海外スキー旅行|おさえておきたい世界の有名スキー場

画像出典:robcocquyt

海外スキー旅行|おさえておきたい世界の有名スキー場

壮大な大自然を舞台にした世界各国のゲレンデは、スキー・スノーボードファンの聖地となっています。スーパードライな雪質、驚くほどのコース量、圧倒的な広さ、景色、どれをとってもワールドクラス。思い思いのシュプールを描きに、海外のゲレンデへ飛び出しましょう!

目次

[x] 閉じる

海外スキー旅行|おさえておきたい世界の有名スキー場

1. カナダのおすすめスキー場

世界一のスキーリゾートとして知られるカナダ。ウィンタースポーツを楽しむ人なら一度は行ってみたい、スキーヤー・スノーボーダー憧れの聖地です。スキー場の数は200を超え、現地の人いわく「全てのゲレンデとコースを把握するには何年もかかる」というほど。しかもシーズンは10月〜5月と長く、フリーライディングやパーク、バックカントリーなど、いつでも自分のスタイルにあった滑りが楽しめます。

ウィスラー

ウィスラーの雪山

出典: Adam Melnyk

世界中のスキーヤー・スノーボーダーを魅了してやまないのが、世界一のスキー場「ウィスラー」です。2010年にはバンクーバー冬季オリンピックの競技会場としても使用されたことが、記憶に新しい人もいるのではないでしょうか。

初心者〜上級者まで楽しめるコースが200以上あり、最長滑走距離はなんと11km。山を丸ごと滑っている感覚が楽しめ、広大なゲレンデではダイナミックな滑りを心ゆくまで堪能できます。

ウィスラーとブラッコム、この2つの峰をつなぐ世界一のゴンドラ「PEAK2PEAK」を使えば白銀世界を空中散歩できます。ちなみにこのゴンドラの全長は4.4kmにもなり、谷底からの高さも436mと桁違い。ゴンドラには"赤色"と"銀色"があります。銀色の方に乗れれば、ゴンドラの床の中央はガラス張りとなっているのでちょっぴりスリリングな体験もできます。

ウィスラーのイヌクシュク

出典: nfsphoto

ウィスラーには、カナダ特有の石を人間の形に積み上げた「イヌクシュク」があることでも有名です。伝統的な道しるべの役割や友愛を意味します。ウィスラーへ訪れた際には、このイヌクシュクを探索するのもウィスラーを楽しむ醍醐味になりますね。

バンフ(レイクルイーズ)

バンフ国立公園の美しいペイト湖の景色

出典: CreatingEzra

北米で最も景色の良いスキー場に何度も選ばれる「レイクルイーズ」。冬の街・バンフからアクセスできるBIG3(レイクルイーズ / サンシャインビレッジ / マウントノーケイ)の1つになり、単独のゲレンデとしては最大規模です。

四方を3000m級の山々に囲まれ、眼下には"カナディアンロッキーの宝石"とも称されるルイーズ湖、大自然に抱かれながら極上パウダースノーでの滑走は心が洗われます。

また、バンフの街はアフタースキーが充実。パブやショッピング、映画館、そして周辺には世界的にも有名な温泉「バンフ・アッパー・ホット・スプリングス」もあります。息をのむようなカナディアンロッキーの絶景を観ながら、遊び疲れを癒すのは格別です。

サン・ピークス

出典: 空の家 / PIXTA(ピクスタ)

ウィスラーに次ぐ、カナダで2番目に大きいスキー場が「サン・ピークス」です。日本の"石打丸山"や"湯沢高原"、"八幡平リゾート"などを持つ、日本ケーブルが経営するゲレンデになります。シャンパンの泡のようにキメ細やかなパウダースノーが有名で、現地の人にも穴場スポットとして人気です。

3つの山にはバラエティーに富んだ120本以上のコースが整備され、最長コースは約8km。緩やかな斜面のコースもあるため、子どもやビギナーの人でも気持ち良く滑ることができます。犬ぞりや馬ぞり、スノーモービルなどアクティビティーも充実しているので、家族揃って雪国を満喫するのにもピッタリです。

2. アメリカのおすすめスキー場

アメリカにもワールドクラスのスキー場が点在します。コロラド州をはじめ、ユタ州、ワイオミング州などに人気のゲレンデが集中。周辺の山も標高が高いことから、雪質が良いパウダースノーでのライディングは、体が浮くような感覚を味わえます。

北アメリカのシーズンは11月〜4月ごろです。気候の影響から若干のズレはシーズンごとであると思いますが、日本とほとんど変わらない期間となっています。

ベイル

ロッキー山脈の標高2,500〜3,000mにある北米最大級のスキー場「ベイル」。フロントサイド・バックボール・ブルースカイベイスンの大きく3つのエリアに分かれ、コースも全部で193コースあります。ベイルのパトロール隊員の方が「この山のコースをすべて把握するには3シーズン・300日かかった」と言うほど、広大なゲレンデとなっています。

ベイルは標高が高いことから日中でも気温が上がりにくいです。夜にはぐっと気温が下がるため、雪がしまり良質な雪質が保たれています。厚雪の面積は世界最大規模。手にとって吹けば綿毛のように舞うパウダースノーは、一度板を滑り込ませればその軽さに驚くはずです。

ジャクソンホール

エクストリームスポーツ好きが集うのが、ワイオミング州の「ジャクソンホール」です。ここには1,200mという容赦のない標高差に加え、切り立った崖や角度があるコースが待ち受けています。コース設定としては初級10%・中級40%・上級50%となるので、ある程度の技術がないと厳しいゲレンデかもしれません。

116ものコースがありますが、基本的にはどこを滑ってもOK。そのため自然の地形をフルに活かし、思いのままのラインを描けます。また世界一急なシュートと言われている"コルベットクリフ"に挑戦するために、世界中から強者たちが集います。アクティビティーに富んだ雪山を求めるエクストリーマーは、1度足を運んでみてください。

3. ヨーロッパのおすすめスキー場

東西7カ国(オーストリア/スロベニア/リヒテンシュタイン/ドイツ/イタリア/フランス/スイス)にまたがる壮大なアルプス山脈。数々の名峰を抱えるヨーロッパでは、いたるところでアルプススキーが楽しめます。しかもロープウェイやリフトを乗り継げば、国境を越えることも!スイスでスキー・スノボを楽しみながら、本場イタリアンを食べるなんて贅沢なひとときが過ごせます。

ヨーロッパのスキーシーズンの目安は11月〜4月ごろです。標高が高いエリアや降雪が多いエリアなどでは、ゲレンデオープン・クローズの時期が少しだけ変わることもあるので、事前のチェックは忘れないようにしましょう。

シャモニー(フランス)

西ヨーロッパ最高峰・モンブランのお膝元「シャモニー」。街を取り囲むようにスキーエリアが5つ(ル・トゥール / グランモンテ / フレジェール / ブレバン / レ・ ズーシュ)あります。イタリアやスイスの方までスキーエリアは広がっているため、国境を越えてのスキー・スノボや各国のグルメを堪能することもできますよ。

また、シャモニーは"アルピニズム発祥の地"でもあります。そのため一度は体験したいのが、ヴァレーブランシュでの山岳スキー。そこには美しい氷の世界が広がり、総延長20kmのコースを1日がかりで滑っていきます。圧倒的な大自然でのスキーは息を呑むほどの美しさです。

そしてスタート地点の「エギュドミディ展望台」では、モンブランをはじめとする白く染まった4000m級の山々を360°大パノラマで一望することができます。

ツェルマット(スイス)

名峰・マッターホルンの麓の街「ツェルマット」。ここでは4000m級の山々を勇姿を見ながら滑降するのが醍醐味です。3本の稜線が最も美しく映え、最高の眺めの中を滑走するなら「スネガ」や「ゴルナーグラート」へ足を運びましょう。

ヨーロッパで最も高い展望台(3883m)からはアルプスが一望でき、さらにそこから爽快な滑りを楽しみたいなら「マッターホルン・グレイシャーパラダイス」がおすすめです。ツェルマットはどのエリアに行っても、アルプス山脈の絶景に抱かれながらスキー・スノボを楽しめるんですよ。

なお、ツェルマットでは環境を守るために、ガソリン車の乗り入れが禁止されています。チューリッヒの空港からは、電車で移動するといいでしょう。

ドロミテ(イタリア)

12のスキーエリアからなる「ドロミテ」は、1週間かけても滑ることができません。コース総滑走距離1200kmにもなり、世界最大規模のスキー場となっています。毎年訪れるという日本人スキー愛好者がもいるのも納得ですね。滞在中は飽きることなく思う存分スキー・スノボを堪能できます。

また、世界遺産に登録されるドロミテ山塊を眺めながらの滑走は、木々に囲まれた日本のゲレンデとは別世界な印象を与えてくれます。雪化粧した断崖絶壁の岩肌が連なる絶景を横目に滑るひとときは、贅沢に他なりません。初級〜中級コースが70%を占めるので、誰でも絶景と本場イタリアンが楽しめる最高のリゾート地となっています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

イタリアでおすすめの記事

イタリアのアクセスランキング