大間港発着のフェリー・船旅を予約する

大間港はマグロの一本釣りで有名な青森県の下北半島にある漁業中心の港です。本州最北端の港からは、津軽海峡を挟んだ対岸にある函館港まで津軽海峡フェリーが定期便を運行中。青森港に比べて北に位置するため函館港へ最短で渡ることが可能で、トラックなどの利用が多いのも大間港の特徴です。綺麗に整備された待合室には青森土産が所狭しと並んでおり、観光土産を購入するにもおすすめ。午前午後と毎日2便が運行しているので、旅行プランに合わせて乗船することもできますよ。青森方面から函館へ行くなら大間港を利用するのも観光客に人気。インターネットなどで予約状況をチェックして、好みの便に乗船してみませんか。

大間港について

青森県最北端にあり、最短時間で函館港とを結ぶフェリーが就航している大間港。マイカーで北海道へ出向く旅客やツーリング客などで夏場は混雑するほどの賑わいを見せる港です。周辺には大間崎があり、津軽海峡フェリー大間ターミナルはドライブスポットとしても活用。漁港でもあることから地元の方からも親しまれていますよ。地方港湾でありながらフェリーの利用者は年間約10万人を数え地域経済も活性化。寒さが厳しい冬場も利用者の絶えない魅力的な港です。

大間港にあるフェリー会社とターミナル

津軽海峡フェリー 大間ターミナル
津軽海峡フェリー 大間ターミナル画像

本州最北端のフェリーターミナルである、津軽海峡フェリー 大間ターミナルは白を基調とした建物になっています。建物に入ると、大間らしいマグロのモニュメントが出迎えてくれます。待合室やインターネットブースの他に、大間ならではの食事が楽しめる食事処や青森県のお土産が買える売店もありますよ。こちらの売店ではマグログッズが豊富に用意されています。家族や友人へのお土産選びも楽しめるのではないでしょうか。

住所 青森県下北郡大間町大字大間字根田内10番地
電話番号 0175-37-3111
特徴
  • 年中無休
  • WiFi
  • 休憩スペース
  • お食事
  • お土産
  • 連絡バス
津軽海峡フェリー 大間ターミナルの詳細ページへ

大間港の近隣航路からフェリーを探す