1. トップ
  2. アメリカ/カナダ
  3. アメリカ

アメリカ行き国際線航空券を比較・検索

アメリカ旅行へ行く前に確認するポイント

正式名称アメリカ合衆国
人口約3億1900万人
首都ワシントン特別行政区
国コードUS
言語英語
国番号(電話用)1

アメリカ発の航空券情報はこちら

アメリカまでは飛行機でおよそ10~12時間で行くことができます。アメリカの気候や通貨、宗教、マナーなどを確認して快適なアメリカ旅行を楽しみましょう。


アメリカは日本から北東に位置しており、北アメリカ大陸に位置します。北はカナダ、南はメキシコと接しています。「人種のるつぼ」と評されるニューヨークや、カジノの街として知られているラスベガス、飛び地としてハワイやアラスカなどを有しています。アメリカは世界経済の中心地とも言われます。

アメリカ行き国際線航空券の最安値を比較

  • 東京 (羽田空港)発
  • 東京 (成田空港)発
  • 大阪 (関西国際空港)発
  • 札幌 (新千歳空港)発
  • 名古屋 (中部国際空港)発
  • 福岡 (福岡空港)発

※クリックすると検索結果が表示されます。

日本からアメリカへの渡航について

直行便と飛行時間

成田から5都市に直行便が就航しており、成田からロサンゼルスまで約10時間、ヒューストンまで約12時間、シカゴ(中西部)まで約11時間30分、アトランタまで約12時間30分、ニューヨークまでは約13時間になります。

日本との時差

アメリカは東西に国土が広いため、地域間の時差があります。ニューヨーク、ワシントンがある東地域は-14時間(日本が2月8日正午の時は、ニューヨークとワシントンは7日夜10時)、シカゴがある地域は-15時間(日本が2月8日正午の時は、7日夜9時)、デンバーがある地域は-16時間(日本が2月8日正午の時は、7日夜8時)、ロサンゼルスやサンフランシスコがある西海岸地域は-17時間(日本が2月8日正午の時は、7日夜7時)となります。アメリカはサマータイムを導入しています。

アメリカにおけるビザ・入国手続きについて

アメリカの気候について

アメリカは国土が広大なため、様々な気候が存在しています。ロサンゼルス等の西海岸は温暖な気候が特徴で1年を通して大雨が降る事はほとんどありません。ラスベガスなどの西内陸に入ると気温は高く推移し、40℃を超える日も少なくありません。また、ニューヨークなど、東部は寒暖差があり、夏は蒸し暑くなりますが、冬は冷え込みます。特に冬の平均気温は0℃から-10℃とかなり寒く、大雪となることもあります。なおハワイにおいては夏(4月から9月)の乾季と、冬(10月から3月)の雨季があり気温もさほど変動しません。

アメリカの免税について

必要最低払い戻し購入額
VAT税率
払い戻し率
税関スタンプ受領期限
免税書類申請期限
免税条件
必要な税関スタンプ
特記事項

アメリカの通貨とチップ

通貨について

使用されている通貨はドルとセントです。日本では米ドルとも呼ばれています。紙幣は1,5,10,20,50,100ドル、硬貨は1,5,10,25,50,100セントの6種類です。

チップについて

サービス(レストラン、タクシー、ホテルなど)を受けた際のチップはアメリカにおいても慣習となっています。金額は決まっていませんが、目安としては15%~20%ぐらいです。レストランなどの施設では、お会計にサービス料が含まれている場合があります。お釣りの一部を渡してあげると良いでしょう。ホテルの場合、グレードにもよりますが、清掃員に対して約1~5ドルのチップが相場となっています。また、部屋の種類によって決めることもあります。

旅のお役立ち情報

93

アメリカの電圧とコンセント

電圧は120VのAタイプのプラグです。日本の電化製品の場合、ものによっては変圧器が必要が必要になります。特に各種充電器やドライヤーなどは加熱する場合があるので連続して使わないなどの配慮が必要です。

アメリカのネット環境

アメリカのネット環境

インターネットの普及は日本よりも発達しています。公共施設はもちろん、フリーで利用できるWi-Fiも多いのでネット環境には困らないでしょう。心配な方は海外でも使用できるポケットWi-Fiなどを用意すると良いです。

アメリカの飲料水

アメリカの飲料水

水道水を飲む事もできますが、ミネラルウォーターの購入をお勧めします。ホテルの売店、スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどで販売しています。

文化・宗教・マナーについて

アメリカの文化

アメリカは移民国家の為、様々な人種が共存しています。その影響もありフレンドリーに接する傾向があります。またアメリカ人には無神論者がほとんどおらず、文化の中に宗教の影響がうかがえます。飲酒は21歳から。お酒を公共の場で飲むことは禁じられています。

アメリカの宗教

キリスト教が主流となり宗派はプロテスタント、カトリックが多くを占めます。またユダヤ教、イスラム教も少数ですが存在します。

アメリカのマナー

アメリカはいくつかのマナーがあります。チップの習慣がありますので、サービスをしてもらったら必ず渡しましょう。食事の際、日本では食器を持って食べますがアメリカでは食器を置いて食べるのがマナーとされています。ナイフ・フォーク使用時のマナーは、ナイフで切ったあとナイフを置き、右手にフォークを持ち替え食べてください。また、女性の為にドアを開けたり、荷物を持ってあげたりする「レディファースト」の考えがあります。

アメリカの食文化

アメリカの料理では、ハンバーガー、ステーキ、ホットドッグなどのジャンクフードを主食となります。基本的に日本のものと比べると倍ほどの量があります。 ホットドックは町中にあるフードスタンドやガソリンスタンドでも食べる事ができ、ポピュラーな食べ物といえます。 アメリカのステーキは大きく、ぶ厚い肉が特徴。種類としては、ヒレ、サーロイン、リブなどが一般的です。片側にヒレ、もう一方にロースが付いた、「T-ボーンステーキ」などが有名です。

アメリカの主要観光地と世界遺産

アメリカの主要観光地

アメリカの主要観光地は、グランドキャニオンやイエロー・ストーン国立公園などの自然遺産のみならず、ラスベガスやウォルト・ディズニー・ワールドなど、エンターテイメントに関するものも充実しております。アメリカ主要都市(ロサンゼルス、サンフランシスコ、ラスベガス、ワシントンDC、ニューヨーク、オーランド)には年齢にかかわらず楽しめる多くの観光地が存在します。

アメリカの世界遺産

アメリカの世界遺産は22ヶ所が存在し、そのうち文化遺産9ヶ所、自然遺産12ヶ所、複合遺産1ヶ所となっています。移民国家であるが故に文化的遺産よりも自然遺産が多く存在しています。自然遺産では、世界で始めて登録されたイエロー・ストーン国立公園 をはじめ、グランドキャニオン国立公園、エバーグレーズ国立公園、レッドウッド国立公園、ヨセミテ国立公園などがあります。文化遺産では、メサ・ヴェルデ国立公園をはじめ独立記念館、自由の女神像等があります。ハワイではハワイ火山国立公園が有名です。国土が広いため様々な世界遺産が登録されているアメリカです。

アメリカのお土産について

アメリカのお土産と言えばオーガニックコスメ、サーフボードワックス、ロックンロール・グッズ、エコバック等があげられます。中でもアメリカのスーパーマーケット、トレーダー・ジョーズのオリジナル・エコバッグは地元民の方でも人気の商品です。