アメリカで使えるWiFiレンタルならグローバルモバイルのUSデータがおすすめ!

アメリカ対応WiFiルーターをレンタルできる、グローバルモバイルのUSデータ。広範囲で高速・安定した通信ができるように、アメリカで大手の通信会社回線を使用できるルーターを提供しています。プランはBIG、basic、スーパーの3種類。19日以上の滞在なら、お得なマンスリープランがおすすめです。使いすぎて高額になってしまう、ということはなく安心の定額料金。また国内空港での受取も可能なのも便利。成田空港中部国際空港(セントレア空港)関西国際空港(関空)の受取カウンターに行けば、渡航日当日に受け取ることができますよ。スカイチケットから申し込めば、受取手数料も無料です。USデータは、アメリカへの旅行にはもちろん、出張や留学でも大活躍すること間違いなし!

※「U.S.DATA」は株式会社グローバルモバイルの商標です。

  • 長期割引
  • 1日前申込
  • 4GLTE対応
  • 受取送料無料
  • 空港受取可能

申込む
詳細を確認

※サービスサイトに移動します

skyticket限定価格!

U.S.データの最安値一覧

キャンペーン価格
アメリカ
780円/日

利用可能な国をもっと見る

WiFiレンタルを申し込む

※サービスサイトに移動します

U.S.データの受取/返却

※当サイトキャンペーンにつき手数料0円!

U.S.データの申込期限

空港カウンターにて受け取る場合 宅配にて受け取る場合
成田空港 ・・・出発日前日の14時まで
関西国際空港 ・・・出発日前日の14時まで
中部国際空港 ・・・出発日前日の14時まで

各空港の〈宅急便カウンター〉でお受け取りください。 中部・関西は12時以降。 ただし、2日前までの申し込みの方は、朝の営業時間よりお受取できます。

日本国内の指定場所 出発日前日の17時まで(土日祝日は16時まで)
ご出発の1週間前までのお申込みを推奨しています。 (出発2~3日前に商品をお届けするため)

U.S.データの決済方法

クレジットカード決済

WEB上からクレジットカード決済が可能です。

U.S.データの基本セット・オプション

基本セット


①海外用WiFiルーター

1日880円~利用できるお得なWiFiルーターです。
4GLTE対応なので動画視聴や大容量ファイルの受信もストレスを感じる事なく利用できます。

②アメリカ用充電器(変圧器不要)

アメリカの電圧・コンセントに合った充電アダプタ―。
コンパクトなサイズで場所を選びません。

③USBコード

WiFiルーターに充電器や予備バッテリーを接続するためのUSBコードです。
程よいコードの長さですので鞄の中に入れてもかさばりません。

④日本語マニュアル

日本語で書かれている説明書。
海外の製品ですが簡単に操作設定をすることが可能です。

⑤返送用封筒

レンタルセット一式を返却の際に使う返送用封筒です。
基本セットに封筒を同封しているので、返却手続きもかんたんです。


オプション

安心補償保険

盗難・紛失時の保証制度

安心補償

200円/日

安心補償保険
充電器やデータ通信本体などの破損・紛失・盗難における弁償料金が全額無料になる補償制度です。任意ですが1日200円でご入会できて以下の金額が無償になります。
・盗難・紛失による本体の全損 40000円
・傷などの本体部分破損 15000円
・予備充電器の全損、破損 3000円
・アダプター・USBコードの全損、破損 1000円
※USBカーチャージャーの紛失料金は安心補償には適用されません。

予備バッテリー・他

持ち運び充電器

携帯予備バッテリー

100円/日

外出先でUSデータやご自身のスマートフォンなどを手軽に充電できる、モバイル電源パック(リチウムイオン5400)をご用意しました。最大で約5時間使用でき、もしものバッテリー切れの時も安心です。

無料レンタル

シガーソケットカーチャージャー

0円

車内のシガーソケットに差し込み、USデータ基本セットのUSBコードやお手持ちの充電用コードを使うことで、充電のできる機器です。無料でレンタルしていますので、外出時にレンタカーご利用予定の方はどうぞ!(在庫数には限りがございます。)

WiFiレンタルを申し込む

※サービスサイトに移動します

U.S.データの特徴

グローバルデータのアメリカ専用レンタルWiFi、U.S.データ

アメリカ本土に特化したレンタルWiFi
U.S.データは、グローバルデータのアメリカで使用することに重点を置いた海外WiFiのレンタルサービスです。広大なアメリカ国内全土をカバーする広い通信エリアを誇っています。機種の中には最新の4G LTE対応モデルもあり、通信が高速で安定した接続が可能。そのため、旅行中の煩わしい通信不良や速度の不便さを感じることなく、快適に過ごせます。
受取・返却手数料等が0円
WiFiのレンタルセットの受取は、空港で直接・又は宅配で可能です。受取場所は、関東でしたらアクセスが便利な羽田空港、国際便が多く集まる成田空港。また中部・関西でしたら名古屋駅から近く利用しやすい中部国際空港、LCCが多く就航している関西国際空港で受取ができますよ。また宅配の場合も、U.S.データが送料負担をしてくれるため、受取手数料は0円!使い終わったらポストに返却(帰国翌日の消印)すればいいので、時間がかかるという問題を解消してくれます。海外渡航前の準備も軽減できますね。
10台の端末を同時に接続可能
U.S.データのどのプランに契約しても、WiFiルーターを1台レンタルすると最大10台まで同時に繋ぐことができます。仕事で、携帯電話とパソコンを同時に使用する場合にも、このU.S.データのWiFiルーターが1台あれば最適!家族旅行や友人グループなど複数で行く場合でも、グループでルータを1台レンタルすれば格安でネットを楽しめるのも魅力的ではないでしょうか。

U.S.データの口コミ

ニューヨークでU.S.データを使った方の口コミ
・モバイルWiFIのイメージはとにかく遅いというのがあったのですが、USデータを使ってそれが変わりました。ニューヨークでもガンガン写真をアップ出来て驚きました!(26歳女性)
・友達が他社のWiFiをレンタルしていたのですが、バッテリーの持ちも繋がりやすさも全然違いました。結局二人でUSデータを使いとても快適に旅を終えられました。(30歳男性)
ロサンゼルスでU.S.データを使った方の口コミ
・電源を入れればすぐに繋がり、面倒くさい設定もなく利用出来てとても便利でした。(40歳女性)
・ロサンゼルス市内を観光したのですが、電波が繋がらなかったことは無いように思います。特に問題もなくスムーズに使うことが出来ました。(30歳女性)
その他の地域でU.S.データを使った方の口コミ
・サンフランシスコ周辺でもサクサクネットに繋がり、レンタルしてほんとよかったと思います。(22歳女性)
・街中以外では厳しいかなと思っていたんですが、ナイアガラ付近でも使えて感動しました。(44歳女性)

U.S.データのプランについて

たっぷり大容量「U.S.データBIG」
U.S.データBIGは、約8時間の連続通信と1日500MBの通信データ量が使用できるルーターになります。デイリープランとマンスリープランがあり、デイリープランでは、1日に500MBまでの通信データ量が定額通信料金で使えます。マンスリープランでは、1ヶ月間の通信データ量15GBまで利用可能となっています。そのため18日以上レンタルする場合は、デイリープランよりもマンスリープランの方がお得になります。
最軽量なのは「U.S.データbasic」
U.S.データbasicは、バッテリー持ちが約10時間で長く使えるのが魅力的。U.S.データbasicのデイリープランでは、1日に500MBの通信データ量が使用できます。BIGプランと通信データ量は変わらず、更に最軽量で持ち運びが楽という特長があります。マンスリープランですと、1ヶ月間の通信データ量15GBまで利用可能。19日以上レンタルする場合、デイリープランよりもマンスリープランの方がお得ですよ。
バッテリー持ち重視なら「スーパーU.S.」
U.S.データBIGとU.S.データbasic、どちらのプランにでも1日あたり150円プラスをしてアップグレードされたプランが、スーパーU.S.。スーパーU.S.では、バッテリー持続時間が通常の2倍となる20時間の端末をレンタルすることができます。旅行中のバッテリー切れの心配をすることなく、より安心して海外で過ごせますね。

プランごとにカバーエリアの違いはある?

basicとスーパーのカバーエリア
最軽量のU.S.データbasicと、バッテリーの持続時間が通常の2倍と最長になるスーパーU.S.は、VerizonのSIMを搭載しています。そのため、この2つのプランで契約した場合、Verizonのカバーエリアに属することになります。Verizonは、アメリカで加入者数第1位の携帯電話事業者であり、アメリカ最大の通信キャリア。カバーエリアにも定評があり、アメリカ西側の砂漠の真ん中でない限りは殆どの場所で、安定したネットワークが使用可能。
BIGのカバーエリア
通信データが大容量のU.S.データBIGは、T-MobileのSIM搭載しています。そのため、U.SデータBIGを契約した場合のカバーエリアは、T-Mobileのカバーエリアに属することになります。T-Mobileは、ドイツが本社にあるドイツテレコムの子会社。Verizonよりはカバーエリアだいたい2~3%ぐらい狭く、アメリカ西部の砂漠や山奥、田舎の方に行くと繋がりが悪くなることもあります。しかし、アメリカ現地で使用している人が多く、ビジネスで行く町中や観光地でしたら問題なく快適に過ごせるでしょう。

U.S.データのデータ容量は1日どれくらい?

U.S.データの通信量は、BIGとbasic、さらにスーパーU.S.データ、3つのルーター全て1日に500MBが使えますよ。制限があるとはいえ、かなり大容量使用することができます。安い料金で、これだけの通信容量を使用できるのは、かなりお得!たくさんの動画を見続けない限りは、現地で地図検索やLINEでの連絡、ソーシャルサイトへの写真のアップも問題なくできますね。

U.S.データの延滞料金はどれくらい?

U.S.データでは、申込時に指定した返却予定日(帰国日翌日)を過ぎた場合に延滞料金が発生。旅程の変更で現地の滞在する期間が延長になった場合でも、U.S.データのサービスセンターへ連絡を必ず行ってください。再契約ではなく、契約日延長に対する延滞料金が発生しますよ。延滞料金としては、1日延滞するごとに、1日の基本料金が追加でかかります。もしオプションを付けていた場合は、そのオプション料金も1日ごとに加算されるので注意してください。

U.S.データは何日前までキャンセルできる?

U.S.データを一度契約した後に旅行行程が変わったり、行けなくなってしまった場合、契約後からルータ機器が自宅に届くまでの期間でしたら無料でキャンセルをすることができます。大抵の場合、渡航の3日前に自宅やオフィスに届けられるため、それを考慮した数日前までのキャンセルが対象となります。もちろんルーター発送後のキャンセルもでき、その場合は1620円と返送料がかかります。

U.S.データの領収書がほしい場合

領収書が必要な場合は、U.S.データの申込み時にその旨を伝えることで発行してもらえます。申込み必要事項を書いた後に備考欄にて、領収書がほしい旨を記入すること、また法人様の場合はその宛名書も記入することで、希望に沿った領収書が発行されます。支払いはクレジットのみですが、領収書に記載する宛名も自分で設定できるため、個人での利用はもちろん、会社での利用の場合にも便利。

U.S.データのの評判が知りたい!

利用したことのある人たちの声としては、「速度もデータ容量も申し分なく使いやすかった」という高評価が伺えます。またアメリカの都市部だけではなく、東海岸や中部でも繋がりやすいことが評価のポイントになっていますね。空港での受け取り、返却の仕方もカンタンなので、気軽に利用できて便利。ただバッテリーはルーターによって差があるので、自分の使用量を確認してから借りるようにしましょう。

人気ブランドのため早めのご予約を!

U.S.データは、他社と比べて業界最安値をとなっており、安い価格で大容量、且つ安定した回線でインターネットを楽しむことができるのが魅力。目的地に到着して、WiFiルーターの電源を入れるだけの簡単な操作だけ。スマホやPC、 タブレットで快適なインターネットの利用ができますよ。海外渡航で人気なアメリカでU.S.データのWiFiがあれば、ビジネスでも旅行でも、安心・安全なインターネットを楽しめます。

U.S.データお問い合わせ先

USデータに関する問い合わせは株式会社グローバルモバイルとなります

渡航前・帰国後のお問い合わせ

03-3265-1058
受付時間:10時~18時

渡航中のお問い合わせ

03-3265-1058
受付時間:

メールでのお問い合わせ

info@globalmobile.co.jp

WiFiレンタルにあたっての注意事項

当サイトでは、細心の注意を払っておりますが、 内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではありません。
当サイトで公開している情報を利用された際に生じたいかなる損害におきましても責任を負いかねますのでご了承下さい。
海外WiFiレンタルサービスに関する価格、お申込み等、詳細につきましては ご利用者様自身がリンク先の取り扱い各社サイトにて確認を行って頂きますようお願い致します。
当サイトでは、海外WiFiレンタルサービスに関する情報を掲載しておりますが、 サービス利用契約の代理、媒介、斡旋を行うものではありません。 したがって契約、サービスに関するいかなる被害、損害、トラブル等が発生した場合でも 当サイトでは一切の責任を負わず、ご利用者様と取り扱い会社、双方の間で解決するものとします。
当サイトには外部リンクが含まれておりますが、 リンク先での契約や契約等で発生した損害、お客様の個人情報の保護等について一切の責任を負いません。
当サイトご利用の上、お申込みをされた場合、以上の注意事項にご同意頂いたものとします。