人気上昇中の国マレーシアの魅力をご紹介!おすすめの観光スポット22選

画像出典:Everything/PIXTA(ピクスタ)

人気上昇中の国マレーシアの魅力をご紹介!おすすめの観光スポット22選

GoToキャンペーンバナー

急速に発展を遂げるマレーシアは、世界的に人気上昇中のリゾート観光地。日本から気軽に訪れることができるうえ物価が安く治安も良いことから、セカンドライフを過ごすための移住地としても大人気です。多民族国家であるマレーシアは様々な文化が共存していることもあり、地域毎に異なる雰囲気の街並みや建築物、グルメを楽しめるのが特徴。ちょっと足を延ばして近隣の島に渡れば、目の前には大自然を満喫できるパラダイスが広がっています。この記事では、そんなマレーシアでぜひ訪れたいおすすめの観光スポットを22ヶ所ご紹介していきます。

目次

人気上昇中の国マレーシアの魅力をご紹介!おすすめの観光スポット22選

目次を閉じる

1.ペトロナス・ツインタワー(クアラルンプール)

出典: bee/PIXTA(ピクスタ)

「ペトロナス・ツインタワー」は、高さ452mを誇るクアラルンプールのランドマークです。1998年の完成当時は世界一の高さを誇っていましたが、2004年に地上101階建ての「台北101」が竣工し、その座を明け渡してしまいました。

▶ 古き良き時代と近未来が融合する街!クアラルンプールの観光スポット49選

下からタワーを見上げるのも良いですが、やはりおすすめは展望台からの眺望。二つの塔を結ぶスカイブリッジと88階部分にある展望台からは、眼下に広がるクアラルンプールの絶景を見渡すことができます。

チケットは当日購入できますが、売り切れてしまうことがあるのでお早めに。前日までのオンライン予約が便利です。また、入場の30分前までに発券およびチェックインが必要となるので、時間に余裕をもって行くようにしてくださいね。

2.チャイナタウン(クアラルンプール)

出典: Jeff Hitchcock/Flickr

クアラルンプールの「チャイナタウン」には、安くて美味しい飲食店や民芸品を扱う雑貨店、中華食材を販売するマーケットなどが軒を連ねています。掘り出し物が多いことでも有名なので、お土産探しにもぴったり。まずは腹ごしらえ!という方は、お食事からどうぞ。

チャイナタウンだからといって、中華料理ばかりだと思ったら大間違い。東南アジアの人気グルメ「チキンライス」から中国の定番朝食「お粥」、マレーシア独自の麺料理「ホッケンミー」、ヘルシースイーツの「豆腐花」とマレーシアならではのグルメが豊富に揃っています。

中国文化とマレー文化が融合した「ニョニャ料理」を食べたことがない方は、ぜひこの機会にトライしてみてください。中でも、カレーとココナッツベースのスープが特徴の「ニョニャ・ラクサ」や、空芯菜をエビ風味の調味料で炒めた「カンコン・ブラチャン」がおすすめです。

3.スルタン・アブドゥル・サマド・ビル<旧連邦事務局>(クアラルンプール)

出典: Trots1905

「スルタン・アブドゥル・サマド・ビル」は、旧イギリス連邦事務局として1897年に建てられた歴史的建築物です。西洋建築を代表するビクトリア様式やモスクを思わせるムーア様式を融合させたデザインが特徴で、ムルデカ広場で最も有名な観光スポットとなっています。

高さ約41mを誇る美しい時計台は、ロンドンの「ビッグベン」をイメージして造られたもの。一見すると西洋建築っぽいのですが、上にはイスラム建築特有の玉ねぎ型ドームがそびえており、様々な建築様式を融合させて建てられたことがよくわかる造りになっています。

現在は最高裁判所として使用されているため、残念ながら一般の内部見学はできませんが、それでも美しい姿は一見の価値があるでしょう。マレーシアの歴史が生み出した芸術作品をぜひこの機会に!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ランカウィでおすすめの記事

ランカウィのアクセスランキング