1. トップ
  2. アジア
  3. 中国
  4. 黄山

黄山の概要

屯渓

画像の出典元: shuhei yuanhai

人口-
都市コードTXN
人気の航空会社
  • 中国国際航空
  • 大韓航空
  • 中国南方航空
飛行時間4~6時間
黄山発の航空券情報はこちら

黄山までは飛行機でおよそ4~6時間で行くことができます。黄山の歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べて黄山旅行を有意義に楽しみましょう。

黄山行きの最安値を比較

中国国内からの黄山行き 最安値を比較

今なお、伝統文化が花開く中国の都市「屯渓」

屯渓(トゥンシー)は中国に属する安徽省黄山市の中にある市轄区で、市内の中心的役割を担っています。屯渓は風光明媚な名所がたくさんあることから、文化の発信地として成長しました。現在でもかつての文化が残っている場所がありますが、中でも、屯渓老街は代表的な観光地。古い町並みを歩きながらショッピングを楽しめることから、人気を集めています。主に中国の骨董品を中心に、文化の発展を支えた墨や硯など売られているこの場所は、映画のロケ地としてもよく利用されています。また、屯渓からは世界遺産に登録されている黄山へも訪れやすく、多くの観光客が足を運んでいます。

屯渓の歴史

屯渓や黄山は古くは徽州と呼ばれていました。徽州から多くの文化人が生まれ、彼らに愛されたことから、絵画や料理、盆栽など、他とは一線を画する文化が形づくられたのです。当時の文化を学ぶ場所には、程氏三宅がぴったり。明の時代に建てられた商人の家で、彼らの暮らしぶりを垣間見ることができます。

屯渓の経済

屯渓を含め、黄山市は多くの観光名所があることが特徴で、観光業による盛り立てを目指しています。また、世界中から人々を呼び込むことで、屯渓のある黄山市を経済拠点および行政の中心地にしようと取り組んでいる最中でもあります。その他、中国国内では茶や果物、漢方薬に使用する薬草などの産地としても広く知られている都市です。

屯渓行きの格安航空券について

日本から屯渓までの直行便はありません。ルートに関しては、成田や羽田、関西空港から上海を経由するのが一般的。より安価な航空券をお求めの方には、中国東方航空や中国国際航空が良いでしょう。ただし、上海での乗り継ぎは空港移動もあり、待ち時間も長めのため注意が必要。乗り継ぎを短時間で済ませたい方には、仁川を経由するアシアナ航空またはANAのプランがおすすめです。

屯渓の気候

屯渓に属する安徽省黄山市は温帯気候。平均気温に関しては、夏が30度前後、冬が5度を下回るといったところです。また、春から夏にかけて降水量は増えますが、秋から冬には比較的減少傾向にあります。そのため、秋頃を選んで渡航すればあまり雨に困ることはなく、観光を楽しむことができるでしょう。

屯渓の主な交通手段

中国の中でも交通の便が良いとされる屯渓。空港からはバスが出ており、市内まで楽にアクセスできます。他にもタクシーもあるので、観光地に直接向かうことが可能。また、駅前のバスターミナルから運行しているバスを利用すれば、近くの黄山はもちろん、上海など他の都市まで足を伸ばせます。ほかにも風情がある人力三輪車が走っています。区内の観光の際に利用すると良いでしょう。