愛媛県内子町のおすすめ観光スポット5選。大正期の商家の暮らしが分かる

画像出典:commons.wikimedia.org

愛媛県内子町のおすすめ観光スポット5選。大正期の商家の暮らしが分かる

GoToキャンペーンバナー

愛媛県の南予地方にある内子町には、長い歴史を感じさせる古き良き街並みが残されています。白壁の商家が立ち並ぶ光景は、まるで町全体がタイムスリップしたかのよう。当時の文化や人々の暮らしが目に浮かぶ、日本人なら誰でも懐かしさをおぼえる町です。

今度のお休みには内子町に出かけ、ノスタルジックな郷愁を味わってみるのはいかがでしょう。歴史が学べる博物館などもありますので、新たな発見が待っているかもしれません。

目次

愛媛県内子町のおすすめ観光スポット5選。大正期の商家の暮らしが分かる

目次を閉じる

1.内子町の歴史や文化が学べる「商いと暮らし博物館」

出典: ja.wikipedia.org

「商いと暮らし博物館」は、かつての商家の暮らしや町の歴史が学べる博物館。江戸時代から明治時代の商家を活用してつくられており、当時の薬局の店舗と家屋がリアルに再現されています。屋内には日常風景を再現した人形が設置されていて、当時の人々の生活風景を知ることができます。

商いと暮らし博物館はメイン通り沿いにあるので、気軽に立ち寄ることができます。内子町がどんな町だったのか、最初にここで歴史を学んでから内子町観光をスタートさせるのもよさそうですね。

2.大正5年に造られた芝居小屋「内子座」

出典: ja.wikipedia.org

大正5年に、大正天皇の即位を祝って建立されたのが「内子座」。歴史ある古い建物ですが、花道・回り舞台・楽屋など、芝居で必要な設備は一通り揃っており、当時の建築技術の高さがうかがえます。

老朽化により一度取り壊しの話が持ち上がったところ、地元住民の強い要望により改修することで現存が決定し、今でも現役の芝居小屋として活躍しているそうです。文楽ファンでなくとも楽しめそうな観光スポットですね。

3.内子の野菜と果物満載の道の駅「からり」

出典: Tzuhsun Hsu

地元で採れた野菜や果物を使った飲み物や食事など、内子町のグルメを集めた道の駅が「道の駅内子フレッシュパーク からり」です。内子町ならでは新鮮な果物や野菜が手に入る「からり直売所」のほか、SPFポークの内子豚を使った料理が名物の「レストランからり」をはじめ、美味しい料理を提供するお店がずらりと並んでいます。

モチモチ感が人気の食パン「からりブレッド」や、地元の野菜と果物を使ったジェラートなど、大人も子どもも喜ぶメニューがいっぱい。訪れる際は、お腹をすかせてから行きましょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

内子町でおすすめの記事

内子町のアクセスランキング