海外WiFiルーターのレンタル料金の特徴まとめ

海外WiFiレンタルを利用するとき、1番気になるのは料金ですよね。 スマートフォンやパソコンに関わることなので、手続きや料金システムが難しくややこしいのでは?と思われがちです。 このイメージからレンタルを諦めて、日本の通信会社の高額な海外プランに入ろうとしている方も多いのではないでしょうか。 実はそんな海外WiFiレンタル、日本の携帯電話キャリアの海外プランよりもずっとリーズナブルなんです。 そこで今回は、海外WiFiレンタルの料金と種類について詳しくご紹介します。 レンタルに必要な料金の詳しい内容や算出方法を理解して、予算に近い海外WiFiをレンタルしましょう!

海外WiFiレンタルにおいてかかる料金の種類

必ずかかる料金は「ルーター本体費」「データ通信費」「受取返却費」

WiFiレンタルにかかる料金は三種類あります。 「ルーター本体費」と「データ通信費」、そして「受取返却費」です。 普段聞きなれない名前ですので、これから一つづつ説明していきますね。

「ルーター本体費」とは、レンタルWiFiルーターの本体の料金のこと。 端末を借りるので本体に料金がかかるのは納得ですよね。 「データ通信費」とは、ルーターを経由してインターネットを使ったデータ量にかかる料金のこと。 データ通信費は、どのWiFiブランドも定額料金になっています。 レンタルWiFiを使用してンターネットを使った・使っていないに関わらず、必ず支払う料金です。 そして「受取返却費」とは、空港や郵送で受取返却を行う際に支払う手数料のこと。 WiFiを貸し出すブランドは空港に受取返却専用の店舗を設けていたり、 郵送でルーターを届けたりするので、基本的に受取返却には料金がかかってきます。

スカイチケットからの申込限定でWiFiの 「データ通信費」と「受取返却費」が無料に

3つも料金がかかると、レンタルWiFiって高いんじゃないの? そう思う方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、スカイチケットでは海外WiFiの格安レンタルをお約束。 「ルーター本体費」は全てのWiFiブランドで無料に。 また、ブランドにもよりますが「受取返却費」もスカイチケットからのご予約で無料になります。 もともと0円というブランドもありますが、スカイチケットから申し込むとお得なのは間違いありません。

WiFiレンタル事情によって「延滞費」と「キャンセル代」も必要に

海外WiFiレンタルを利用するときに注意しておきたいのが、キャンセルと延滞。 どちらもペナルティとして、料金が発生します。 期日を守っていれば支払う必要のない料金ですが、念のために確認しておきましょう。 「キャンセル料金」は、キャンセル可能な期間を過ぎてからキャンセルをした場合に発生。 また、予約をした日がすでにキャンセル期限を過ぎている、という場合もあります。 直前のレンタル申込は、本当に海外WiFiが必要なのかどうかをよく考えてから申込みしましょう。 そして、もう1つ気を付けたいのは「延滞料金」。 各ブランドが指定する返却日までに、レンタル商品を返せなかった場合に発生する料金です。 宅配返却では、指定期日までの消印有効なのか・期日までに必着なのか、ブランドによって異なるため、事前によく確認しておき、延滞を回避しましょう。 また、返し忘れた・帰国日が変更したなど、返却日が変更する場合はすぐにレンタル会社へ連絡しましょう。

基本的な海外WiFiレンタル料金の算出方法

レンタルWiFiを利用しない日数分のレンタル料金は0円、というのは×!

レンタルWiFiを利用してデータ通信をしなければ料金がかからない、と考えている方も多いですが、実は誤った認識です。 それは知らなかったという方も、すでに知っているという方も、WiFiレンタルの料金システムについて今一度確認してみましょう。

1日あたりのWiFiレンタル料金の算出方法

1日あたりのレンタル料金の算出方法は、「ルーター本体費」+「データ通信費」。 前述しましたが、「ルーター本体費」はどのブランドも0円。 支払う必要があるのは「データ通信費」です。 「データ通信費」は定額制で、ブランドや利用国により価格帯は様々。 予約サイトやHPで記載された1日あたりの料金は、この「ルーター本体費」+「データ通信費」の合計料金です。 合計料金といっても「ルーター本体費」は0円なので、「データ通信料金」が掲載されていると考えて良いでしょう。 上の画像の台湾データを参考にすると、1日あたりのレンタル料金は690円。 690円以外に1日ごとに加算される料金は、安心補償やモバイルバッテリーなどのオプションをプラスしない限りありません。 この料金が安ければ、手数料など全てを合わせた合計料金も安くなりやすいです。 料金比較をするときは、この1日あたりのレンタル料金に注目してみてくださいね。 なお、スカイチケットでは1日あたりのレンタル料金を一括検索できるので、ぜひご利用ください。

合計金額は「レンタル料金×台数×日数」で算出

WiFiレンタルの合計金額算出方法は、「レンタル料金(本体費+通信費+受取返却費+オプション)×台数×日数」。 現地での通信の有無に関わらず、レンタルしている日数で決まるという点が重要なポイント。 例えば、滞在期間は2週間だけど最初の1週間だけ使いたい、というレンタル方法は現地カウンターがない限りできないので注意が必要です。

台数は使う人数と用途、日数は出国~帰国までの日数で決定

算出方法は「レンタル料金×台数×日数」ですが、台数と日数はどのように決めれば良いのでしょうか? まず、台数は利用人数や接続台数、利用用途で決めていきます。 ルーターによって、同時に10台繋げられるものもあれば、1台しか繋げられないというものもあります。 複数人・複数台でWiFiを使うなら、同時接続台数という項目に注目してレンタルするのがおすすめ。 また、WiFiの電波は遠く離れすぎたり、厚い壁があると届きにくいと言われています。 ホテルの部屋が別々になる場合や、別行動の予定があれば2台以上のルーターをレンタルしたほうが無難。 また、どんな用途でどれくらいの頻度で使うのか、シェアをしてもデータ容量が足りるのかどうかを考えて選ぶのもポイントです。 海外レンタルWiFiでは、1日のデータ容量が決まっているプランが大半を占めます。 データ容量については、「海外レンタルWiFiルーターの速度(3G・4G)や容量(MB・GB)の違いを徹底比較!」をご覧ください! そして、日数は出発日~帰国日までの日数で決めます。 3泊5日でも4泊5日でも、日本へ帰国する日までがレンタル期間です。 例えば、1月1日出発、1月5日帰国の場合のレンタル期間は5日間ということになりますね。 なお、JAL ABCで宅配返却をする場合、発送日までがレンタル期間としてレンタル料金が発生します。

レンタル日数と台数が短ければ短いほどお得

海外WiFiレンタルの1番お得なレンタル方法は、日数と台数を少なくするという方法です。 ただ、WiFiをレンタルするためだけに旅行日数を減らす、という方はあまりいないでしょう。 現実的な方法としては、ルーターの台数を減らすことが料金を抑える1番の近道ではないでしょうか。 その他、スカイチケットからの予約特典や、ブランド独自のキャンペーンなどもあるのでチェックしてみてくださいね。

受取返却料金

海外レンタルWiFiの「受取返却費」とは?

「受取返却費」はブランドによって名称は異なりますが、受取や返却時に発生する料金のことを指します。 配送料金と混合しやすいですが、まったく別の料金です。 「受取や返却時にかかる手数料」と考えておくと間違えにくくなるかもしれません。 だいたいのブランドで、受取時に受取費が発生、返却時は無料としているようです。 受取方法によって受取費が変わることもあれば、どの受取方法でも一律受取費がかかることもあります。 また、返却時は無料だからといって配送料金が無料ということでもないので注意しましょう。

受取返却費のブランド別比較

ブランド名 空港受取費 空港返却費 郵送費(受取) 郵送費(返却)
グローバルモバイル 0円 0円 0円 0円
JAL ABC 0円 0円 750円/5台毎 実費負担
グローバルWiFi 0円(※1) 0円 540円(※2) 実費負担
イモトのWiFi 540円/台 0円 540円/台 実費負担
Wi-Ho! 0円(※1) 0円 0円(※1)円 実費負担
トラベルコム 0円(※3) 0円 0円(※3) 0円
※1…受取費は0円ですが、手数料540円が発生します。 ※2…郵送受取手数料540円に加えて、手数料540円が発生します。 ※3…受取・返却費は無料ですが、手数料1080円/台が発生します。

グローバルモバイル、JAL ABCでは、「受取返却費」やその他手数料は今のところ一切なし。 ただし、JAL ABCで宅配受取・返却を利用する場合、送料は自己負担です。 一方で、台湾データや韓国データを展開するグローバルモバイルでは送料も無料。 宅配受取・返却も気軽に利用できますね。 グローバルWiFiでは、受取時に限り受渡手数料540円が必要です。 また、宅配サービスで受取る場合には宅配受取料金 として540円が発生。 合計すると1080円の受取費が必要なため、空港受取・返却がお得ということに。 イモトのWiFiでは、空港受取・宅配受取に関わらず受取費が1台あたり540円。 なお、営業所で受取ると受取費が無料に。 Wi-Ho!では受取返却費は無料ですが、受取時に540円の商品手配手数料が必要。 同じくトラベルコムでも受取返却費は無料、取扱手数料として1080円/台が発生します。

スカイチケット経由なら「受取返却費」が無料のブランドが多数!

高額というわけではありませんが「受取返却費」が無料だったら良いなぁ…と誰もが思っているはず。 実は、スカイチケットで予約をすると、複数のブランドで「受取返却費」を0円に変更可能! 1台あたりに受取費がかかるイモトのWiFiや、宅配受取料のあるグローバルWiFiなど、かなりお得になるブランドもあります。 少しでも安くレンタルしたいなら、スカイチケットからのWiFiレンタル予約がおすすめです。 試しに、スカイチケットから予約申込画面へ進んで、料金の見積もりを出してみてください。

延滞料金

海外レンタルWiFiにおける「延滞料金」とは?

「延滞料金」は、指定の返却期間に商品を返せなかったときにかかる料金です。 帰国後は疲れていることも多く、うっかり返しそびれてしまう、ということもあるでしょう。 また、現地にルーターを置き忘れたり、欠航や遅延で滞在期間が延びることも十分にあり得ます。 そんなときのために、各レンタル会社がどのように延滞料金を設定しているのか、チェックしておきましょう。

帰国後、数日間なら延滞料金がかからないことも

宅配返却を利用する場合、帰国後すぐに返却が必要なブランドもあれば、数日間の返却期間を設けているブランドもあります。 返却期間は帰国日~帰国日翌日までの発送を条件としているブランドが多いようです。 その日までの消印となっている場合は、その日までに発送をすればOK。 ただし夜遅くの持ち込みの場合、翌日の消印になることもあるため注意が必要です。 また、〇日までに必着という場合は、その日までに返却場所へ届くように発送しなければなりません。 いずれにしても、早めの返却が延滞料金を支払わなくて済む方法です。 心配な方は、帰国後すぐに返すことができる空港返却を利用してみてください。

延滞料金のブランド別比較

ブランド名 返却締切 延滞料金
グローバルWiFi 帰国日までの発送 (16時以降の帰国は翌日) ①帰国日0時までに連絡あり 申込時の合計×超過日数 ②帰国日0時以降の連絡 1970円 × 申込時の合計× 超過日数
イモトのWiFi 帰国日から2日以内に 会社必着 3日以降から 2160円/1日
トラベルコム 返却日当日までの発送 返却日翌日から 1080円/日
Wi-Ho! 返却日翌日まで 消印有効 翌々日以降から 延滞料金発生
ワールドデータ 帰国日翌日までの消印 帰国日翌々日以降で 1日あたりのレンタル料金×超過日数
JAL ABC 発送日までが レンタル期間の対象 -

帰国後すぐに発送しなければならないのは、グローバルWiFiとイモトのWiFi、トラベルコムです。 グローバルWiFiとトラベルコムでは、帰国日以降の発送で「延滞料金」が発生。 グローバルWiFiは連絡の時間帯でも金額が変わってくるため、注意が必要です。 イモトのWiFiは、帰国日から2日以内に返却場所へ届くように発送しなければなりません。 一方、多少の猶予があるのはWi-Ho!とワールドデータ。 帰国日とその翌日までの消印で発送ができれば「延滞料金」は発生しません。 なお、延滞時の送料は自己負担です。

キャンセル料金

海外レンタルWiFiにおける「キャンセル料金」とは?

航空券やホテルの予約を直前にキャンセルすると、キャンセル料がかかりますよね。 海外WiFiレンタルも例外ではありません。 キャンセルができる期間に間に合わないと「キャンセル料金」が発生します。 利用予定のブランドはどれくらいのキャンセル料金がかかるのか確認してみましょう。

キャンセル料金のブランド別比較

ブランド名 キャンセル料発生日 キャンセル料金
グローバルWiFi 出発日3日前から 申込金額100%
イモトのWiFi 商品手配後から 2100円/台
Wi-Ho! 受取当日 2日前から 2160円/台
トラベルコム 商品発送後から 2000円/台
JAL ABC 商品手配後・発送後 追加料金発生の可能性
グローバルモバイル - 1620円/1台

1台あたりに「キャンセル料金」が発生するのはイモトのWiFi、グローバルモバイル、トラベルコム。 グローバルWiFiでは受取日3日前のキャンセルから、合計額のすべてをキャンセル料金として支払います。 レンタルはしないのに料金を払わなければならないなんて、もったいないですよね。 もしもの場合を考えて、予約する前にキャンセルの期限を確認しておくと無駄な出費がなくなるかもしれません。 また、申込内容の変更にも期限を設けていることが多いので、同時にチェックしておきましょう。