ソウル

ソウル 発の航空券情報はこちら
  • 人口 : 約1001万人
  • 都市コード : SEL

馴染み深い隣国の首都「ソウル」

ソウル

画像の出典元: A. Omer Karamollaoglu

日本からすぐに行けるソウル。時間や値段は国内旅行と変わらないとして、お手軽に行けることでも評判です。ソウルは韓国の首都であり、特別市に指定されています。そしてソウルの代表的な観光地といえば景福宮。みなさん一度はメディアなどで見たことがあるかと思いますが、朝鮮時代の王宮として活用されてきたソウルのランドマークです。火曜日以外、毎日、王宮守門将交代儀式という伝統的なイベントが行われています。ツアーもたくさん組まれていますので行きやすいでしょう。また韓国と言ったら韓国料理。明洞という繁華街があり、ここでは韓国料理屋台やコスメショップが立ち並んでいます。ホテルもたくさん点在するので、滞在しながらグルメを楽しむのもいいでしょう。

ソウルの歴史

ソウルは昔の三国時代と呼ばれる「新羅」「高句麗」「百済」という3つの国が現在の朝鮮半島を統治していた時代、その中の百済の都があった場所です。そののちに高句麗によって都が陥落し百済はほかの地に遷都しましたが、14世紀末に三国時代の後者の時代である「高麗」が政権をもち、再びソウル(漢城)へ遷都されました。こののち約500年もの間、李氏朝鮮王朝の都として栄えた場所です。

ソウルの経済

ソウルを拠点としている韓国の大手メーカー(サムスン電子やLG、現代自動車など)があるため、ソウルは韓国の中で最も経済的に発展しています。2008年度にアメリカで発表された「世界ビジネス都市ランキング」でソウルは世界で第9位と評価されました。「世界企業番付(Fortune Global 500)」でも世界規模の企業が本社を置いている都市として世界で第6位と評価されています。韓国全土に対して面積は1%もありませんが、人口は韓国の全人口の約25%も占めていて総生産量も韓国国内全体の約21%と非常に高いです。

ソウル行きの格安航空券について

韓国のソウルは東京から沖縄に行くよりも近く、東京からですと約2時間で行けます。そのため多くの格安航空会社間での競争が激化している状況です。韓国の格安航空会社では、ティーウェイ航空、チェジュ航空、ピーチ・アビエーション、大韓航空などが格安で航空券を提供しています。

ソウルの気候

ソウルは日本と同じ様に四季があります。春は湿度が低く乾燥し、晴れの日が多いので過ごしやすいです。夏は湿度が高く気温も高いため、蒸し暑い日が多いです。梅雨のピークは7月~8月。日本よりも降水量が多いので、訪れる際は雨や気温の変化に備えましょう。秋は日本とは違い台風の影響はあまりないので、春と同様に乾燥していて晴れの日が多いです。冬は湿度が低く乾燥しているうえ、雪が多く降る為、気温が0度を下回る極寒の日々が続きます。

ソウルの主な交通手段

ソウルの主な交通手段

画像の出典元: InSapphoWeTrust

ソウルの主な交通手段はタクシー、電車、地下鉄などがあります。特に地下鉄は非常に発達しておりおすすめです。ソウルにはT-money カードというチャージ式のICカード(コンビニや駅で購入できます)があり、その都度チケットを購入する手間を省くことができたり、乗継などで金額もお得になるのでお勧めです。

タクシー タクシーは日本と同じように流しで拾うことができます。「一般タクシー」と「模範タクシー」があり、初乗り料金はそれぞれ3000ウォン、5000ウォンと日本より非常に安いです。「一般タクシー」に乗る際にはメーターが動いていることを確認しましょう。
地下鉄 地下鉄は1号線から9号線まで市内にたくさんの駅があります。T-moneyやM-Passなどの交通カードを持っていれば金額も安くなり、返却作業などが省略されるのでとても便利です。
バス バスは5種類あります。青、緑、黄色のバスは市内をめぐるのに便利です。但し、日本のバスと違って非常に運転が荒いのが難点です。日本語の案内をしているバスも近年は増えていますが韓国語の案内がほとんどです。

ソウル 行き航空券利用者の声

羽田⇔ソウル 19歳女性

初めての海外旅行で母と三日間ソウルへ。仕事をしている母の休みは3日から4日が限度なので、近場のソウルにしました。てっきりツアーで行くのだとばかり思っていましたが、ソウルに母の友人が住んでいて家に泊めてもらえる上に観光のガイドもお任せと言われたので、私と母がやる事は航空券を買う事だけでした。
「ソウルは安いよ」と聞いてはいましたが、実際に格安航空券を探してみてビックリ!国内旅行より安いくらいなんですね。母の友人から、金浦空港にするように言われていたので、羽田から金浦空港までの往復航空券を購入しました。ソウル到着日は昼頃着の便を、帰国日は夜ギリギリまで遊べるように遅めの時間帯の便とのアドバイスもあったのでその通りのものを選びましたが、時間帯によっても価格が変わってくるんですね。私の友人からは「LCCにしたらもっと安いよ」と聞きましたが、せっかくの初海外なので機内食もちゃんと出るフルサービスが良いと思い大韓航空に決めました。
たったの2時間ちょっとなのに海外だと思うと二人とも緊張してしまい、機内でも落ち着かなかったのですが、機内食を食べて外を見たりおしゃべりしているうちに無事到着。近すぎて拍子抜けでした。
機内食も想像していたよりも美味しくて良かったです。金浦空港までは母の友人のお迎えがあったので安心。そのまま市内観光に連れて行ってもらい、たくさん観て、食べて、買って、本当に楽しい初海外旅行になりました。ソウルに皆さんがはまる気持ちが初めてわかりました!

成田⇔ソウル 30歳女性

妹と二人で初めてのソウル旅をしてきました。妹の周りには韓国好きな方が多いため、おすすめのホテルやレストラン、観光地、エステ、チムジルバン、ショッピングの情報を選びきれないほどもらっての出発です。まずは格安航空券を見つけたのですが、国内旅行よりも安くて驚きました。トータルの旅費は、以前行った北海道旅行の半額以下ですよ。
今回利用したのは済州航空。これも妹の友人が「格安航空会社なのになかなか快適」だと勧めてくれたからです。サイトを価格を調べるとなんと2万円以下!驚いて即購入しました。割引クーポンとか早割などを利用するともっと安く行けると聞いてさらに驚きました。
成田では初めての第三ターミナル。小さくてもちゃんと免税店もあるので、搭乗までブラブラしながら過ごしました。機内は3列・3列の並びでしたが、窓側から2席をお願いしたのでずっと外を眺めていられて良かったです。機内サービスはお水のみ。軽食の販売をしていて、辛ラーメンを食べている人が多かったです。お腹はすいていなかったのですが、経験の為にビビンバとコーラをオーダー、インスタントでしたが、優しい味で美味しかったです。値段も機内でサービスしてもらうと考えたら安いと思いました。
格安航空会社は初めて利用しましたが、何より安く、短い距離ならまたぜひ利用してみたいと思いました。ソウルは地下鉄の券売機が日本語対応があったり、お店の人も日本語のわかる方が多かったりと旅行しやすい街です。また近いうちに絶対に行きます!

羽田⇔ソウル 28歳女性

旅行ブログが好きでよく見ているのですが、ソウルへの日帰り旅行をしている人が多くてちょっと憧れていました。ただ、ソウルは初めてなので見たいところも多く、日帰りではもったいないと思い二泊で行ってきました。週末と有給を一日取るだけで海外旅行に行けるなんてすごいですよね。これも格安航空券のおかげです。
LCCを一度は利用してみたかったので、一番ハードルが低そうなピーチに決定。日帰り弾丸によく利用されている、羽田を夜の1時55分に出発して、ソウルに4時20分に到着する便です。帰りは夜の11時前とたっぷり遊べるコース。羽田着が夜中になりましたが、友達が迎えに来てくれたので助かりました。初ピーチは色々と覚悟していったからか思ったよりも快適でした。ブランケットがない事を忘れていたので、ちょっと寒かったくらいでしょうか。フライト時間が短いので機内食を食べる必要もないし、お土産の予定もないので預ける荷物もないし、何よりも時間が時間なのでウトウトしていたらあっという間に到着していたという感じでした。
問題は早朝着ですが、早朝に仁川空港についたら空港内のチムジルバンで時間を潰すという口コミを見て行ってみました。初チムジルバン!すっきりした上に仮眠を取れたので体力も回復し、お昼前にソウル市内まで電車で移動、その後すぐに観光やショッピングを楽しめました。旅行ブログにお世話になりながらの有意義な二泊三日。次はキャンペーンなどでもう少し安いチケットを狙ってみたいです。また、弾丸日帰りにも挑戦してみようかなと思っています。

ソウル 旅行 よくあるFAQ

大韓航空では事前に座席の指定はできますか?

事前座席指定は大韓航空ホームページ、サービスセンター、支店、空港、旅行会社で航空券を購入されたお客様に限り可能です。

ピーチ航空では子供料金の設定はありますか?

ありません。大人と同額となります。

ピーチ航空では、機内にはどのような手荷物を持ち込めますか。

身の回りの品(ハンドバッグ・カメラ・傘など)1個のほか、お一人様1個まで手荷物のお持ち込みが可能です。機内持ち込みが可能なサイズは以下のとおりです:
大きさ:3辺の合計が115cm以内 (各辺が55cm×40cm×25cm以内)
重さ:合計10kgまで