今再注目の熱海を楽しむならここ!おすすめ観光スポット12選

画像出典:kazukiatuko/PIXTA(ピクスタ)

今再注目の熱海を楽しむならここ!おすすめ観光スポット12選

温泉、観光、自然、グルメと様々な魅力を持つ日本屈指の温泉地・熱海。古くから湯治場として栄えた熱海は、江戸時代に温泉保養所として注目を浴び始めると、東海道新幹線の開通やバブル期のリゾート開発の波に乗り一気に日本を代表する温泉観光都市へと成長。その後、施設の老朽化や景気の低迷により一時衰退しますが、近年はレトロ&モダンを楽しめる「おしゃれな温泉地」として、若者の間で再び話題となっています。東京から新幹線で約40分とアクセスが良いのもうれしいところ。今回は、そんな熱海でぜひ訪れたいおすすめの観光スポットを厳選して12ヶ所ご紹介していきます。

目次

今再注目の熱海を楽しむならここ!おすすめ観光スポット12選

目次を閉じる

1.熱海城

出典: kazukiatuko/PIXTA(ピクスタ)

「熱海城」は日本の城郭を模して建てられた観光施設です。天守閣にある展望台からは、熱海市街をはじめ湯河原や真鶴半島、さらに天気の良い日には初島や大島、伊豆半島までも一望できます。地形がよく似ていることから「東洋のモナコ」と呼ばれている熱海。そんな絶景をぜひ熱海城から眺めてみましょう。

城内には日本の歴史について学べる日本城郭資料館や武家文化資料館、浮世絵展があるほか、絶景を楽しみながら浸かれる足湯と無料のマッサージチェアが備えられています。お子様連れのファミリーに人気のゲームコーナーや無料遊戯施設も要チェックです。

◆熱海トリックアート迷宮館

人間の目の錯覚を利用して平面を立体的に見せるというトリックアート。そんな面白アート作品を楽しめるのが、熱海城の別館にある「熱海トリックアート迷宮館」です。壁から飛び出す猛獣や大きくひび割れた床、小人のように小さくなってしまった自分の姿など驚きの光景があなたを待っていますよ。

◆熱海ロープウェイ

1958年の開通から60年以上にもわたって愛され続けている「熱海ロープウェイ」。麓から山頂までの所要時間はわずか3分半で、「日本で最も乗車時間が短いロープウェイ」としても知られています。

山頂には熱海城や熱海秘宝館といった観光名所がありますが、中でもぜひ訪れて頂きたいのが「あいじょう岬」。鍵付きの絵馬に願いを書き、柵に奉納してそれぞれ鍵を持ち帰るというカップルに人気のラブスポットです。岬からの眺望も素晴らしいですよ。

◆熱海城桜まつり

出典: Yoshitaka/PIXTA(ピクスタ)

熱海城周辺にはおよそ200本ものソメイヨシノが植えられており、3月下旬から4月上旬にかけて一気に見頃を迎えます。毎年その時期に開催されるのが「熱海城桜まつり」。様々なグルメを集めた露店が出るほか、ステージではカラオケ大会などのイベントが行われたくさんの観光客で賑わいます。

天守閣に上ってピンクの絨毯を敷き詰めたような華やかな光景を見下ろすも良し、桜に包まれた熱海城を庭園から見上げるも良し。ライトアップされた幻想的な熱海城と夜桜のコラボも必見です。2週間ほどの季節限定イベントなので時期をあわせてぜひ。

2.貫一お宮の像

出典: photoskey/PIXTA(ピクスタ)

熱海という地名を全国に知らしめた尾崎紅葉の小説『金色夜叉(こんじきやしゃ)』。1897年から5年間にわたって読売新聞に掲載された人気小説で、主人公の貫一とお宮は当時絶大な人気を誇りました。そんな『金色夜叉』で最も有名なシーンを再現したのが「貫一お宮の像」です。

お宮に振られた貫一が怒り、お宮を蹴飛ばすというこのシーン。像の隣に設置された解説板には、小説では語られていない物語やその後の話も綴られており見応え充分です。運が良ければ、地元ボランティアガイドによる説明も聞けますよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の熱海行き格安航空券

熱海でおすすめの記事

熱海のアクセスランキング