1. トップ
  2. アジア
  3. 中国
  4. 石家荘

石家荘の概要

石家荘(セッカソウ)

画像の出典元: Fanghong/wikipedia

人口-
都市コードSJW
人気の航空会社
  • 中国南方航空
飛行時間4~6時間
石家荘発の航空券情報はこちら

石家荘までは飛行機でおよそ4~6時間で行くことができます。石家荘の歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べて石家荘旅行を有意義に楽しみましょう。

石家荘行きの最安値を比較

中国国内からの石家荘行き 最安値を比較

歴史の積み重ねを感じられる都市「石家荘」

西には太行(たいこう)山脈がそびえ、その山脈を貫いて滹沱河(こだが)が東西に流れる都市「石家荘」は、中国の華北地方・河北省にあります。石家荘駅の周辺は高層ビルが立ち並んでいますが、少し足を伸ばすと歴史を感じさせる建造物と多く出会えます。たとえば約1400年の歴史を持つ、中国で現存最古の橋である石造りの「安済橋(あんさいはし)」。昔も今も石家荘の人々の暮らしを支えてきました。また、中国で最も大きいという観音菩薩像が祀られている「興隆寺」は、石家荘からバスで1時間ほど。煌びやかな寺院が多い中国の中でも、歴史の持つ重み、深みを静かに語り掛けてくれる荘厳な寺院です。

石家荘(セッカソウ)の歴史

唐代に臨済義玄(りんざいぎげん)が臨済寺で臨済宗を開いたことで知られる土地が、この石家荘です。古くは石門市と呼ばれていたこの土地の周辺には多くの寺が密集しています。清代においては小さな村でしたが、1902年にフランスとベルギーが京広線を敷設すると交通拠点として発展。次第に華北の拠点としての地位を確かなものにします。1968年には河北省の省都となりました。

石家荘(セッカソウ)の経済

石家荘では、紡績、バイオ医薬、機械、電子工業の各産業が盛んです。若い起業家も多く、現在の中国の経済発展の縮図を見ることが出来ます。1981年に長野市と友好都市を締結以来、交流を深めてきました。2012年には2つの市が共同で初めての経済懇談会を開くなど、草の根での交流も確実に深まっています。

石家荘(セッカソウ)行きの格安航空券について

日本からの行き方は春秋航空によるフライトで、中部国際空港と石家荘正定国際空港との間に直行便があります。また東京や大阪から中国の石家荘空港までは、最低1回の乗り継ぎが必要です。北京や上海の浦東空港・虹橋空港・大連・長沙・ソウルなどでの乗り継ぎが主なルートとして挙げられます。就航便は上海航空、中国東方航空、中国南方空港のほか、海南航空、アシアナ航空を挙げられます。また北京や天津から、高速鉄道やバスも出ており、航空便より所要時間が短くアクセスできることもあります。

石家荘(セッカソウ)の気候

石家荘は、夏の暑さ、そして冬の寒さ共に厳しい地域です。1年の中で最も暑い6月には、平均最高気温が32度まで上がります。ただし、この時期の平均最低気温は20度近くまでさがり、日較差が大きいので、夕方以降は長袖の羽織物が1枚あると安心でしょう。また、7月から8月にかけては雨が非常に多いので、雨具を常備ください。一方冬の時期ににあたる12月から2月にかけては、平均最低気温がマイナスを下回りますので、念入りな防寒対策が必要です。

石家荘(セッカソウ)の主な交通手段

石家荘(セッカソウ)の主な交通手段

画像の出典元: en.wikipedia.org

観光客が利用できる交通手段はタクシーが主です。しかし市内の渋滞が酷いので、時間に余裕を持って行動しましょう。緩和するために地下鉄を建設中で、完成は2020年になります。また、石家荘市内には石家荘駅・石家荘北駅・石家荘南駅と3つの駅があります。高速道路も複数あり、中国全土と結ばれており、利便性も高いです。2012年からは地下鉄の建設が進んでいますが、まだほとんど完成していません。2020年までには完成予定ですが、現在は工事により引き起こされる渋滞が深刻な問題になっています。

石家荘(セッカソウ)行き航空券利用者の声

名古屋⇔石家荘 30代男性

名護文から石家荘への出張に行ってきました。石家荘市は河北省の省都ですが、あまり日本人は観光では行かない気がします。日本人はビジネスマンらしき人ばかりでした。かく言う私も出張ですが。調べていたら、北京から石家荘に行くのが効率が良いと考えました。石家荘の空港は国際線の便の発着は少ないし、中国国内の乗り継ぎに時間がかかるのももったいないからです。
セントレア空港の中国国際航空のチェックインカウンターは45分前に締め切られるので、注意が必要。スケジュールがタイトなので、荷物も機内持ち込みだけですからすぐに完了しました。出国審査を経て搭乗です。意外と早い時間から搭乗開始しました。そして、北京の空港に降り立ったのは12時半を過ぎたころ。入国審査を経て外に出ます。北京西という駅から鉄道に乗って、石家荘に行きました。3時間くらいの予定でしたが、15分くらい遅れたと思います。まあそれでも、中国国内を乗り継ぐよりも時間もお金も節約できました。

成田⇔石家荘市 50代男性

観光目的で成田から石家荘に行ってきました。ただし、石家荘が目的でなく、その周辺の趙州橋や正定県、定州市が目的ですので、その中心として石家荘にホテルを取ることにしました。石家荘に行くのに最初は北京から鉄道を考えていましたが、飛行機が遅れた場合のリスクが大きいので飛行機を選択します。直行便は出ていないようなので、出来るだけ時間のロスが少ない航路を選んだ結果、行きは大連で乗り継いで石家荘へ向かう中国南方航空の航空券を購入することにしました。成田を13時半に出て15時半に大連に到着。そこから2時間後に大連を出発して19時に石家荘に到着する航空券です。
帰りは上海に少し所用があったので春秋航空で上海虹橋空港まで。上海で1泊して浦東から帰国します。
南方航空は昔一度利用した記憶がありますが、国際線では初めてです。web上では良い噂も悪い噂もありますが、今回利用した便は特に問題もなく、大連での乗り継ぎもスムーズに進みました。スマートフォンの利用が機内モードでも禁止されていますが、これは中国の航空会社全てに共通するので当局の指導によるものなのでしょう。国際線の機内食も普通に美味しいレベルでした。
正定国際空港に到着してからは、バスで石家荘市内に向かいます。石家荘市はかなりの都会で大きな街ですが、地下鉄はまだ開通しておらず、移動はバスかタクシーがメインになります。また趙州橋見学には南焦のバスターミナルで長距離バスの利用が必要になります。そういった周辺の観光地を見学するにあたって、石家荘市を拠点にしたのは正解でした。交通は便利ですし、ホテルも豊富、レストランも深夜まで営業しているところが多かったです。

静岡⇔石家荘 40代男性

仕事の打合せでどうしても現地の工場に行く必要が出てきたので、先日河北省石家荘市に行ってきました。当方の住む静岡からではもちろん直行便が無いので、格安航空券予約サイトで安くて早く行ける航空券を探しました。そこで見つけたのが、羽田から広州を経由して石家荘に行く航路の航空券です。静岡からは新幹線で品川駅を経由して、羽田空港に到着。そこから中国南方航空という航空会社で5時間半くらいで広州に着きました。広州の空港で2時間足らずの時間待ってから、石家荘行きの便に乗り継ぎました。3時間ほどでしたが、周りは中国人だらけでアウェー。やはり、けっこうローカルな感じなんですかね。
空港からは工場から車が手配されていたので、石家荘での交通は楽でした。


石家荘(セッカソウ)旅行 よくあるFAQ

チェックインの仕方を教えてください

各飛行会社のカウンターでチェックインができます。チェックイン開始時間は空港で確認できます。チェックイン時にはパスポートとeチケットの控えを用意しておきましょう。

コードシェア便とは何ですか?

共同運航便とも言われるコードシェア便ですが、2社以上の航空会社によって運行している航空便のことを意味します。例えばANAとCAのコードシェア便の場合、それぞれの航空会社が席を販売しますが、運行するのはANAあるいはCAのどちらかとなります。

中国でカードの利用はできますか?

外国人が泊まれるホテルや空港では問題なく使えますが、街中のレストランではほとどの場合使えません。現金を用意しておくほうが良いでしょう。

飛行機でベジタリアンメニューはありますか?

ベジタリアンメニューなどの機内特別食の対応は、各航空会社や航路によって異なります。ご希望される場合は各航空会社に直接お問い合わせください。