浅草で必訪の雷門と仲見世通りは東京下町のランドマーク!

画像出典:ジャバ / PIXTA(ピクスタ)

浅草で必訪の雷門と仲見世通りは東京下町のランドマーク!

GoToキャンペーンバナー

浅草は東京台東区にある大人気の観光エリアです。江戸時代から今も残る下町で、日本だけではなく世界中から観光客が連日押し寄せます。中でも日本最古の寺院と言われる浅草寺では、浅草のシンボルとしても知られる大提灯を擁する「雷門」や「仲見世通り」など、ここでしか味わえない情緒であふれています。今回はその雷門と仲見世通りについて紹介します。

目次

浅草で必訪の雷門と仲見世通りは東京下町のランドマーク!

目次を閉じる

1. 雷門とは?

出典: うっちー / PIXTA(ピクスタ)

雷門の正式名称は「風雷神門(ふうらいじんもん)」。門の左右に立つ2体の彫像、「雷神」と「風神」が由来です。何度も焼失と再建が繰り返され、現在の門は1960年に再建されました。

シンボルの「雷門」と書かれた大提灯は高さ3.9mもあり、1960年に松下電器の創業者・松下幸之助氏によって寄進されました。雷門の楽しみ方の定番と言えば、大提灯の下で記念写真撮影。大提灯の背面にある2体の風神像・雷神像の意匠も目を凝らして見てもらいたいところです。

2. 仲見世通りについて

出典: たっきー / PIXTA(ピクスタ)

仲見世通りは日本で最も歴史ある商店街です。雷門から浅草寺までの南北約300mの間に、約90軒ものお店がズラリと並んでいます。

和菓子や浅草寺がデザインされたグッズ、扇子や浴衣などを販売している品のジャンルも様々。雷おこしや人形焼き、おかきや煎餅といった浅草銘菓も出来立ての味で購入できます。少量から売ってくれるお店が多いので、食べ歩きにも便利です。じっくり浅草の味を楽しんでみてください。

他にも見ているだけでも面白い個性的なグッズも多々あり。とくに外国人観光客から大好評なんだとか。休日はたくさんの観光客があふれかえるので、よそ見をせず慎重に歩を進めてくださいね。

3. 仲見世通りの人気グルメ

出典: blackie0335 / PIXTA(ピクスタ)

浅草グルメでダントツの人気を誇るのが木村屋の「人形焼き」。職人さんが丁寧に一つずつ手焼きしている人形焼きは、時間がたっても美味しく味わえてお土産にもピッタリです。

他にも芋ようかんで有名な「舟和の芋ようかんソフトクリーム」や、江戸時代からの歴史ある味を再現した「浅草きびだんご あづま」、甘いもの以外にも肉汁したたる「浅草メンチ」が全部、ワンコイン以下で楽しめるのも魅力。たくさん食べれない方は友だちや家族とシェアしながら食べるのがおすすめです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

浅草でおすすめの記事

浅草のアクセスランキング