1. トップ
  2. アジア
  3. 中国
  4. 重慶

重慶の概要

重慶

画像の出典元: yichaoMA/Shutterstock

人口約969.2万人
都市コードCKG
人気の航空会社
  • 中国国際航空
  • 中国東方航空
  • 海南航空
飛行時間5~7時間
重慶発の航空券情報はこちら

重慶までは飛行機でおよそ5~7時間で行くことができます。重慶の歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べて重慶旅行を有意義に楽しみましょう。

重慶行きの最安値を比較

中国国内からの重慶行き 最安値を比較

中国内陸部最大の都市「重慶」

日本語では「チョンチン」と発音する重慶。長江上流の四川盆地に位置します。中華人民共和国の直轄市のひとつで、その面積は日本の北海道並みです。これだけで中国本土のスケールの大きさを容易に想像できるでしょうが、重慶はその広大な中国国内でも、さらには世界的に見ても屈指の大都市なのです。そんな重慶には多くの見所があります。長い年月をかけて築かれた大量の石像が並ぶ「大足石刻」は重慶で定番の観光スポット。また中国で鍾乳石洞窟が見られるのは武隆カルストだけです。文化と自然、両方の世界遺産を堪能した後は、長江三峡クルーズ古の詩人達が眺めてきた景色を探しに出かけてみてはいかがでしょうか。

重慶の歴史

非常に古くからの歴史を持つ重慶。旧石器時代にはすでに人間が居住していたというのだからそれも納得です。なぜそんな昔から、内陸部に位置する重慶に人々が生活していたのか。その最大の理由は、重慶が「長江」と「嘉陵江」という二つの大河が交わる場所に位置し、それを活かした水運が行われることによって中国物流の心臓としての機能を果たしていたからです。近年では、付近で産出される豊富なエネルギー資源を利用した工業や、三狭ダムの完成による輸送技術の発展によって、重慶のさらなる成長も期待されています。重慶の未来は明るいと言っていいでしょう。

重慶の経済

かつては「工業は重慶に学べ」とまで言われるほど、内陸部工業化の中心地として活躍していた重慶。しかし1980年代には、改革開放政策によって発展した上海などの沿岸都市との経済格差に悩まされます。それを乗り越えるため、近年では直轄市に指定されるなど、内陸部復興の拠点という新たな地位を獲得しつつあります。持ち前の交通の利便性を発揮して中国一大の都市として返り咲くのも時間の問題ではないでしょうか。と言っても中国全土で見た場合、経済レベルはかなり高水準です。

重慶行きの格安航空券について

重慶には複数の空港がありますが、最大の空港は重慶江北国際空港です。旅行の際は、中国東方航空や中国国際航空などの中国系の航空会社を利用するのが一番費用を抑えることができます。日本からの直行便はないため、中国の都市で乗り継ぎが必要ですがその際は北京や上海を利用するのが便利でしょう。年間を通して航空券の相場はあまり変わりません。

重慶の気候

重慶に行く場合は身体的負担の少ない春か秋がオススメです。何よりも夏は避けるのが賢明でしょう。中国の「三大ボイラー」とまで呼ばれる重慶では夏季の平均気温が28度をこえ、湿気も高くなります。せっかくの海外旅行、うんざりするような蒸し暑さは避けたいですよね。また、冬季である1月の平均気温は7.5度ほど。内陸盆地に位置する割には比較的温暖ですが、寒さに慣れていない人には少しつらいかもしれません。辛い物が好きな人は本場の「四川料理」で体を温めるのも一つの手です。これらに加えて、重慶では一年を通じて曇りや雨の日が多く日照時間が少ないので薄手の羽織などが重宝するでしょう。

重慶の主な交通手段

通勤、退勤ラッシュ時非常に混雑する重慶市内の観光に非常に便利なのはモノレールです。乗車時に料金が分かるので安心ですね。車窓からの眺めも良く、夜は夜景を楽しむこともできます。他に、長江を渡るロープウェイからもダイナミックな景色を楽しむことができます。市内ではバスの路線も充実しているため、モノレールと合わせて利用することでさらに効率的な移動が可能になるでしょう。これらの交通手段では重慶交通カードと呼ばれるものが利用可能です。日本でいうSuicaのようなもので、モノレールの駅などでチャージをすることもできます。中国語が話せなくても各種交通手段を利用することができるのでオススメです。 また、水上交通が発達している重慶には長江沿いの他県行き、武漢や上海行きの定期船、長江を下る観光船もあり、船旅が好きな方にオススメです。重慶は比較的治安の良い街ですが、市内観光をするとき、貴重品の管理には十分注意をしましょう。

モノレール 重慶動物園駅~繁華街の較場口駅間の全13駅を走ります。料金は1元からで行き先によって変わります。所要時間は約25分。重慶交通カードの利用可能です。
路線バス 乗車は前方、降車は後方のドアから。また、往路と復路でルートが変わる路線もあるので注意が必要です。基本料金は空調の有無によって変わり、空調ありが2元、なしは1元になっています。重慶交通カードも使えます。
ロープウェイ 高低差の激しい重慶での重要な交通手段として以前は路線が複数ありましたが、現在は1本のみ営業中。庶民の足としての役割が強いので現地住民の利用が主です。乗車券の値段は5元ほど。重慶交通カードも利用可能です。

重慶行き航空券利用者の声

成田⇔重慶 女性28歳

以前中国語を教えてもらっていた中国人の先生を訪ねて、友人と2人で重慶に行ってきました。なるべく安く、しかも直行便で行きたいと思い、成田から春秋航空日本を利用することにしました。LCCで渡航するのは初めてで少し不安でしたが、春秋航空日本の公式HPを見て、各種サービスなども充実しているようなので安心しました。事前予約できる機内食のメニューも豊富で、どれも美味しそうでした。私は、四川風ピリ辛チキンのお弁当を予約することにしました。
また、座席指定料金を払えば座席の指定もできるため、私は一番足元の広いコンフォートシートを、インターネットで予約しました。インターネット予約と空港カウンターでの予約では、インターネットで予約した方が料金は安く、それも嬉しかったです。
事前予約のおかげで、当日は何の心配も無く、成田空港から重慶まで5時間の快適な空の旅でした。重慶北国際空港からは、先生のご主人の車でホテルに直行。ホテルで一休みしてから、その夜は火鍋の名店で、先生のご家族と食事を楽しみました。翌日からの2日間は、300年前に建てられた「湖広会館」を見学したり、三峡下りの出発地点「朝天門」で絶景を眺めたりと、楽しく過ごしました。帰途も、重慶から成田まで春秋航空日本を利用し、直行便で4時間。足元の広い座席だったので、ゆったりと過ごすことができました。

羽田⇔重慶 男性30歳

中国が好きで何度も出かけています。今回は、いつか行きたいと思っていた三峡下りのツアーに参加するため、ツアー拠点の重慶まで飛行機で行き来しました。長江の三峡下りツアーに費用がかかるため、フライトは格安でと考え、今回エアチャイナを利用することにしました。チケットは、オンラインで予約ができるため、便利で簡単でした。行きは、北京で乗り換えました。
その後、北京から重慶までは約3時間。空港からはタクシーでホテルに向かいました。翌日は、朝から三峡下りの出発地点である「朝天門」付近まで出かけ、念願だった三峡下りのツアーに参加しました。学生時代から三国志が大好きだったので、雄大な景色を見ながら三国志ゆかりの地を船で旅するなんて、夢のようです。風光明媚な三峡景観は、まるで絵画の世界に迷い込んだようでした。下りと上り合わせて10日間のクルーズを終え、大満足で中国東方航空に乗り上海経由で帰路につきました。帰りは、乗り換え時に空港移動が無かったので、ゆっくりできて良かったです。

関西⇔重慶 男性50歳

神戸で貿易関係の自営業をしています。仕事の関係で重慶に行くことが度々あり、今回は春秋航空を利用しました。他にもJALやANAの航空券がありましたが、今回は安く行って、家族にお土産でも買って帰ろうと思いました。
関西空港から重慶まで直行便でおよそ5時間。航空券が驚くほど安かったので、座席を広くしたりすることができたで、とても良かったです。機内食を食べて、のんびりしているとあっという間に到着してしましました。中国の航空会社はサービスが悪いとか、CAさんの態度が悪いとか色々と口コミを目にしますが、私はそこまでサービスや態度について気にしません。5時間程度なら、何かトラブルが起きない限り、さほどお世話になるようなこともないです。あと、仕事の書類に目を通したり、寝ていたりすれば、飛行機はどの会社も一緒だと思います。





重慶旅行 よくあるFAQ

春秋航空日本では、機内持ち込みの手荷物は何個まで可能ですか?

一人1個です。大きさは、3辺の合計が115㎝以内で、5㎏までです。

春秋航空で座席指定できる座席には、どんな種類がありますか?

機内で一番足元の広いコンフォートシート。後方席に比べたらやや足元がゆったりしたレッグシート。ファミリーやグループで利用しやすいスタンダードシート。この3種類です。

妊婦ですが、中国東方航空を利用して中国へ行く予定です。フライトの際、必要なものを教えて下さい。

妊娠32週までは、母子手帳と誓約書。妊娠32週から35週は、母子手帳と医師の診断書と誓約書が必要です。妊娠36週以上は搭乗できないので気を付けてください。

中国国際航空を利用し、重慶から日本に帰国する予定です。重慶の空港でのチェックイン受付終了時間は、フライト時間のどのぐらい前ですか?

1時間前です。時間には余裕を持って行動しましょう。