1. トップ
  2. アジア
  3. 中国
  4. 斉斉哈爾

斉斉哈爾行きの飛行機・航空券を検索

斉斉哈爾の概要

斉斉哈爾

画像の出典元: shutterstock

人口-
都市コードNDG
人気の航空会社
  • 中国東方航空
  • 上海航空
  • 中国国際航空
飛行時間5~7時間

斉斉哈爾までは飛行機でおよそ5~7時間で行くことができます。斉斉哈爾の歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べて斉斉哈爾旅行を有意義に楽しみましょう。

斉斉哈爾行き航空券の最安値を比較

中国国内からの斉斉哈爾行き 最安値を比較

長寿や繁栄のシンボル、鶴が羽ばたく町「チチハル」

チチハル(斉斉哈爾)は黒龍江省の西に位置し、同省の第2都市です。工業都市のチチハルですが、自然の豊かな街としても有名。タンチョウヅルが飛来することから「鶴の里」とも呼ばれています。市内にはジャロン自然保護区という、多くの鶴が降り立つ湿地もあります。日本同様、中国でも鶴は縁起のいい動物とされ、その姿をひと目見ようと観光客も足を運んでいます。また、日本の栃木県宇都宮市の交友都市でもあるチチハル。その関係は1980年から始まり、それ以降は視察団や留学生、研修生の受け入れなどを積極的に行い、交流を深めてきました。

チチハルの歴史

長い間、モンゴル系民族のダウール族やシベ族の狩猟場所だったチチハル。17世紀後半になると、吉林水師営による屯田によって発展。満州地域の諸民族からの防衛のため、軍事力の拠点となります。その後、清朝が17世紀末に木城を建設し、満州の行政の核として役割を果たすようになります。清朝が倒れ、中華民国や中華人民共和国などでもチチハルは政治の中心地として繁栄しました。

チチハルの経済

チチハルはかつて国有の大企業が多く集まる工業都市でした。しかし、計画経済から改革開放によって、市場経済への移行にうまく対応できませんでした。そのことから天津や広州といった中国沿岸部に比べ、チチハルの経済は一時期落ち込みます。それでも近年は市場経済の浸透によって、ハルビンや大慶とともに黒龍江省の経済発展に貢献しています。

チチハル行きの格安航空券について

日本からチチハルへ直行便はありませんので、中国各都市から国内線を利用します。中でも大連を経由するルートは、乗り継ぎが1回で済むので便利です。最短での所要時間は7時間前後。格安航空券をお求めの方には、2都市を経由するルートが良いでしょう。特に上海航空と中国東方航空を組み合わせたプランがお得。経由地は上海と済南で、所要時間は約14時間です。詳細はスカイチケットのホームページにてご覧になれます。

チチハルの気候

中国東北部に位置するチチハルの夏は、最高気温が30度近くまで上がり、湿度も高く蒸し暑いです。それに対し、冬は乾燥し厳しい寒さに覆われます。特に12月と1月は最高気温が-10度を下回ります。観光するなら比較的暖かい6月と9月がおすすめです。また、夏は雨が多く降るので天気予報をチェックし、雨具を常備しておくと良いでしょう。

チチハルの主な交通手段

チチハルの主な交通手段

画像の出典元: siyang xue

市内観光ならバスでの移動が便利です。バス路線が多く整備されているので、観光地へのアクセスが簡単です。また、鉄道を用いれば北京やハルビンといった著名な都市へ行くこともできます。そのほかにも、タクシーなどが運行しており、チチハルの交通で不自由に思うことはほとんどないでしょう。

チチハル行き航空券利用者の声

チチハル旅行 よくあるFAQ

Q:チチハルにはどんな空港がありますか?

A:市内には「チチハル三家子空港」があります。

Q:チチハルへの直行便がありますか?

A:チチハル三家子空港は国内線の就航のみで、日本国内からの直行便はありません。

Q:チチハルの治安は?気を付けた方がいいことは?

A:海外旅行なので、夜間の外出や単独行動、特に現地の言葉がわからない場合などはリスクある行動を避けましょう。

Q:チチハルへ観光するには何日間がおすすめですか?

A:チチハル全体を堪能する場合、2泊3日、余裕をもちたい場合は3泊4日がおすすめです。

Q:チチハルの有名な観光スポットを教えてください?

A:美しい景色やタンチョウが飛ぶことで知られる「ジャロン自然保護区」が人気です。