【4連休】四国で旅行ならココ!2021年密避けスポットまとめ

画像出典:kazukiatuko / PIXTA(ピクスタ)

【4連休】四国で旅行ならココ!2021年密避けスポットまとめ

コロナ渦の連休、四国地方で密を避けつつお出かけできる場所をご紹介。

2021年7月はその年限定で4連休がありますが、せっかくのお休みなのだから日帰りでも泊まりでも旅行に出掛けてみたいのは本音。感染症リスクの高いところに出掛けるのは突然おすすめできませんが、四国には人混みも少なくコロナが気にならないお出かけスポットが各県ごとにあり。実は旅行できそうな場所が豊富だったりします。
 
そこで本記事では7月の4連休向け、密回避&感染リスクが低いスポットをまとめてみました。夏日の4連休、過ごし方の一つとしてぜひご参考にしてみてください。

▼他エリアの4連休おすすめスポットはこちら

4連休のおすすめ関東編
4連休のおすすめ東北編
4連休のおすすめ東海編
4連休のおすすめ甲信越編
4連休のおすすめ中国編
4連休のおすすめ九州編

目次

【4連休】四国で旅行ならココ!2021年密避けスポットまとめ

目次を閉じる

【愛媛県】佐田岬

4連休の最初におすすめするスポットは、愛媛県の西端にある景勝地「佐多岬」です。地図で見ると四国北西部、一本突き出た部分の先が佐田岬で、天気の良い日は対岸である九州(大分県)が見えます。近くをフェリーも通っており、四国にいながら最も九州が近く感じる場所と言えるでしょう。もちろん海岸からの海の景色はカメラ必須の絶景。海岸エリアらしい灯台もあり、映える写真が撮れそうです。
 
なおこの佐田岬までの移動は車が必須。愛媛の中心である松山からはかなり遠く離れており、現地に着くまでの長いドライブがメインとなる旅になりそうです。ただし道のりにも注目のスポットあり。佐田岬の道中にある「佐田岬メロディーライン」は、道路に特別な仕掛けが施されており一定の速度で走ることによって音楽が聞こえます。遅すぎず早すぎず走ることでリズムを楽しめるスポットです。バイクの場合は聞こえ辛い可能性があるので注意しましょう。

広々とした野外であり、移動も殆ど車がメイン。距離はあるため、4連休という時間的な余裕は都合が良いでしょう。コロナの感染リスクも少なく、気分よく楽しめるスポットと言えます。

【愛媛県】別子銅山

4連休のおすすめスポット二つ目は、「四国のマチュピチュ」と称される「別子銅山」です。マチュピチュと言えば南米ペルーにある世界的に有名な遺跡ですが、スポットの景観や見た目などからこうしたあだ名がつきました。「別子銅山」はその名の通り銅山として銅の生産に使われていた施設群であり、閉山まで200年以上稼働していた歴史あるスポットでもあります。
 
銅山という情報がなければ、まるで天空の要塞。それこそマチュピチュのように人が住んでいた古代遺跡のような見た目です。山頂から見える景色は眼下の町から瀬戸内海まで一望でき、圧巻の絶景を楽しめるでしょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の香川行き格安航空券

香川でおすすめの記事

香川のアクセスランキング