1. トップ
  2. アジア
  3. 中国
  4. 桂林

桂林の概要

桂林

画像の出典元: istockphoto.com

人口-
都市コードKWL
人気の航空会社
  • 中国東方航空
  • キャセイパシフィック航空
  • 中国南方航空
飛行時間5~7時間
桂林発の航空券情報はこちら

桂林までは飛行機でおよそ5~7時間で行くことができます。桂林の歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べて桂林旅行を有意義に楽しみましょう。

桂林行きの最安値を比較

中国国内からの桂林行き 最安値を比較

カルスト地形が魅せる中国屈指の観光名所「桂林」

中国の南部にある桂林(けいりん)は、観光都市として広く知られています。カルスト地形の桂林一帯は人気の観光地が目白押しです。八角寨や象鼻山も有名ですが、中でも漓江と蘆笛岩にはたくさんの観光客が訪れます。漓江は変わった形の山々の間をゆっくりと流れる川。船に乗って川を下れば、まるで中国の水墨画の中に迷い込んだ気分になれるでしょう。そして、蘆笛岩は唐の時代から名所とされている鍾乳洞です。洞内には唐代の壁画などが今も残されています。開発整備をするにあたっては、自然本来の姿はそのままに、照明の取り付けと道の整備のみ行われました。古くから守られてきた壮大な自然が、照明の灯りよって色鮮やかに染まるその光景は、多くの観光客を魅了し続けています。

桂林の歴史

広西チワン族自治区に位置し、現在もチワン族の居住地として知られています。古くから文明が栄えており、洞窟には3万年前の人々が描いたとされる壁画が残っています。また、桂林には地域の行政の中心である省会が置かれていました。1982年には国家歴史文化名城に指定され、今も多くの史跡が残されています。

桂林の経済

桂林には国から桂林ハイテク産業開発区に認定された地域があります。ここでは電子情報、バイオ医薬などの産業が盛んに行われています。また、欧米や日本などのハイテク企業がこの地に進出しているほか、北京航空航天大学と連携し、産学協同で環境保護など多くのプロジェクトに取り組んでいます。そのことから、桂林は中国国内で注目の工業都市といえるでしょう。

桂林行きの格安航空券について

日本から桂林への直行便はありません。一般的には中国の上海から国内線を利用します。韓国や香港を経由する航空券もありますが、価格や所要時間に大差はないので、航空会社などご自身のお好みで決めてみるのも良いでしょう。より価格を抑えたい方には、中国東方航空や上海航空などの中国系航空会社がおすすめ。格安航空券情報はスカイチケットのホームページでもご覧になれます。

桂林の気候

湿潤温暖気候に属す桂林は雨が多く、比較的あたたかい気候が特徴です。夏の最高気温は30度を上回り、冬の最低気温は10度を下回ります。特に春から初夏にかけて雨が多く降りますが、9月から10月にかけては雨に悩むことは少ないでしょう。しかし「霧の重慶、雨の桂林」と称されるほど、桂林は雨の似合う町として知られています。雨の桂林も風情があって良いかもしれません。

桂林の主な交通手段

桂林の主な交通手段

画像の出典元: 

有名な観光都市である桂林では、交通網が発達しています。市内には路線バスが走っているため移動も簡単です。また、広州や成都などへの直行バスが運行しているほか、上海や北京、さらにはハノイへの長距離列車もあります。市外へ行くにはこれらのバスや列車を利用すると良いでしょう。桂林バスターミナルと桂林駅は近くにあるので、簡単にアクセスできます。

桂林行き航空券利用者の声

成田⇔桂林 28歳男性

仕事の休みを利用しては海外に短期間ながらアジアを旅行するのが趣味です。格安航空券をチェックしていたら桂林行きがとても安くて、この値段で行けるなら!と思い、すぐに航空券を購入しました。購入したのは中国東方航空のチケットです。成田から桂林までは直行便がなく、まずは上海まで。上海までは3時間半という短時間で行けます。機内は仕事関係で乗っているような人の姿が多かったです。
また、現地の人が乗っているととにかく騒がしいですし、中国東方航空はよく遅れるとかあまりいい噂を聞きませんが、コストパフォーマンスは最高です。こだわりがなくサービスは求めないで、値段の安さだけを求めるだけなら最高と言えます。機内食はまあまあおいしかったです。
上海に到着後は乗り継いで桂林まで。乗り継ぎ時間は1時間半だったのですがスムーズに乗り継ぎができ、桂林両江国際空港には予定より30分遅れましたが無事到着しました。桂林までのフライトでは日本人のツアー客がいました。合計で9時間足らずでした。
桂林では現地ツアーに参加し、念願の漓江下りをしました。宿泊先でも同じような日本人旅行者に会ったりして一緒に行動したりと短期間ながら楽しい旅行になりました。帰りも上海乗り継ぎで成田に戻ってきました。今回、航空券がとても安かったので旅行自体もかなり安く行けましたが十分楽しめました。

成田⇔桂林 48歳男性

中国の桂林に妻と、両親を連れて4人で行ってきました。以前、中国に出張で滞在していたこともあるので少々の中国語なら理解できることから、ツアーではなく個人旅行で行ってきました。4人分ということで、予算的なことを考え、格安航空券を探したら中国東方航空が非常にコストパフォーマンスが高く、乗り継ぎも悪くなかったのでこちらを選択。 中国東方航空は遅延などのトラブルを耳にするのでビジネスではあまり利用したくないというのが本音ですが、観光で行く分には安いしとても利用しやすかったです。機内食もまあまあ食べられますし、航空券の値段を考えたら妥当なサービスだと思います。
成田から出発し、上海浦東国際空港にはほぼ定刻に到着しました。遅れることを考えて乗り継ぎ時間が長めだったので拍子抜けしました。上海から桂林は上海航空の利用でした。こちらは国内線ということで、中国本土の人が多かったです。桂林には予定より30分以上遅れての到着。翌日より両親の希望していた漓江下りや、蘆笛岩など観光も楽しめました。両親も楽しんでくれているようでしたので、連れて行けてよかったです。復路も上海航空で上海まで戻り、上海から成田は中国東方航空の利用でした。今回、格安航空券を利用しましたが運が良かったのか、大したトラブルもなかったので非常に満足です。

関西⇔桂林 27歳女性

友人とどこかに旅行したいね。と話しをしていて、さほど遠くもなく、雰囲気がある桂林がいいのではないか?ということになり行先が桂林に決定。さっそく、航空券を手配しました。安い航空券がいい友人が言っていたので、関西空港から上海を経由するエアチャイナの航空券を予約しました。関西空港から上海の浦東空港までは2時間半。浦東空港で2時間ほど、乗り継ぎに時間がかかったのですが、空港内を探検していたらあっという間でした。そして、上海から桂林までは3時間。特に遅延などもなかったので、良かったです。桂林では事前に調べておいた現地ツアーに参加しました。旅行会社が多くあったので旅行期間が長いのであれば、現地で決めるのもアリだなと思いました。桂林からは漓江下りしたり、景色を楽しんだりととても充実していました。中国の現地の人もいい人が多かったし、訪れてよかったです。帰りも上海航空で上海まで行き、上海で中国東方航空に乗り継ぎして成田に帰りました。帰りの上海で乗り継ぎ時間が思ったより短かったですが、無事に乗り継ぎできてよかったですし、満足できる旅行でした。

桂林旅行 よくあるFAQ

リコンファームって何ですか?

飛行機の予約の再確認のことです。リコンファームを不要としている航空会社も多くあるので、利用する航空会社がリコンファームが必要かどうかを確認するとよいでしょう。

リコンファームが必要と言われました。どうしたらいいですか?

出発の72時間前までにご利用される航空会社に電話をするか、直接カウンターでできます。もしくは、到着時に航空会社のカウンターに行きリコンファームする方が比較的簡単に済みます。

長時間のフライトなのですが注意することはありますか?

長時間フライトの場合は深部静脈血栓症(エコノミー症候群)などに注意しましょう。時々ストレッチや体操をするなどして、意識的に水分をとるとよいでしょう。

機内サービスでアルコールはありますか?

はい。一部航空会社は有料ですが、アルコールのサービスを提供している航空会社も多くあります。詳しくはご利用になる航空会社のウェブサイトで確認ができます。