国道九四フェリーと宇和島運輸で四国と九州を一度に旅行してみた!【後編】

国道九四フェリーと宇和島運輸で四国と九州を一度に旅行してみた!【後編】

フェリーとレンタカーを使って九州と四国を一度に観光する2泊3日の旅、いよいよ後編です!

▶ フェリーで往復して、四国と九州を一度に旅行してみた!【前編】

往路は佐田岬半島の三崎港と大分市の佐賀関港を結ぶ国道九四フェリーを使いましたが、帰路は別府~八幡浜の「宇和島運輸」を利用します。フェリーも違えば、立ち寄る観光スポットやルートも行きとは異なるので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

▶ 別府港⇔八幡浜港のフェリーはこちらで検索・予約!

目次

[x] 閉じる

国道九四フェリーと宇和島運輸で四国と九州を一度に旅行してみた!【後編】

車なら国道九四フェリーが、公共交通機関なら宇和島運輸がおすすめ!

【前編】で取り上げたのは桜色の部分、そして今回は海色のルートをたどります。

【前編】で乗船した国道九四フェリーは、四国と九州の間の豊予海峡を最短で結んでいます。そのぶん港までの移動には時間を要しますが、車やバイクであれば、途中のドライブも景色も素晴らしいのでおすすめですよ!

また【後編】で利用する宇和島運輸は、別府・臼杵・八幡浜とそれぞれ大きな町にターミナルを構えています。港までの交通の便が良いので、公共交通機関で旅行される人は宇和島運輸フェリーの方が使いやすいといえるでしょう。

▶ 国道九四フェリーの時刻や運賃の検索はこちら!

▶宇和島運輸フェリーの時刻や運賃の検索はこちら!

おんせん県の温泉観光地に泊まる

前編では、国道九四フェリーのターミナルがある佐賀関の観光情報までご紹介しました。後編は、関あじ・関さばの港町佐賀関を後に、宿泊地へ向かうところからスタートです。

▶ 三崎港⇔佐賀関港のフェリーを比較・予約!

せっかく「おんせん県」こと大分に来たのですから、やはり湯どころに泊まりたいですよね!翌日は別府港から出港するので別府温泉で宿をとるのが最も便利かつ定番ですが、ここは車移動の利を生かして湯布院まで行ってみることにしました。

佐賀関から湯布院までは、車なら高速道路を使わず一般道でも1時間半ほどで着きます。公共交通機関の場合は、佐賀関から大分駅前まで路線バスが1時間に1本くらいの割合で出ていて、所要時間は1時間20分ほどです。

写真は、湯布院を流れる大分川沿いの風景。由布岳をバックに、桜並木と菜の花の素晴らしいコンビネーションが見られました!

湯布院のメインストリート「湯の坪街道」はこの日も大賑わい!外国人観光客や修学旅行生も多かったです。

スイーツやお土産のお店がたくさん並んでいて、食べ歩きなども楽しそうでした。

▶ 湯布院の観光スポット52選!自然あふれる温泉の街は観光名所の宝庫

通り沿いにはこんな感じの、オシャレ&レトロなミュージアムも点在しています。

湯の坪街道の終点には金鱗湖があります。

日中も十分いい雰囲気ですが、早朝に訪れると…

朝霧の漂う、より幻想的な景色を眺めることができます!

金鱗湖のほとりには共同露天風呂の「下ん湯」があります。利用料を料金箱に入れて誰でも入浴できますが、混浴のうえに角度によっては外から見えてしまうので、ちょっと勇気が要りますよ(笑)。

こちらは内湯の共同浴場の「ゆのつぼ温泉」。利用料は200円で、男湯と女湯に分かれています。

下ん湯より宿に近かったこともあり、私はこちらに入りました。

「THE・町の共同浴場!」という感じで雰囲気も抜群!お湯もアツアツでとっても気持ち良かったです。

たまたまかもしれませんが、地元の人は浴場の水道を使わず、湯船のお湯で頭や体を洗っていました。別府と違って硫黄の臭いはなく、肌になじみやすい泉質のようです。

フェリーの待つ別府港へ!

翌朝、黎明の湯布院に別れを告げて、フェリーに乗るべく別府へ向かいます。

別府と湯布院は、間に由布岳と鶴見岳があるので往来しづらそうに見えますが、実際には道がいいので車で1時間もかかりません。

途中の狭霧台(さぎりだい)からは、湯布院の盆地を一望することができます。冬に訪れれば、雲海に沈む湯布院を眺めることもできますよ!

荒々しい由布岳を峠から見上げて、いよいよ別府側に入ります。時間に余裕があれば、別府ロープウェイに乗って鶴見岳からの景色を楽しむのもおすすめです。

別府の温泉街を抜けて、はや別府観光港の宇和島運輸フェリーターミナルに到着です。もちろん別府に宿泊すれば、地獄めぐりはじめ別府の観光を満喫できます。

▶ 別府の人気&おすすめ観光スポット12選。温泉天国で美しい地獄を巡ろう!

タクシー乗り場も整備されていて、朝からお客待ちのタクシーが並んでいました。これなら徒歩でフェリーに乗ってきた人も、すぐに別府市内を移動することができますね。

こちらがターミナル内のようす。

こちらはお土産コーナー。定番商品はもちろんのこと、前編でご紹介した「くろめ」も置いてありました。

まだ午前9時前でしたが、お食事処も開いていました。

せっかくなので、朝の腹ごしらえにごぼう天うどんを注文。がっつり食べたい人には、大分名物のとり天定食や、八幡浜サイドのじゃこカツ定食などもありますよ!

こんな感じのやたらレトロなゲームがあったのも、なんとなく印象に残りました(笑)。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

湯布院でおすすめの記事

湯布院のアクセスランキング