タイ・バンコクのフリーWiFi事情|スカイチケットWiFi

アジア有数の観光立国であるタイ。 世界遺産あり、美味しい料理あり、綺麗なビーチあり、物価も安いタイには毎年2000万人以上の外国人旅行客が訪れます。 そんなタイには日本とは比べ物にならないほど、国土の随所に無料WiFiスポットが点在します。 2011年の暮れからは「Free Public WiFi」のサービスが開始されました。 このフリーWiFiサービスは、タイ国内の県庁や警察署、病院、公立の学校、病院、そして有名観光地で利用可能です。 なお、利用の際には登録が必要となります。登録の手続き方法については後述します。 ホテルやショッピングモール、カフェやレストランといった飲食店の多くで独自のWiFiサービスが提供されているようです。 日本から持ってきたスマホやタブレット端末を使いたい方は、タイ用レンタルWiFiと併用して無料WiFiスポットを利用してはいかがでしょうか。

タイの無料WiFi「Free Public WiFi」について

タイの無料WiFi「Free Public WiFi」の登録方法って?

タイの公共フリーWiFiである「Free Public WiFi」を利用するには登録が必要です。 登録方法は主に2つ。 ひとつはタイの現地のサービスセンターでスタッフにパスポートを提示し、パスワードを貰う方法。 ふたつめはアカウント登録時にパスポート番号を入力する方法です。 後者の方法を選んだ際には、英語サイトで登録することになります。 その際、パスポート番号以外にも名前や住所、電話番号にメールアドレスといった個人情報の入力が必要となります。

無料WiFiの登録にパスワード番号が必要な理由

なぜ外国人旅行客が公共フリーWiFiを利用する際にパスポート番号を入力する義務があるか。 それには不正利用や国際犯罪等を事前に防ぐ目的があるようです。 ちなみにタイ国民はパスポート番号ではなく、タイ政府が国民に発行しているID番号を入力します。 なお、「Free Public WiFi」のネットワーク名は「ICT_FREE_Wi-Fi」で、1回の接続で2時間利用できます。

バンコクの無料WiFiまとめ

バンコクの無料WiFi環境って?

日本よりも格段にネット環境が整っているタイ。 特に首都バンコクは、タイ政府が積極的に推進している公共機関向けの無料WiFiサービス「Free Public WiFi」のスポットも多いです。 また、ショッピングモールなどの大型商業施設でも無料WiFiサービスを提供しています。 2011年にオープンした「ターミナル21」もそのうちのひとつ。 パスポートさえあれば旅行者でも簡単にWiFiアクセス可能なスポットなんですよ。

話題のスポット「ターミナル21」の無料WiFi情報

アソークというビジネス街にできた「ターミナル21」は、空港のターミナルをテーマにしたショッピングセンター。 無料WiFiを利用したい場合は、インフォメーションセンターでアカウントを発行する必要があります。 WiFiを利用したい旨を伝えてパスポートを提示すると、ユーザーネームとパスワードが記載された紙が貰えます。 その後、ご自身のスマホやタブレットで登録を行ってください。 SSIDは「Terminal21_WIFI」。2時間で接続が切れるので、それ以上利用する場合は再度ログインしてください。 利用回数に制限はありません。

タイの空港の無料WiFi事情

東南アジアを代表するハブ空港である、スワンナプーム国際空港。 スワンナプーム国際空港には空港利用者が無料で使える無料WiFiがあります。 「@AirpotTrueFreeWiFi」は簡単な必要事項を登録するだけで使える無料WiFi。 英語のサイトですが、「ユーザーネーム・パスワード・名前・メールアドレス・パスポート番号・国名」を入力するとWiFi接続完了です。 同じくバンコク付近にあるドンムアン空港もフリーWiFiが使えます。 古い空港ですが、「AIS」「True」というタイのキャリアが提供する登録制の無料WiFiがあります。 どちらも簡単な必要事項を登録するだけでネットに接続可能です。

タイの飲食店の無料WiFi

タイ全土にあるチェーン店の無料WiFi情報

タイのチェーン店カフェの多くは、無料WiFiサービスを提供しています。 パスワードはレシートに印刷されていたり、注文時に店員さんに聞いたり、お店によって様々。 タイ国内全土にある有名どころは、「TOM N TOMS COFFEE」や「スターバックスコーヒー」、「マクドナルド」でしょう。 韓国資本のコーヒーチェーン「TOM N TOMS COFFEE」はタイの主要都市に多くあり、早朝から夜遅くまでオープンしているのが特徴。 以前は店内で使えるWiFiが1ヶ月300バーツとクーポン制で有料だったタイのスタバですが、2016年より無料化に。 マクドナルドの無料WiFiサービスのパスワードはレシートに記載しています。制限時間が45分までと決まっているので注意が必要です。

バンコクのカフェの無料WiFi

首都バンコクには多くのカフェチェーンが展開しています。 「True Coffee」はバンコクに約80店舗展開するコーヒーチェーン。 WiFi利用に際しては、ちょっとした手続きが必要。名前やメールアドレス、パスポートナンバーを登録して店員さんに申請します。 一度登録申請をすれば、次回の来店からはユーザーネームとパスワード番号を入力するだけでWiFi接続可能に。 リーズナブルな料金設定で人気なのが、「Cafe Amazon」。 WiFi接続したい場合は、注文時にお店の人からパスワードが記載されている紙をもらう必要があります。 バンコクに30店舗あるのが「Coffee World」。 注文時に店員からもらった紙に書いてあるパスワードを入力すれば接続完了です。

安全性も通信速度も格段にアップ!タイのレンタルWiFi(有料)

タイ現地でWiFiをレンタルする

これまでタイの無料WiFi事情について説明してきましたが、有料WiFiはどうでしょう。 バンコクなどの都市部にはタイの通信会社の有料WiFiのアクセスポイントが多く点在します。 外国人旅行者であってもタイの通信会社のSIMカードとSIMフリーのスマホがあれば、街中の有料WiFiにアクセスできます。 SIMカードはスワンナプーム空港などの空港で簡単に購入できますよ。街中で購入すると手数料が発生する場合があるようなので、空港でゲットしておくのがお得です。 手荷物受けとりの出口を出ると、通信会社のカウンターが並んでいます。 3Gか4G LTE回線を選べるところがほとんどですが、値段も大して変わらないので4G LTEがおすすめです。 プリペイドのSIMカードには無料通話機能があるので、普段通り電話も楽しめます。

タイのレンタルWiFiは日本の空港で借りるのがおすすめ

タイ現地で有料のWiFiスポットがあるものの、探すのが面倒で購入できるか不安という方には渡航前に日本でレンタルするのがおすすめ。料金は1日500円台~と格安でWiFiレンタルが可能ですよ。羽田空港や成田空港でもレンタルが可能なので、事前にネット予約をして飛行機に乗る直前に空港でWiFiを受け取るのがおすすめです。また、スカイチケットから予約すれば特別割引料金でレンタルすることが可能ですよ。

タイのWiFi事情まとめ

タイのWiFi事情について紹介しましたが、何かいい情報はゲットできましたか? タイは日本に比べてWiFiスポットが充実しています。 タイ政府が運営するWiFiサービス「Free Public WiFi」のスポットは、タイ全土に2万か所以上あるんですよ。 空港やホテル、ショッピングセンターなどは観光客が多く利用するところなので、WiFi環境が整っています。 ただ、フリーWiFiはあくまでも無料のサービス。場所や時間によっては通信状況が悪かったり、繋がりにくいことがあります。 また、不特定多数の人が使うものなのでセキュリティ面も気になりますよね。 無料WiFiだけでは心もとない方には、レンタルWiFiをおすすめします。 レンタルWiFiルーターがあれば、タイ滞在中、場所や時間を気にせずインターネットを楽しめます。宿泊期間や容量などによって料金は異なってくるので、スカイチケットのタイ用レンタルWiFiブランドを比較してみてくださいね。