浅草名物は老舗の名店揃い!定番の美味しいお土産5選をご紹介!

画像出典:Zengame

浅草名物は老舗の名店揃い!定番の美味しいお土産5選をご紹介!

東京の中でも人気の観光地として知られている浅草は、毎日大勢の観光客で溢れています。浅草駅から浅草寺に続く仲見世通りには、美味しいお店がたくさん並んでいますよ。そこで今回は、浅草定番のお土産を紹介します。浅草らしい老舗の名店が揃っているので、お土産にすれば喜ばれること間違いなし。ぜひ浅草の名物を買いに行ってみてくださいね。

目次

[x] 閉じる

浅草名物は老舗の名店揃い!定番の美味しいお土産5選をご紹介!

1.舟和の芋ようかん

浅草のお土産といえば、必ずあげられるのが「舟和の芋ようかん」。舟和は1902年(明治35年)創業の浅草の老舗で、開店以来芋ようかんとあんこ玉は、浅草のお土産として人気です。

芋ようかんは、一本一本手で皮をむいた甘藷を砂糖と少量の塩で練った、自然の風味を生かした味わい。着色料や保存料、香料は一切使っていないので、素材本来の味を楽しめます。またあんこ玉は、1個まるまるあんこが入っている嬉しい逸品。透明な寒天で包まれた優しい味の和菓子です。小豆、白いんげん、抹茶、苺、みかん、珈琲の6つの味があり、箱に詰めると可愛らしいお土産ですよ。

舟和は本店のほか、仲見世通りや雷門通り、松屋浅草にも店舗があります。本店の2.3階は喫茶店になっているので、出来立ての味を堪能してくださいね。

2.木村屋の人形焼き

浅草にはたくさんの人形焼のお店がありますが、その中でも最も古い「木村屋本店」。明治元年の創業で、伝統の味を受け継いでいる老舗です。浅草の名所にちなんで初代店主が考えた五重の塔や雷様、提灯や鳩の四つの型は、今でもお土産として大人気なんですよ。

ほっこりとした懐かしい味は、いくらでも食べられるくらい絶品。あん入りとあん無しがあるので、お好みに合わせて選べるのもいいですね。また、縁日のように、出来立ての人形焼きをすぐに食べることも可能です。場所は仲見世通りを進み浅草寺の手前、右側にあります。

3.梅園のあんみつ

「梅園」は1854年(安政元年)、浅草寺の別院・梅園院の中に開いた茶屋が始まりの名店です。あわぜんざいで有名になり、以来160年以上も浅草名物として親しまれています。梅園のあわぜんざいは、あわではなく餅きびを使ったもの。じっくりと炊いたこしあんを合わせた贅沢な逸品です。

あわぜんざいは、喫茶店でしかいただけないため、お土産にはあんみつや小倉白玉、豆かんなどをどうぞ。喫茶店は休日になると混雑することもあるので、注意しましょう。どら焼や栗きんとん、どら焼やきんつばなど懐かしい和菓子も揃っています。甘党の方に特におすすめしたいお土産です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

浅草でおすすめの記事

浅草のアクセスランキング