台湾のWiFi事情と無料フリーWiFiスポットについて

日本から飛行機でわずか数時間、台湾は毎年多くの日本人が訪れる海外旅行先ですよね。 そんな台湾は日本に比べて、全国的にインターネットにアクセスしやすい環境が整っています。 特に台北市内は随所にフリーWiFiスポットがあるため、国外からの観光客もWiFiアクセスしやすいんですよ。 そこでこのページでは台湾の無料WiFiサービスの有名どころをいくつか紹介します。 これから紹介するWiFi情報【Taipei Free】【itaiwan】【セブンイレブン】【ミスターブラウンコーヒー】【桃山空港・松山空港】を押さえておけば、現地に着いてからあたふたしませんよ。 「Taipei Free」に「itaiwan」、セブンイレブンの「7-WiFi」は渡航前に日本で事前登録を済ましておけば、台湾到着後すぐに街に繰り出せますよ(※「itaiwan」は空港でパスポートの提示が必要)。現地のWiFiだけでは、不安という方には台湾用レンタルWiFiがおすすめ。無料WiFiとフル活用させて、台湾をめいっぱい楽しみましょう!

台北で無料WiFiならコレ!「Taipei Free WiFi」

Taipei Free WiFi(台北の無料WiFiサービス)とは?

まず、旅行や出張等で台北市内に行く人にマストで登録してもらいたいのが「Taipei Free WiFi」です。 「Taipei Free WiFi」とは、台北市が提供する公共無線LANのサービスのこと。 台北市内を走るMRT(都市鉄道)の駅改札付近をはじめ、公園に夜市、住宅地など市内に4500以上ものスポットが点在しています。 松山空港や台北駅、MRTのターミナル駅、観光インフォメーションセンターなどで登録申請ができます。 また、インターネットでの登録も可能。 Taipei Free WiFiのサイトは日本語での案内もあります。

Taipei Free WiFiの登録と接続方法

インターネットでの登録はそう難しくありません。 まずはトップページ上にある「無料アカウント申請」をクリック。 その後、国選択をして、国番号と携帯番号を入力しましょう。 携帯番号を入力する際、最初の「0」を抜いてください。 「090-〇〇〇〇-△△△△」という番号の場合、「90〇〇〇〇△△△△」になります。 次にパスワードとメールアドレスの登録を。 規定に同意をすると、登録した携帯番号に認証コードが届きます(SMS)。 認証コードを記入欄に入力すれば、登録完了となります。 台湾到着後、ログイン画面で登録した電話番号(ユーザーID)とパスワードを入力すれば、Taipei Freeのスポットでインターネットに接続可能です。

台北や桃園空港など台湾全土で無料WiFiなら「iTaiwan」

台湾の空港で登録申請可能!外国人旅行者向けWiFi「iTaiwan」

iTaiwan」は外国人旅行者向けの無料WiFiサービスです。 台湾全土で利用可能なので台北以外の地域にも足を運ぶ予定のある方は、「Taipei Free」だけでなくこちらも合わせて登録をしておきましょう。 登録申請を済ますことで、台湾全土の公共施設(郵便局や図書館など)でWiFiに接続できます。 登録方法は二つあります。 一つ目は現地で登録・申請する方法。 台湾到着後に桃園国際空港や高雄国際空港、松山空港内のサービスカウンターにパスポートを提示、「iTaiwan」を使いたい旨を伝えて手続きをします。 ふたつ目は、事前にインターネットで登録申請する方法。 事前登録が済んだら、台湾到着後に空港のサービスカウンターでパスポートを提示して本登録完了になります。 事前に登録しておくことで、空港での手続きがグッと短縮して早く街に繰り出せますよ。

iTaiwanの接続方法

空港や台北駅で登録申請を済ませたら、ログイン手続きに。 スマホやタブレット端末のWiFiをオンにして、スポット名の一覧から「iTaiwan」をタップして接続します。 そうすると「iTaiwan」のプラウザが立ち上がるので、必要事項を入力しましょう。 「請輸入手機號碼或(パスポート番号)」、「請輸入無線上網密碼(パスワード)」を入力して、「iTaiwan」と「記住我」にチェックを入れたら、「登入」をタップ。 「無線上網認證成功!」の画面が出てき後、「開始上網」をタップしたらWiFiに接続できます。 なお、パスワードは生年月日になっているので、2000年1月1日生まれの方は8桁の数字(20000101)を入力します。 また、この「iTaiwan」のIDは台北市の「Taipei Free」、新北市の「New Taipei」、台南市の「Tainan-Wifi」というサービスでも利用可能。 台湾の各地を回る予定の方も、場所を移動するごとに再度登録申請をする必要がないのがいいですね。

超絶便利!台湾の無料WiFiスポット「セブンイレブン」

7-WiFi(台湾のセブンイレブンの無料WiFiサービス)

台湾全土におよそ4800もの店舗を構えるのが、日本でもお馴染みのセブンイレブン。 台湾のセブンイレブンは便利なフリーWiFiスポットとしてもニーズがあるんですよ。 電話番号があるスマホのユーザーであれば、セブンイレブンの無料Wi-Fiサービス「7-WiFi」を利用できます。 台湾の電話番号以外(つまり日本の電話番号)でも事前にユーザー登録を行うことで、「7-WiFi」の利用が可能になります。

台湾セブンイレブンのwifi登録&設定方法

ホームページの登録案内は中国語で書かれています。 氏名やメールアドレス等を入力する必要がありますが、数分あれば登録できるでしょう。 なお、このWiFiサービスには使用できるのが1日3回90分までという制限があります。 長時間居座ってのインターネット使用には適しませんが、買い物ついでにサクッと情報収集やマップアプリを確認するには何の不備もありませんよ。

おすすめ無料WiFiスポット【Mr.Brown Coffee(伯朗珈琲館)】でひと休み

コーヒーチェーン店の「Mr.Brown Coffee(伯朗珈琲館)」の店内で拾える無料WiFiは、登録不要のサービス。 街歩きの際、休憩がてら立ち寄ってインターネットにアクセスできるので旅行中重宝するお店ですよ。 一部の席ではコンセントが使用できます。 Mr.Brown Coffeeの店舗は主要ターミナル駅の中などで見つけることができるので、旅行者であっても探しやすいのではないでしょうか。 なお、余談ですがMr.Brown Coffeeのコーヒーはかなり甘め。 普段ノンシュガー派の方は注意が必要ですね。旅の思い出に立ち寄ってみてはどうでしょう。

桃園空港・松山空港の無料WiFi

台湾の玄関口、桃園国際空港松山空港。 日本からの旅行者はほぼほぼこちらの空港に降り立ちます。 空港に着いたらひとまずインターネットをチェックしたいですよね。 【Taipei Free】【itaiwan】は空港内で登録ができる無料WiFiサービスですが、それとは別に空港内で拾える独自のWiFiサービスもあります。 「Airport Free Wi-Fi」はアカウント登録なしで使用できるWiFi。 ただ、空港内は四六時中混みあっているので通信速度に関しては期待できません。

気になる台湾の有料WiFi情報

台湾は無料WiFi環境が整っているので、ホテルのWiFiと街中のフリーWiFiだけで支障がないのも事実。 ただ、ビジネスマンの方など常にどこにいても安定したインターネット環境にいたい方には無料WiFiだけでは物足りないでしょう。 そんな方にはWiFiルーターのレンタルがおすすめです。 松山空港や桃園空港では現地の「iVideo」という会社のWiFiをレンタルすることができます。 1日当たりの使用料も300円ほどとリーズナブル。 また、現地でレンタルするのに比べて割高にはなりますが、日本からレンタルWiFiを持参する手もあります。

WiFiスポットをフル活用して台湾を楽しもう!

台湾の無料WiFiスポットについて紹介しましたが、いかがでしたか? 台湾はWiFi先進国、日本のものとは比べ物にならないくらいフリーWiFi環境が整っています。 日本人観光客が泊まるようなランクのホテルは基本的に無料WiFi完備。 また、ホテルから出ても街中でインターネットができる環境が充実しているので、旅行者にとって心強いですよね。 台湾の行政が提供している無料WiFiサービスは、事前に日本でインターネットから登録できます。 もちろん現地に着いてからの手続きも可能ですが、時間と手間がもったいないのでインターネット登録が断然おすすめ。 台北市内から出る予定のない方は最低限「Taipei Free」の登録を。 台北以外の地域に滞在予定の方は「itaiwan」を登録しておきましょう。 「iTaiwan」のIDがあれば他の三つの市(台北市・新北市・台南市)が運営するサービスもアクセス可能になります。 最後に、台湾国内のWiFiサービスを利用する際の注意点についてです。 無線LANサービスはスポットの近くで止まっている時に使用しましょう。 歩きながら使用した場合、通信が切れてしまいます。 また、多くの人が使用するものなので、通信も混み合っていて速度が遅い点も留意してください。 なお、公共の無料WiFiはオンラインのゲームアプリの利用やアダルトサイトの閲覧が制限されている場合が多いです。 以上のことが気になる方は、WiFiルーターを日本から持参するのがいいでしょう。 スカイチケットなら、台湾のレンタWiFiルーター比較が簡単にできますよ。