1. トップ
  2. アジア
  3. 中国
  4. 南京

南京の概要

南京

画像の出典元: istockphoto.com

人口-
都市コードNKG
人気の航空会社
  • 吉祥航空
  • 中国東方航空
  • ルフトハンザドイツ航空
飛行時間3~5時間
南京発の航空券情報はこちら

南京までは飛行機でおよそ3~5時間で行くことができます。南京の歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べて南京旅行を有意義に楽しみましょう。

南京行きの最安値を比較

中国国内からの南京行き 最安値を比較

三国志の歴史が体感できる大都市「南京」

上海の隣に位置する人口およそ810万人の大都市、南京。清朝の頃に江寧という名称だったことから、現在も略称の「寧」と呼ばれることがあります。14世紀から15世紀にわたって、世界最大の都市とされていました。三国志時代の中国四大古都の一つとされ、約650年前から変わらず佇む中華門や、世界文化遺産に認定されている明孝陵などの歴史的建造物が多く点在しています。また、南京は日本人も多く訪れる観光都市。他都市に比べて日本語の表記が多いなど、日本人旅行者に向けた様々なサービスが実施されています。

南京の歴史

春秋時代、呉がこの地に城を築いたことから南京の歴史がスタート。隋の時代には江寧県、そして唐の時代には金陵県や上元県と度々名称が変わります。隋と唐の時代に、新しく切り開かれた大運河によって長江対岸の揚州が物資の集積場になります。これによって南京は中心地としての地位を失い、都としての繁栄に暗雲が立ち込めました。しかし、中華民国の確立によって一時的に臨時政府が設置され、1927年には国民政府の首都になります。1953年の江蘇省の発足時には同省の省都、そして1994年には副省級市へと発展を遂げました。

南京の経済

南京にはハイテク産業開発区が存在します。その地区は産業・金融・教育科学研究・生活という4つのエリアから成っています。建設してから高い経済成長率を継続していて、世界各国のハイテク産業開発区の中でも上位の実績。中心的な産業は電子情報・バイオ製薬・新素材・宇宙産業です。この開発区には、南京全体のハイテク企業の約75%にあたる150社の企業があります。これからさらに建設面積を拡大する計画も立っており、南京はさらに中国の経済を後押しする重要な街となるでしょう。

南京行きの格安航空券について

日本から南京への直通便は関西国際空港からのみ運航しています。所要時間は最短で約2時間30分。中国東方航空なら、航空券が比較的リーズナブルです。格安航空券をお求めの方には、羽田から上海を経由するルートがおすすめ。利用する航空会社は上海航空と中国東方航空で、スカイチケットでも人気の格安プランです。

南京の気候

中国の中でも夏と冬の気温差が激しい南京。特に夏の暑さは厳しく雨もたくさん降ります。35度を上回る猛暑日が続くので、観光の際はこまめな水分補給を心がけましょう。また、日差しも強いので帽子やサングラスがあると便利です。一方、12~2月の冬季はとても寒く、最低気温は0度下回ります。雪が降ることは少ないですが、厚手のコートや帽子、耳あてなどがあると良いでしょう。観光のベストシーズンは、雨も少なく比較的過ごしやすい4~5月と9~11月です。

南京の主な交通手段

南京の主な交通手段

画像の出典元: commons.wikimedia.org

中国の最大都市、上海から新幹線で1時間ほどの距離に位置する南京。そんな南京市内の交通機関として地下鉄やバス、タクシーなどが挙げられます。その中でも地下鉄の利用が便利。南京では地下鉄の整備が進み、2016年現在で6つの路線が運行しています。運賃は下車する駅によって変動。自動販売機も行き先の駅名をタッチすると運賃が提示される簡単な仕組みなので、観光客でも利用しやすいでしょう。乗車チケットはプラスチックのコイン型のトークンです。また、何度も利用するなら交通カードの購入がおすすめ。チャージ式のカードで、最初は保証金などがプラスでかかりますが、運賃が2%引きになるのでお得です。

南京行き航空券利用者の声

成田⇔南京 女性29歳

友人と中国の南京へ旅行に行きました。中国の歴史が好きで、前から興味があり今回行ってきました。早速旅行の準備を開始。航空券は、成田⇔南京の直行便がないため、上海浦東国際空港/上海虹橋国際空港で乗り継ぐ中国東方航空の便を予約。出発の約2ヶ月前に手配しましたが、これがいちばん安い航空券でした。だいたい、3万円あればおつりがくるかな?という感じです。出発当日は成田国際空港へ。成田は広くて清潔で、いつ来ても気持ちがいいです。手配した航空券でチェックインなどを済ませ機内へ移動。CAさんの対応も問題なく、シートは思っていたより狭さを感じませんでした。いよいよ飛行機が出発し、機内では友人と「ここ行きたい!」「ここも良いね!」なんて会話をしている間に上海に到着。5時間ほど待って南京行きの飛行機に乗り換えました。上海から南京までは約2時間のフライトで、全部で11時間くらいかかりました。たまたまかもしれませんが、乗り継ぎスムーズな便があまりなかったので、これでも早いほうかもしれません。南京の禄口国際空港に到着後は地下鉄で市内に移動。中国でも地下鉄は割安な印象で便利です。滞在中は歴史スポットの観光とグルメを楽しみました。数日後、往路と同じ中国東方航空の航空券でチェックインなどを済ませて成田へ。ロストバゲージなどの大きな問題もなく無事帰れました。

関空⇔南京 男性36歳

関西で就職してかなりの時間が経ち、たまには羽を伸ばしたいと思い海外旅行を計画。いろいろ良さそうなスポットを探した結果、中国の南京を旅行先に決定しました。中国は割と好きなのと南京はまだ行ったことがなかったので決めました。出発当日、関西の空の玄関口である関西国際空港へ。空港内にあるショップを見て回った後、チェックインに向かいました。今回航空券を手配した航空会社は中国東方航空。割安な航空券が直行便であったのですぐに予約しました。利用するのが初めてなので少し不安もありましたが、チェックインを始めとすと各種手続きは無事通過できて一安心。その後セキュリティチェックも終えて機内に移動しました。機内の様子はそれほど狭い印象はありません。CAさんのサービスも好感が持てました。断然コスパが良いと思います。その後、飛行機は飛び立ち、それほど時間がかからず中国の南京に到着。南京禄口国際空港は、地方空港の割には大きくて意外でした。ロビーで声をかけてくるタクシー業者は無視し、タクシー乗り場で正規のタクシーに乗り込みんで市内へ。興味深い観光ができました。帰国の日は、往路と同じ中国東方航空の飛行機で帰国。格安航空券を利用したにもかかわらず、割かしスムーズな旅行ができてよかったです。

那覇⇔南京 女性25歳

学生時代の友人と海外旅行をすることに!中国に行ってみたいという話となり、行き先を中国の南京に決めました。そうと決まれば、早速休みを合わせて旅行を手配することに。出発は那覇在住のため那覇空港から。那覇空港は広くて沖縄らしいお店が多くて、地元民でも何回来ても楽しめます。お店をブラブラと見て回って、適当に時間を潰してチェックインへ。那覇から中国の南京には直行便が出ていて、今回は吉祥航空の直行便で航空券を予約しました。手配した航空券でチェックインなどを無事通過して機内へ。気になる機内は、シートは割と広めで清潔感も上々といった感じ。安い航空券だった割にはとてもいいと思います。そんなことを思いながら飛行機は離陸し、待ちに待った南京に到着。南京禄口国際空港も、これまた割ときれいな空港で、案内も分かりやすくてスムーズに空港を出れました。リムジンバスを利用して市内へと向かって、到着当日からグルメや観光を満喫。近場の海外は観光時間が多めにとれて最高です。帰りの日は行きと同じ吉祥航空で帰国。心配していたトラブルも起きず、スムーズに旅行を終えられて満足しました。

南京旅行 よくあるFAQ

片道と往復航空券はどっちがお得になるの?

一般的に片道航空券より往復航空券の方が割引されることが多いので、往復航空券の方がお得となりやすいです。しかし、往復航空券を購入して片道しか使用しないのは、違反となりますのでお気を付けください。

チェックインはいつ頃した方がいいの?

基本的にチェックインは2時間前までに空港に到着して行うようにしてください。混雑時などはかなり時間を取られる場合があります。

機内でお手洗いはいつでも使用できますか?

機内でお手洗いはシートベルト着用サインなどがある場合は、基本的に使用はお控えいただきます。

機内で機内食などの写真を撮ることは可能ですか?

デジタルカメラなどの電波は発さない電子機器でしたら、基本的にいつでも使用は可能です。しかし、運行状況などにより機長判断で使用をお控えいただく場合がございます。また、使用時は他のお客様のご迷惑になる行為はお控えください。