長崎空港の案内特集


おすすめのレストラン

つばき

つばき

一度は食べてみたい幻の五島うどん

日本三大うどんの1つ、五島うどん。細麺ながらもコシがある麺の、滑らかな食感と風味をお楽しみください。

画像出典: nabic.co.jp

牡丹

牡丹

長崎と言えばやっぱりちゃんぽん

長崎らしいものを食べたいならここ。定番のちゃんぽんと皿うどんはもちろん、豊富なメニューをご用意しております。

画像出典: nabic.co.jp

エアポート

エアポート

見晴らしの良い店内で長崎料理をどうぞ

長崎の食材をたっぷり使った料理をお楽しみ頂けます。目の前に広がる大村湾を見ながらの食事は格別です。

画像出典: nabic.co.jp

 鮨どころ 「しょうぶ」

 鮨どころ 「しょうぶ」

長崎の海鮮をたっぷりと堪能下さい

ブリを始め県産魚中心に新鮮なネタに満足すること間違いなしです。九州の有名焼酎と共にゆっくりとご堪能ください

画像出典: nabic.co.jp

コーヒーストア 「スターバックス コーヒー 長崎空港店」

コーヒーストア 「スターバックス コーヒー 長崎空港店」

ご搭乗前のひとときにぜひご利用下さい

本格的なコーヒーのほか、バラエティ豊かなドリンクメニューとペストリー、サンドウィッチなどもご用意しています

画像出典: nabic.co.jp

周辺の観光地

ハウステンボス

ハウステンボス

長崎に来たら訪れたいハウステンボス。オランダの街並みを思わせる敷地内には、まるで絵の世界へ迷い込んだかのような風景がひろがります。幅広い世代の方から親しまれるハウステンボスは、誰しもが楽しめる空間をご提供するため5つの王国をご用意しています。年間を通してきれいな季節の花を楽しめる花の王国、街全体を光煌めくイルミネーションで彩る光の王国、新感覚のアトラクションを味わえるゲームの王国、迫力ある歌劇団やコンサートを施す音楽・ショー王国、健康スタイルをご紹介する健康と美の王国。あなたにピッタリな王国へ。

画像出典: flickr.com

yoppy

グラバー園

グラバー園

長崎湾を一望できる高台にたたずむグラバー園。グラバー家をはじめとし明治をともに過ごした貿易商たちの邸宅が点在しています。異国情緒あふれる景観は当時の優雅な生活をのぞかせますし、ここから眺める海の景色は彼らを魅了していたに違いありません。昼間は太陽のもと咲きほこる草花が彩を添えますが、夏から秋にかけては夜間開放も行われています。洋館が明るく照らされ長崎の夜に浮かび上がる風景は、昼とはまた違ったお趣きがあり恋愛にまつわる伝説を多数持つグラバー園がデートスポットとしても人気があるのもうなづけます。

画像出典: flickr.com

TANAKA Juuyoh (田中十洋)

軍艦島

軍艦島

長崎港沖合に浮かぶ軍艦島は日本産業界の歴史を物語ります。ここが最も繁栄していた昭和30年代の主要燃料、石炭が良質な上に発掘量が豊富だったため日本の近大化を大きく支えていました。そのため、学校や病院、映画館、パチンコといった施設も充実していて、当時の東京の人口を上回るほどでした。しかし、時代の流れで石炭から石油へと移行された際、島を離れる人々が増し、あっけなく無人島となりました。現在は、鉄筋のコンクリートが立ち並び廃虚状態ではありますが、軍艦島の貴重な歴史と魅力に迫るツアーを催しています。

画像出典: flickr.com

kntrty

稲佐山

稲佐山

世界三大夜景を眺めるロマンチックな空中散歩はいかがですか?長崎市を代表する観光地の稲佐山は、今や世界中から人の集まる場所。ふもとから山頂にある展望台へはロープウェイに連れて行ってもらいましょう。5分の空中散歩中は目の前に広がる絶景をパノラマビューで楽しめますし、空が青く澄んだ晴天の日、遠くに望む五島列島の美しい姿は息をのむほどです。望展望台は近年リニューアルを遂げ、幻想的な光の演出とガラス貼りの造りに生まれ変わりました。そこから見える夜景は、あなたの旅の思い出をよりいっそう鮮やかに彩ります。

画像出典: flickr.com

Konstantin Leonov

小浜温泉

小浜温泉

日本で最も熱い温泉地の一つがこちら。橘湾に望む小浜温泉。町中に煙の漂うこの地域は、特に神経痛を和らげてくれる温泉が湧き、昔から多くの人に愛されてきました。海岸沿いに風情ある旅館が立ち並び、自然と見事に調和した街並みが続き訪れる人すべてを優しく包んでくれる、そんな安らぎの空間が広がります。自慢の温泉は日帰りでの立ち寄りも可能で、気軽に天然温泉を堪能していただけます。観光協会で購入できる湯めぐり札を駆使してお気に入りの湯を見つけてみるのもよいでしょう。心も体も癒やされるひとときをご堪能あれ。

画像出典: ja.wikipedia.org

九十九島パールシーリゾート

九十九島パールシーリゾート

青く広がる海に美しい島々が点在し誰もが感動する絶景、九十九島の海を見て帰らない手はありません。海のアクティビティも多数ご用意してみなさまをお迎えします。大人から子どもまで一日中楽しめる場所で、海鮮市場や水族館などの施設も魅力的。中でもおすすめは、大自然を満喫できるクルージング。地元を愛してやまないガイドが、九十九島の魅力を存分にご紹介します。お食事付きプランを選べば、カキやサザエをはじめとした獲れたての海鮮をその場でいただくことができます。長崎の魚介のおいしさはおりがみつきです。ぜひお試しを。

画像出典: ja.wikipedia.org

アクセス

アクセス手段 所要時間

長崎市内から約40~60分
佐世保市内から約1時間10分

バス

長崎駅前から約43分~58分
佐世保駅前から約1時間26分

駐車場

営業時間 収容台数

24時間

http://www.nabic.co.jp/modules/access/index.php?cat_id=14

1,049台

種別 料金
普通車

150円(入場~5時間まで1時間ごと)
800円(5時間~24時間まで据置)

二輪車

100円(入場~3時間まで1時間ごと)
400円(3時間~24時間まで据置)

大型車

400円(入場~9時間まで1時間ごと)
4,000円(9時間~24時間まで据置)

設備・サービス