1. トップ
  2. アジア
  3. 中国
  4. 広州

広州の概要

広州

画像の出典元: xiquinhosilva/flickr

人口約852.5万人
都市コードCAN
人気の航空会社
  • 中国南方航空
  • 全日空
  • 日本航空
飛行時間5~6時間
広州発の航空券情報はこちら

広州までは飛行機でおよそ5~6時間で行くことができます。広州の歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べて広州旅行を有意義に楽しみましょう。

広州行きの最安値を比較

中国国内からの広州行き 最安値を比較

中国三番目のメガシティ「広州」

北京。上海と並ぶ中国三大都市の一つ広州。中国南方の広東省に位置し、都市内部を流れる中国三大河川の一つ珠江によってもたらされる美しい景観や交通の利便性などによって、華南地域の文化、経済的な中心都市としての地位を確立させています。そんな広州市に欠かせない珠江をよりいっそう美しく味わいたい方にはナイトクルーズがオススメ。船上から眺める街全体がライトアップされた光景には思わずここが中国であることを忘れてしまうかもしれません。また、その中でも一際目立つ広州タワーは2010年に一般公開が始まったばかり。外から眺める姿も印象的ですが、その内部にはショッピングエリアやレストラン、遊園地などもあるので一度訪れてみてはいかがでしょうか。

広州の歴史

広州には2000年以上の歴史があります。古くから珠江での水運を活かし海外への玄関口としての役割を担ってきた広州。その役割は鎖国状態にあった清時代においても失われることなく、中国唯一の対外貿易港として繁栄を極めます。しかし、清時代の末期に締結された南京条約によって新たに上海港が開かれると次第に貿易の中心はそちらに移っていきました。失業者が溢れる広州に転機が訪れたのは1978年。改革開放政策によって再び近代貿易の表舞台に返り咲くこととなりました。広州で随所に異国の文化が溶け込んだ姿を見ることができるのは一時停滞しつつも一貫して対外貿易の中心地として繁栄してきた証なのです。

広州の経済

広州の物価は今では日本とさほど変わらないという状況が端的に広州の発展度合いを表しているでしょう。その経済成長の伸び率は他の中国三大都市の北京、上海にも勝ります。広東省が「世界の工場」としてご存知の方も多いでしょうが広州は更にその中心地、さながら「世界の工場の大黒柱」とでもいった感じでしょうか。中国経済だけでなく世界的に見てもなくてはならない都市だと言えるでしょう。

広州行きの格安航空券について

広州を訪れる際は「新白雲国際空港」を利用することになります。日本からは成田、関西、中部、福岡空港からの便が就航しており、一番便数が多いのは成田空港になります。なお、中部空港からは上海を経由します。中国南方航空や全日空、日本航空などの直行便があります。費用を抑えたい場合、乗り継ぎが多くなりますが、中国系の航空会社を利用する選択肢もあります。また、年間を通して航空券の価格の変動はあまりないようです。

広州の気候

広州は亜熱帯性の気候で年間を通して温暖な日が多いです。訪れるには気温がそこまで上昇せず、雨の少ない晴れの日が多い9月の下旬~12月にかけてがベストシーズンだと言えます。夏である5月~9月は二中の気温が35度を超えることも多いためあまりオススメできません。また季節風モンスーンによる影響で雨季と乾季が分かれていて、4月~9月にかけては雨量が多く10月~3月にかけて少なくなります。どの時期でもスコールに注意は必要ですが、雨量の多い時期に訪れる際は特に雨具の用意を忘れないようにしましょう。また、海に近いため年間を通して湿度は高めです。

広州の主な交通手段

広州の主な交通手段

画像の出典元: lindsaybridge

広東省の州都である広州では交通が非常に発達しているため、目的に応じて路線バス、電車、観光バス、水上バスなどの選択が可能です。バスを利用する場合は「羊城通」と呼ばれる交通カードの利用がオススメ。コンビニや銀行などで約40元で購入することができ、広州市内の路線バス、地下鉄、タクシーなどの公共交通機関で利用できるほか、指定のスーパーや飲食店、コンビニなどの提携店でも使うことができるため非常に便利です。加えて、使わなかった金額は後から返却してもらえるため無駄もありません。

バス バスの種類や運行会社によって異なりますがだいたいの運行時間は朝6時~夜22時です。市内の路線バスはエアコン付きのものが2元、なしのものが1元。市内だけでなく国内の各地へ走る長距離バスも運行しています。
地下鉄 広州市内では地下鉄網も非常に発達していて市内の主な観光地へと行く事ができます。長期滞在を予定している方は地下鉄カードの購入がオススメ。月使用回数が16回を超えると、それ以降の乗車が4割引きになります。
タクシー 広州のタクシーは赤、黄色、青、金色、緑の5色に分けられていて一番オススメなのは黄色のタクシー。黄色のタクシーは多くのドライバーが広州出身のため、経路に詳しく安全度も高いようです。しかし、どの車種も料金は同じで、市内の初乗り料金は10元で、2.5キロを超えると1キロ毎に2.6元の料金が追加されます。

広州行き航空券利用者の声

羽田⇔広州 男性 32歳

日本本社からの出向で現地小会社に出向してり広州に住んでいます。一時帰国や会議の際は羽田空港を利用しています。前回一時帰国から広州に帰る時はANAを利用して帰りました。何か理由がない限り、ANAのマイレージを貯めているのでANAで帰るようにしています。
羽田空港は自宅から電車で数駅の場所にあるので、アクセスがとても便利です。また、2,3年前に国際ターミナルができてから、新しいレストランやショップが沢山できたので、搭乗時間まで暇つぶしができます。羽田空港を利用するときに必ず食べるのが「六厘舎」のつけ麺です。
ここのつけ麺はもともと連日行列1時間待ちの人気店なのですが、羽田空港はフードコートに入っており行列なしで食べることができるので必ず立ち寄ります。
お腹一杯になったところで飛行機に搭乗、広州までは約5時間なので映画を2本見ればすぐに着く距離なので苦になりません。私は広州市内に住んでおり、赴任当初はタクシーで移動していましたが、生活に慣れてきたので今は地下鉄を利用して市内にでます。空港から自宅までは地下鉄で約30分程度で帰れます。

成田⇔広州 男性47歳

会社の出張でたまに広州に訪れています。この前は安い航空券で行くように、会社から言われたので、格安航空券予約サイトで航空券を予約しました。中国東方航空という航空会社の航空券です。ANAで直行便が見つかったのですが、やはり中国の航空会社のほうが乗り継ぎがある分、安かったので、そちらを選びました。経由地は上海の浦東空港でした。成田から上海までは3時間半。上海の浦東空港では1時間半ほど乗り継ぎで待ちました。上海から広州も中国東方航空で3時間ほど。機内では仕事関係の書類に目を通したり、成田空港でかった雑誌などを読んでいました。
乗り継ぎをしてまで節約する会社の愚痴を同僚と言っていると、広州をちょっと観光しようという話に。夜に広州タワーのレストランに行きました。なかなか美味しいレストランだったので気に入りました。

羽田⇔広州 女性26歳

広州に旅行で訪れました。インターネットでホテル、サファリパーク、プールなどがひとつの敷地内にある、長隆野生動物園をみて行きたくなったからです。小さい子どもを連れての観光だったので、乗り継ぎなどはしたくなく、ANAの直行便の航空券を予約しました。羽田空港に国際線ターミナルができてからはじめての利用でしたが、とても綺麗でレストランやショップがたくさん入っていたので、空港の中でプチ観光できました。
座席も少しでも座席幅が広いところでゆったり過ごせればということで、プレミアムエコノミー席にしました。広州までは5時間半くらいで、子どもも寝てくれたので特に困ったことはありませんでした。空港からはあらかじめチャーターしたタクシーで長隆野生動物園に行き、2泊3日滞在しました。最後の1日は広州市内を観光したのですが、少し空気が汚い感じが。念のためマスクを用意しておいたのでよかったです。長期間いるとよくなさそうだったので本場広東料理をレストランで食べてからすぐにホテルに戻りました。

広州旅行 よくあるFAQ

マイルは貯まりますか?

ANA、JALともにたまります。購入した金額や、クラスによって貯まるマイルポイントが違いますので、それぞれのホームページでご確認ください

妊婦でも乗ることができますか?

できます。ただし、出産予定日が4週間以内、双子を妊娠されている、早産の経験がある方については別途手続きが必要になるため、事前に航空会社に連絡が必要です。

ゴルフバックは別料金ですか?

ANA、JALともに受託荷物は2つまでOKなので、1つ分に充てれば可能です。日本ではそのようなことはありませんが、中国や東南アジアにゴルフバックを持っていくと扱いがひどいので、ちゃんとゴルフバックケースに収納してもっていくことをオススメします。

機内持ち込み手荷物の条件はありますか?

JAL、ANAとも機内手荷物の条件は、7kg未満の荷物を1つまでです。
お土産用などの手にもっている袋類は基本カウントされないですが、あまり多く持ちすぎていると制限されることがあるので、できるだけ1つにまとめて下さい。