【2022年6月版】韓国の短期観光ビザ(査証)申請方法まとめ!

【2022年6月版】韓国の短期観光ビザ(査証)申請方法まとめ!

目次

【2022年6月版】韓国の短期観光ビザ(査証)申請方法まとめ!

目次を閉じる

韓国の観光ビザ発給に必要な書類

韓国のビザ申請書イメージ画像

韓国の短期滞在ビザ申請に必要な書類は以下の通りです。

1. 6ケ月以上有効な旅券(パスポート)
2. 査証発給申込書
3. カラー証明写真1枚(4.5cm×3.5cm)
4. 航空券予約確認書(Eチケットなど)
5. 宿泊するホテルまたは滞在予定場所の情報(住所、電話番号。※スカイチケットのホテルページをプリントアウトすると便利です)
6.銀行の残高証明書
7.住民票
※在福岡大韓民国総領事館HPより
以上が基本的な観光ビザの申請に必要な書類です。在日外国人(上記に加えて在留カードが必要)や学生(上記に加えて学生証が必要)は追加書類が必要。ビザ発給までの目安は約1~2週間ですが、遅れることがあるので早めの申請がおすすめです。
▼査証発給申込書のダウンロード(PDF)はこちら(在福岡韓国総領事館のページ)
韓国行き航空券やホテルはスカイチケットであらかじめ予約しておきましょう。
韓国行きの格安航空券はこちら
韓国のホテルを予約する

▼新型コロナ関連で必要なもの(2022年6月1日時点)

空港の入国審査では出発時48時間以内に実施したPCR検査の陰性確認書または出発時より24時間以内に実施した専門家用抗原検査(RAT)およびワクチン接種証明書が必要です。「検疫情報事前入力システム(Q-code)」に事前に入国者情報を登録して行います。
Q-codeはこちら(外部サイト:英語)
※提出できない場合は7日間の隔離となりますのでご注意ください。

韓国入国後も3日以内に再度PCR検査を行う必要があります。

韓国の観光ビザの種類

日本のパスポート画像

シングル・・・韓国に1回のみ入国できるビザ(90日間有効)
ダブル・・・韓国から第三国へ行く場合など、韓国を2回訪問できるビザ(申請日より6カ月有効)
マルチプル・・・韓国に何度でも入国できるビザ(審査要件厳しめ。期間内有効)

マルチプルビザ取得の場合は事前に大使館・総領事館に問い合わせた方が良いでしょう。また、シングル、ダブル、マルチプルの順に手数料も高くなっていきますのでご注意ください。
在横浜大韓民国総領事館HP該当ページ(外部サイト)

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ソウルでおすすめの記事

ソウルのアクセスランキング