最新版!東京観光の代名詞・浅草でおすすめする観光スポット13選

最新版!東京観光の代名詞・浅草でおすすめする観光スポット13選

浅草と言えば、今や東京を代表する観光地。仲見世通りや浅草寺など常に多くの人々で活気に満ちあふれています。その人気は日本国内だけにとどまらず、海外からも多くの観光客が訪れるほど。最近では浴衣を着て浅草観光するのが、カップルや女子友達の間で流行っています。今回は浅草に訪れたら立ち寄って欲しいおすすめの観光スポットを厳選しました。スカイツリーや上野といった東京の定番観光スポットも近くにあるので、観光プランも立てやすいですよ。

浅草をガッツリ楽しむなら浅草周辺のホテルがおすすめ!
▶古き良き東京の魅力満載!浅草周辺でおすすめのホテル10選

目次

[x] 閉じる

最新版!東京観光の代名詞・浅草でおすすめする観光スポット13選

1. 雷門

浅草の顔といっても過言ではない「雷門」。 「風神雷神門」という正式名称をもつこの門は、浅草寺の参道の入口に設けられています。朱色で塗られた門には雷門と書かれた巨大な赤い提灯が飾られ、その重さはなんと約700kg。遠目からも存在感のある雷門は、浅草観光屈指の撮影スポットとなっています。

さらに門の右側には風神像、左側には雷神像が配置されているので、観光時にはぜひ注目してみてください。また、夜にはライトアップが行われ、昼間とは異なる雰囲気の雷門が楽しめます。ライトアップのおかげで風神・雷神の表情も良く見えるので、この時間を狙って観光に訪れるのもおすすめですよ。

▶浅草で必訪の雷門と仲見世通りは東京下町のランドマーク!

2. 仲見世通り

雷門をくぐると、目の前に広がるのが「仲見世通り」です。日本で一番古いとされる商店街の一つで、宝蔵門まで続く全長約250mもの通りにはお土産店や雑貨店など、幅広いジャンルのお店が並んでいます。そしてグルメも欠かせません。行列ができる人気の高いきびだんごやジャンボメロンパン、暑い日におすすめのアイス最中や種類豊富なあげまんじゅうなど、食べ歩きにぴったりなグルメがたくさん揃っています。

出典: Richard, enjoy my life!

また、仲見世通りは日が暮れると早くに閉店してしまいますが、その後にも見どころがあるんです! お店が下ろしたシャッターにはなんと「浅草絵巻」が描かれています。シャッターを通して、浅草の歴史や季節ごとの行事が楽しめますよ。雷門と併せて、夜に浅草観光をするプランを立ててみてはいかがでしょうか?

3. 浅草寺

雷門から仲見世通りを進むと、「浅草寺(せんそうじ)」が見えてきます。年間約3000万人もの参拝客が訪れる、浅草および東京を代表する観光名所です。お寺の本尊が聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)であることから「浅草観音」とも呼ばれ、地元の方だけではなく国内外の観光客からも親しまれています。

境内には宝蔵門をはじめ、本堂や影向堂、伝法院などいくつもの見どころがありますが、中でも目を惹くのは五重塔。約53mもの高さを有する朱色の塔で、夜のライトアップ時にはさらに存在感を増しますよ!

ちなみに龍神が守護するといわれている土地のパワーと、人の活気によるパワーにあふれている浅草寺は、金運や人生成就の縁結び、心身疲労などにご利益があるとのこと。気になるお守りも雷避けのものや、龍の鱗を模したものなど浅草寺ならではの品々があるので要チェックです。

▶浅草を代表する観光名所・浅草寺で見て欲しいおすすめスポット!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

浅草でおすすめの記事

浅草のアクセスランキング