。

taipei freeの使い方

TPE-Freeの目印を見つけたら、お手持ちの端末のWiFi選択画面から「TPE-Free」または「TPE-Free_CHT」を選択しましょう。バスの中では「TPE-Free Bus」というSSIDもありますが、こちらも利用可能です。これらのSSIDを選択するとログイン画面が出てきます。上網身份はTaipei Free用戸を選択、その下に登録した携帯電話番号とパスワードを入力します。そして登入をクリックすれば、WiFiへの接続完了です。

taipei freeの通信速度

taipei freeの速度は平均して大体0.6~1.2Mbps程度です。場所によって「TPE-Free」、「TPE-Free_CHT」というSSIDがありますが、「TPE-Free_CHT」の方が圧倒的に通信速度は速いです。「どうしても」という時以外は、「TPE-Free_CHT」を選択することをおすすめします。

taipei freeの主なホットスポット

taipei freeのホットスポットは、主要な夜市・主要幹線道路・台北聯営バスの一部など、全部で9,000以上あります。taipei freeはこれまで市役所などの公共施設や地下鉄の駅など政府関係機関でしか使用できませんでした。しかし、最近ではファミリーマートやそごう、三越、台北101などでも使えるようになっています。近くに行った時は、ぜひ試してみてくさいね。なお、地下鉄の駅構内ではWiFi接続可能ですが、地下鉄車内では接続できませんので、ご注意ください。

taipei freeのホットスポットのアプリでさらに便利!

taipei freeには、近くのホットスポットを検索できる「Taipei Free 臺北公眾區免費無線上網」というアプリがあり、無料で利用できます。アプリをダウンロードして開いたら、「熱點搜尋」をクリックしてください。地図上にホットスポットが表示されます。アプリはインターネット環境がないと利用できません。あらかじめ行きそうな場所付近のホットスポットはスクリーンショットをして、保存しておくと良いでしょう。

taipei freeのセキュリティは大丈夫?

登録制のWiFiサービスで、パスワードで保護されていることを考えたら、セキュリティ面はそこまで危険ということはないでしょう。しかし、どんな人が利用しているかもわからないですし、絶対に安全とは限りません。不安な方はそれなりの対策をとっておくことをおすすめします。

iTaiwanのアカウントで、taipei freeにも接続可能

iTaiwanとtaipei freeは同じアカウントでの相互利用が可能です。また、新北市のフリーWiFiサービスNew Taipeiでも利用可能となっています。ログイン時にどのアカウントでログインするか選択する部分があるかと思いますので、ログインしたいIDを選択しましょう。

台湾の空港で登録申請可能!外国人旅行者向けWiFi「iTaiwan」

iTaiwanは、台湾政府が提供するフリーWiFiです。ホットスポットは台湾本土にはもちろんのこと、緑島や澎湖などの離島にもあります。観光名所や地下鉄の駅、各種施設、バス停やバスの中など様々な場所でWiFiに接続し、インターネットを楽しむことができます。また、後ほど詳しく解説しますが、iTaiwanの登録手続きをすれば、他のフリーWiFiサービスであるtaipei freeやTainan-WiFi、TT-Freeでも相互利用が可能になります。

日本でできるiTaiwanの事前登録方法

iTaiwanは、台湾へ行く前に日本であらかじめ事前登録をしておくことができます。まずiTaiwanの公式サイト(http://itaiwan.gov.tw/)に接続します。そして、「散客線上登記 Fit travel register」を選択します。出てきた画面に台湾への到着日・国籍・パスポートナンバーを入力し、「檢核 Check」を押します。次に生年月日・使用日数・メールアドレス・到着する空港を入力して「送出 Submit」を押せば、事前登録は完了です。特に難しい手続きではないですし、台湾に着いてID有効化すればすぐにWiFiを利用できるので、事前登録しておくことをおすすめします。

台湾の空港IDの有効化を行う

台湾に到着したら、空港内のツーリストサービスセンター(旅客服務中心)でID有効化を行う必要があります。まず、ツーリストサービスセンターのカウンターでWiFiを利用したい旨を伝えましょう。(WiFi、iTaiwanだけでも通じるかと思いますし、日本語がわかるスタッフがいることも)パスポートを提示して少し待てば、登録完了です。スタッフの方が説明してくれるかと思いますが、パスポート番号がログインID、生年月日がパスワードとなりますので、大切に取り扱いましょう。

iTaiwanの使用方法

iTaiwanのホットスポットのマークがあるところ付近で、お手持ちの端末のWiFiをONにしましょう。選択画面の一覧にiTaiwanが出てきますので、それを選択します。ログイン画面が表示されますので、パスポート番号とパスワードを入力しiTaiwanを選択します。その下の「記住我」にチェックを入れると、それ以降iTaiwanを使う時にIDやパスワードを入力する必要がなくなります。必要な方はチェックを入れてください。そして、「登入」を押せばログイン完了です。「開始上網」をクリックすれば、インターネットが使用できます。なお、ログインしてから15分以上使用していない場合、連続利用時間が4時間に達した場合、WiFiは自動的に切断されます。また使いたい時は、再度ログインしましょう。

iTaiwanの有効期限

登録の際に使用日数(30日・60日・90日)を選択する欄があるかと思いますが、使用日数=有効期限というわけではないようです。ただし、一定期間以上使用していないと再度登録し直す必要がある可能性があります。前回の登録・使用から1~2年経っていて、また使いたいという場合は、公式サイトに接続して再度事前登録ができるかどうか確認してみましょう。

iTaiwanの通信速度

iTaiwanの通信速度は、上り・下りともに0.6Mbps程度です。(接続場所や利用時間帯、ホットスポットの混雑状況にも左右される可能性があります)メールなどの送受信、LINEやMessengerなどのアプリの利用にはほぼ支障はないでしょう。

台湾全土にあるiTaiwanの主なホットスポット

iTaiwanは台北はもちろんのこと、桃園・台中・台南・高雄など台湾全土に5,000箇所ものホットスポットを有しています。台北市内では図書館・病院・銀行・郵便局・公共施設・博物館などに設置されています。公式サイトではホットスポットの検索が可能です(https://itaiwan.gov.tw/hotspotQuery.php)。

iTaiwanのセキュリティは大丈夫?

iTaiwanは利用登録をすればパスワードを入力することなく誰でもWiFiに接続できます。そのため、セキュリティに関しては不安がないとは言い切れません。iTaiwanに限らず、台湾ではパスワード入力不要で利用できるWiFiが多くなっています。不安な方は、お手持ちの端末にはセキュリティソフトなどを入れ、対策を取っておくことをおすすめします。

台湾のコンビニで使えるフリーWiFi

7-WiFi(台湾のセブンイレブンの無料WiFiサービス)

日本のセブンイレブンだとテーブルなどが設置されている店舗はとても少ないかと思います。しかし、台湾では多くの店舗でテーブルとイスが設置されており、たくさんの人が食事を摂ったりコーヒーブレイクをとったりと長居している様子が見られます。これは、淹れたてのコーヒーが楽しめること、そして7-WiFi無線上網というフリーWiFiサービスがあることも理由の一つだと言えるでしょう。このフリーWiFiサービスは、日本人でも利用が可能です。セブンイレブンは台湾各地に約4,800店舗あり、特に台北では見つけるのも難しくないはず。台湾旅行中、「ちょっとネットで情報を集めたい」ということもあるかと思いますが、そんな時にも便利です。

出国前にできる7WiFiの登録方法

台湾に行く前に事前登録をしておけば、「使いたい!」と思った時にセブンイレブンに行けばすぐ使えます。まず、7-WiFiの公式ホームページ(http://www.7-11.com.tw/event/127wifi/)にアクセスします。「免費註冊」をクリックし、利用規約が出て来るのでそれに同意して確定送出をクリックします。そして、「帳號(ID)」の欄に日本の国番号81、続けて最初の0を除いた日本の携帯電話番号を入力します。(例:070-1234-5678なら、817012345678)そして姓名(氏名)・E-mail・密碼(パスワード・英数字6文字以上)・確認密碼(確認のためパスワード再入力)を入力します。確定送出をクリックすると、「驗證碼(認証コード)」を入力する画面が出てきます。7-WiFiから先ほど入力した携帯電話番号宛にSMSが届くので、その中にある6桁の数字を入力し、「完成註冊」をクリックすれば完了です。なお、認証コードの入力は、その画面が出てから10分以内に入力してください。

7WiFiの接続方法

お手持ちの端末のWiFi選択画面から7-WiFiのSSIDを選択します。しばらくするとログイン画面が出てきますので、「選擇登入身份」は7-WiFi一般用戸を選択、IDとパスワードを入力してください。「上網登入」をクリックすれば、WiFiへの接続は完了です。

7WiFiには使用回数・時間制限がある

セブンイレブンでのWiFi利用は、1回30分・1日3回までが上限となっています。30分経つと自動的に切断されるので、引き続き利用したい場合は再度ログインする必要があります。計1時間半インターネットができますから、情報収集やメールの返信、ネットサーフィンには十分ではないでしょうか。「それ以上利用するかも」という場合は、他の無料WiFiの利用登録もしておくと良いでしょう。

7WiFiのセキュリティは大丈夫?

登録制でログイン時にパスワードを入力するようになっているので、パスワード設定がないWiFiより安心できると言えるでしょう。しかし、どんなインターネットでも100%安全だとは言い切れません。不安な方は、あらかじめ端末にセキュリティソフトを入れておいたりするなどしておくようにしましょう。

ファミリーマート(店内だけでなく店頭でも利用できる全家WiFi)

ファミマWiFiの接続方法

台湾のファミリーマート(全家)では、Fami-WiFi無線上網というフリーWiFiサービスが提供されています。まず、ファミリーマート店内にあるFamiPort端末を探します。WiFiを使うためには、会員登録をする必要がありますので、まずはその作業です。FamiPort端末のトップページにある「會員」を押し、更にFamiPort會員を選択します。利用規約が出てきますので、□にチェックを入れ、「同意」を押します。次に「加入會員」を選択、英数字3-16文字以内で好きなIDを入力し、「確認」を押します。次にログインの際のパスワードとなる誕生日を例に従って入力し、「確認」を押します。更に電話番号、E-mailを入力し、最後に「確認」を押せば会員登録は完了です。登録が終わったら、再びFamiPort端末で「會員」を選択します。そして「Fami-Wifi 體驗」、「登入會員(登録したID・パスワードを入力)」、「選擇列印分數(3枚までの必要な枚数を選択)」と進んで「列印」を押します。すると、下からWiFiのIDとパスワードが書かれたレシートのような紙が出てきます。帳號はID、密碼はパスワードです。お手持ちの端末のWiFi選択画面でファミリーマートのSSIDが出てくるかと思いますので、それを選択して、紙に書かれているID・パスワードを入力すればOK。

ファミマWiFiには使用回数・時間制限がある

7WiFiの上限同様、1回30分・1日3回までとなっています。FamiPortでID・パスワードを発行する時には、上限の3枚(3回分)まで発行することができます。最初に3回分発行しておけば、後でまたFamiPortの操作をする必要が省けますよね。「上限まで使う!」という方は、この方法をおすすめします。

ファミマWiFiのセキュリティは大丈夫?

セキュリティに関しては、きちんと保護されているかと思いますが、7WiFiと同様100%安全とは言えません。セキュリティソフトをインストールしておく、怪しいサイトには接続しないなど、普段インターネットを使う時の最低限の注意はしておくようにしましょう。

台湾のカフェやファストフード店で使えるフリーWiFi

コーヒーチェーン店の「Mr.Brown Coffee(伯朗珈琲館)」の店内で拾える無料WiFiは、登録不要のサービス。 街歩きの際、休憩がてら立ち寄ってインターネットにアクセスできるので旅行中重宝するお店ですよ。 一部の席ではコンセントが使用できます。 Mr.Brown Coffeeの店舗は主要ターミナル駅の中などで見つけることができるので、旅行者であっても探しやすいのではないでしょうか。 なお、余談ですがMr.Brown Coffeeのコーヒーはかなり甘め。 普段ノンシュガー派の方は注意が必要ですね。旅の思い出に立ち寄ってみてはどうでしょう。

スターバックス (WiFiは台湾の電話番号が必要なので注意!)

台湾のスターバックスコーヒー(星巴克)では、2014年10月からフリーWiFiサービスを提供しています。ただし、利用には台湾の電話番号が必要となります。もし長期滞在などでSIMカードを購入した方は、試してみてくださいね。

マクドナルド (WiFiは台湾の電話番号が必要なので注意!)

マクドナルドではWLANというWiFiサービスが提供されています。しかし、こちらもスターバックス同様、利用には台湾の電話番号が必要となります。長期滞在などで台湾に長くいらっしゃる予定で、中華電信のプリペイドカードを購入した方は試してみてください。

ダンテコーヒーの無料WiFi(約130店舗)

台湾全土に約130店舗あるコーヒーチェーン店・ダンテコーヒー(丹堤咖啡)でも、フリーWiFiが利用できます。まずお手持ちの端末のWiFi選択画面でダンテコーヒーのSSIDを選択します。自動的にブラウザが立ち上がるかと思いますので、ブラウザの「免費無線上網」を選択します。次に「申請試用卡號」を選択、番号が表示されるのでその番号をコピーし、「登入」をクリックします。次に「丹堤e卡卡號」の欄に、先ほどコピーした番号を入力して「登入」をクリックすれば、WiFiに接続完了です。1回につき20分利用可能です。

台湾の個人経営のカフェのフリーWiFi

台湾にはオシャレなカフェも多く存在します。美味しいコーヒーを飲みながらネットを楽しめたら最高ですよね。台湾の個人経営のカフェでは、フリーWiFiが利用可能なところがとても多いです。パスワードを設定しているところも多いですが、テーブルの上に案内があったり、メニューボードの目立つところなどに書いてあります。見つけるのは難しくないかと思いますが、もし見つからなければスタッフに声をかけてみましょう。

桃園空港・松山空港の無料WiFi

台湾の玄関口、桃園国際空港松山空港。 日本からの旅行者はほぼほぼこちらの空港に降り立ちます。 空港に着いたらひとまずインターネットをチェックしたいですよね。 【Taipei Free】【itaiwan】は空港内で登録ができる無料WiFiサービスですが、それとは別に空港内で拾える独自のWiFiサービスもあります。 「Airport Free Wi-Fi」はアカウント登録なしで使用できるWiFi。 ただ、空港内は四六時中混みあっているので通信速度に関しては期待できません。

気になる台湾の有料WiFi情報

台湾は無料WiFi環境が整っているので、ホテルのWiFiと街中のフリーWiFiだけで支障がないのも事実。 ただ、ビジネスマンの方など常にどこにいても安定したインターネット環境にいたい方には無料WiFiだけでは物足りないでしょう。 そんな方にはWiFiルーターのレンタルがおすすめです。 松山空港や桃園空港では現地の「iVideo」という会社のWiFiをレンタルすることができます。 1日当たりの使用料も300円ほどとリーズナブル。 また、現地でレンタルするのに比べて割高にはなりますが、日本からレンタルWiFiを持参する手もあります。

WiFiスポットと台湾用レンタルWiFiを使いこなして台湾を楽しもう!

台湾の無料WiFiスポットについて紹介しましたが、いかがでしたか? 台湾はWiFi先進国、日本のものとは比べ物にならないくらいフリーWiFi環境が整っています。 日本人観光客が泊まるようなランクのホテルは基本的に無料WiFi完備。 また、ホテルから出ても街中でインターネットができる環境が充実しているので、旅行者にとって心強いですよね。 台湾の行政が提供している無料WiFiサービスは、事前に日本でインターネットから登録できます。 もちろん現地に着いてからの手続きも可能ですが、時間と手間がもったいないのでインターネット登録が断然おすすめ。 台北市内から出る予定のない方は最低限「Taipei Free」の登録を。 台北以外の地域に滞在予定の方は「itaiwan」を登録しておきましょう。 「iTaiwan」のIDがあれば他の三つの市(台北市・新北市・台南市)が運営するサービスもアクセス可能になります。 最後に、台湾国内のWiFiサービスを利用する際の注意点についてです。 無線LANサービスはスポットの近くで止まっている時に使用しましょう。 歩きながら使用した場合、通信が切れてしまいます。 また、多くの人が使用するものなので、通信も混み合っていて速度が遅い点も留意してください。 なお、公共の無料WiFiはオンラインのゲームアプリの利用やアダルトサイトの閲覧が制限されている場合が多いです。 以上のことが気になる方は、WiFiルーターを日本から持参するのがいいでしょう。 スカイチケットなら、台湾のレンタルWiFiルーター比較が簡単にできますよ。