【タイ/ワットサムプラン】インパクト大!巨大な竜が巻き付く塔の全貌を紹介

【タイ/ワットサムプラン】インパクト大!巨大な竜が巻き付く塔の全貌を紹介

タイにあるワットサムプラン(ワットサームプラン:Wat Samphran)は、インパクト大の巨大な竜が巻き付くタワーです。その高さは48.5mで奈良にある興福寺の五重塔(高さ50.1m)よりやや低い程度ですが、それでも迫力満点です。

この記事ではこの塔を誰がどんな目的で建てたのか、中や頂上はどうなっているのかを解説します。

目次

【タイ/ワットサムプラン】インパクト大!巨大な竜が巻き付く塔の全貌を紹介

目次を閉じる

ワットサムプランは夢のお告げで建てられた

下から見上げると壮観だ

出典: SATHIANPONG PHOOKIT/shutterstock

この塔は1985年に建立されました。この塔が建つようになったいきさつは、寺院の創設者Bhavana Buddho氏がこの塔を建てるよう、既に亡くなった高僧から命じられたという夢が始まりです。
なお、タイではこのようなエピソードは多数存在します。そして、この塔は建設に5年を費やし完成しました。
僧侶のスキャンダルもあり、一時期荒れていましたが、今は訪れる外国人観光客も多いです。

なお、この塔は外観を見るだけでなく、頂上まで上がることができます。ちなみに頂上以外の途中のフロアは仏教の特別な日しか開きません。

なお頂上への参拝の前には、自分の生まれた日の曜日の仏像がある場所でお参りをしてから行くのが慣例です。

ワットサムプランの胴体の中は?

靴を脱いで上へあがりましょう。はだしでは不衛生なので、念のため予備の靴下を持っていくことをおすすめします。
塔へ上ること自体は無料ですが、タンブン(寄付:20~30バーツ程度)も応じた方がいいでしょう。

中は仏教の装飾がされているかと思えば、コンクリート造りの味気ない感じです。外も見ることはできません。しかし、さすがに暑いので扇風機はおいてあります。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

バンコクでおすすめの記事

バンコクのアクセスランキング