国道九四フェリーと宇和島運輸で四国と九州を一度に旅行してみた!【前編】

国道九四フェリーと宇和島運輸で四国と九州を一度に旅行してみた!【前編】

九州も旅行したい!四国にも行ってみたい!でも長い休みはなかなか取れない…。そんなときでも最低2泊3日の旅程が確保できれば、フェリーとレンタカーを利用して両方一度に観光することができるんですよ!九州と四国の間が最も狭くなる豊予海峡を渡るフェリーなら、時間もそれほどかかりません。そこで今回は、愛媛県の松山空港でレンタカーを借りて、行きは「国道九四フェリー」、帰りは「宇和島運輸フェリー」で大分県も巡る旅に出かけてみました。それぞれの船旅を中心に【前編】【後編】に分けてお送りするので、ぜひ最後までご覧ください!

▶ 三崎港⇔佐賀関港のフェリーはこちらで検索・予約!

▶ フェリーで往復して、四国と九州を一度に旅行してみた!【後編】

目次

[x] 閉じる

国道九四フェリーと宇和島運輸で四国と九州を一度に旅行してみた!【前編】

四国と九州、フェリーを使えば一度に観光可能!

四国と本州、そして九州と本州は、橋で直接結ばれています。ですが、四国と九州の間にはそれがないので、車やバスで渡ることはできません。かといって飛行機を使うのも、逆に近すぎて大仰な感じがします。

そこで注目してほしいのがフェリーです!四国と九州の間は、最短で14kmしか離れていません。フェリーを使えば、片道最短1時間10分で行き来することができるんですよ。港のある市までは空港からの連絡バスもあり、乗船の手続きも飛行機に比べればずっとラクチンです!

豊予海峡を渡るフェリーには、2社3ルートあります。

緑色の宇和島運輸が八幡浜⇔別府と八幡浜⇔臼杵の2航路を、オレンジ色の国道九四フェリーが三崎港⇔佐賀関港の1航路を運航しています。宇和島運輸が都市間を結んでいるのに対し、国道九四フェリーは海峡の最短距離を航行しているのが特徴です。

車を使うなら国道九四フェリーがおすすめ!

国道九四フェリーは九州・四国間を最短で結んでいる代わりに、港は都市部からはやや離れています。港までバスも運航されているものの、利便性が高いとはいえません。

逆に、自家用車やレンタカーなどの足があれば、港までは整備された気持ちの良い道路が続きます。途中には素晴らしい景色やメロディーロードなどもあり、港までの道のりも観光の一部として楽しむことができます。

▶国道九四フェリーの時刻や運賃の検索はこちら!

公共交通機関を利用するなら宇和島運輸がおすすめ!

もう一方の宇和島運輸は、別府・臼杵・八幡浜とどれも大きな町の港から出航しています。

八幡浜までは、松山空港や松山市街からバスか鉄道で1時間~1時間半程度で移動可!別府と臼杵へも大分空港から連絡バスが出ていて、それぞれ所要時間は約45分・約90分とさほどかかりません。

別府は言わずと知れた日本最大級の温泉街ですし、臼杵にも国宝の磨崖仏や城下町の街並みといった観光の見どころがいろいろあります。車やバイクなどは使わないという人は、こちらの方が便利でしょう。

▶ 今すぐ別府港・臼杵港⇔八幡浜港のフェリーを比較・予約!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

湯布院でおすすめの記事

湯布院のアクセスランキング