1. トップ
  2. アジア
  3. 中国
  4. 蘇州/そしゅう/スゥーチョウ

蘇州/そしゅう/スゥーチョウの概要

蘇州

画像の出典元: istockphoto.com

人口-
都市コードSZV
人気の航空会社-
飛行時間4~6時間
蘇州/そしゅう/スゥーチョウ発の航空券情報はこちら

蘇州/そしゅう/スゥーチョウまでは飛行機でおよそ4~6時間で行くことができます。蘇州/そしゅう/スゥーチョウの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べて蘇州/そしゅう/スゥーチョウ旅行を有意義に楽しみましょう。

蘇州/そしゅう/スゥーチョウ行きの最安値を比較

  • 中部国際空港発  蘇州/そしゅう/スゥーチョウ(SZV)
  • 関西国際空港発  蘇州/そしゅう/スゥーチョウ(SZV)

美しく風情ある水の古都、東洋のヴェニス「蘇州」

「東洋のヴェニス」とも称される水の都「蘇州」は、華東地方・江蘇省にあります。古くから「上有天堂、下有蘇杭(天上に極楽あり、地上に蘇州杭州あり)」と言われてきたこの地の美しさは、多くの詩人が言葉にあらわしてきました。中国四大名園のひとつ、世界遺産でもある「拙政園(せっせいえん)」、そして古琴の演奏や古い時代の劇を楽しむことも出来る「留園(りゅうえん)」は、昔ながらの建築様式に触れられる閑静な庭園です。地元の人で賑わう「平江路」と「山塘街」では、運河沿いに並ぶ古い街並みが見られます。また除夜の鐘で有名な「寒山寺」は、甘く美しい蘇州夜曲の中でも、その鐘の音が歌われました。

蘇州の歴史

古くから江南の主要都市として栄えてきた蘇州の歴史は、春秋時代に遡ります。伝説の一説によれば、諸樊(しょはん)の子孫である闔閭(こうりょ)が、呉の都として整備しされたということです。呉越同舟、臥薪嘗胆などの舞台でもあったこの地が蘇州と称されるようになったのは、隋代のこと。明には、「蘇州」という名前が固定されました。また、古くから絹の産地として豊かな街。南宋時代には木綿栽培が始まり、絹織物の分野でもその名を馳せるようになります。

蘇州の経済

中国とシンガポールの両政府が協力して開発を進めた「蘇州工業園区」は、中国国内で最大級の開発区です。繊維製品や精密化学、製紙、電子、機械などの産業が発達しています。数々の経済特区を有している蘇州は、中国国内でも有数のGDP成長率を誇る地域。また陽澄湖(ようちょうこ)は、上海蟹の養殖地としても有名。蟹だけではなく、淡水漁業も盛んです。

蘇州行きの格安航空券について

日本から蘇州光福空港までの直行便はないため、最低でも1か所の乗り継ぎが必要です。一般的な乗り継ぎルートとしては、上海浦東国際空港を経由していく方法を挙げられます。格安航空券を手に入れられる就航便は、中国東方航空、中国国際航空。乗り継ぎの時間も含めて、日本から最短8時間30分ほどで到着します。ただし、蘇州光福空港は軍用空港としての役割が強いため、あまり便が出ていません。上海浦東空港からはバスが出ている他、上海市内からは新幹線も出ているため、お急ぎの場合はこちらをお使いください。

蘇州の気候

亜熱帯モンスーン海洋性気候に属するこの地では、年間の降水量が多いのが特徴。蘇州での旅は、雨具を常備すると安心です。気温の推移は、実のところ東京とあまり変わりません。ただし、春と秋は日本の本州よりも短めです。冬は日中に入って零下まで下がることはまれです。ただし暖房設備が完備していないところも少なくないため、防寒対策はしっかりと準備していきましょう。

蘇州の主な交通手段

蘇州市内には鉄道が2路線走っています。十字に交差しており、新幹線の駅から主要観光地を結んでいます。鉄道を乗りこなせれば、路線バスはタクシーを使うよりも便利な移動が可能です。そして、意外と使えるのが、街中を走る人力車。タクシーよりは少し価格が高めですが、歩くのにはちょっと遠い距離の移動の際、旅の思い出作りも兼ねられるので、おすすめです。