1. トップ
  2. アメリカ/カナダ
  3. カナダ
  4. ウィニペグ

ウィニペグの概要

ウィニペグ

画像の出典元: pixabay.com

人口-
都市コードYWG
人気の航空会社
  • エアカナダ
  • デルタ航空
  • 全日空
飛行時間11~14時間
ウィニペグ発の航空券情報はこちら

ウィニペグまでは飛行機でおよそ11~14時間で行くことができます。ウィニペグの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてウィニペグ旅行を有意義に楽しみましょう。

ウィニペグ行きの最安値を比較

カナダ国内からのウィニペグ行き 最安値を比較

カナダのど真ん中にある多民族都市「ウィニペグ」

ウィニペグはマニトバ州の州都で、2つの川の合流地点にある都市です。その都市名はクリー語で「泥の水」を意味します。世界的にも有名なクマのプーさん(ウィニー・ザ・プー)はウィニペグで生まれたため、その名前の由来にもなったと言われています。また、先住民や移民が多く住むことでも知られているウィニペグ。多くのメティス(フレンチ・カナディアン)が住むサンボニファス地区には、博物館や大聖堂があり、また、コリドンアベニューにはイタリア系移民が築いた文化が色濃く残されています。毎年8月には世界最大の民族フェスティバル「フォークロラマ」が開催されることでも有名。それぞれの国や民族がパビリオンを開き、料理や音楽、民芸品などを紹介する国際色溢れるイベントです。

ウィニペグの歴史

元々はファーストネイションズ(カナダインディアン)と呼ばれる先住民が住んでいたウィニペグ。レッド川をカヌーで渡り、川沿いで農作物を植えながら狩猟生活をしていました。1738年、フランス人が初めての交易所を建設。1870年には5番目の州としてマニトバがカナダ自治領に加わり、ウィニペグは州都となります。それ以降たくさんの民族がこの地に移住し、独自の文化を作り上げました。特にフレンチ・カナディアンが多く住むことでも知られています。

ウィニペグの経済

安定した雇用が魅力のマニトバ州。その州都であるウィニペグの経済は、農産物と物流に支えられています。特に製粉業が盛んで、国内最大級の小麦と肉牛市場があることで有名。カナダのちょうど真ん中に位置することから、西部と東部を結ぶ交通の拠点としても重要な役割を果たしています。元々いたヨーロッパ系移民のほかに、近年ではその失業率の低さから、アジア諸国から移住を希望する人も増えています。

ウィニペグ行きの格安航空券について

日本からウィニペグへの直行便は運行されていないため、アメリカやカナダの他都市にて乗り継ぐ必要があります。格安航空券としてはデルタ航空やエア・カナダがおすすめ。それぞれミネアポリスやカルガリーまたはトロントを経由します。

ウィニペグの気候

ウィニペグは年間を通して気温差が激しい地域です。夏には30度近くまで上がる気温も、真冬には平均マイナス20度以下にまで下がります。夏の日中は半袖でも大丈夫ですが、日差しが強いことに加え、朝晩は冷え込むので羽織れる物があると便利。冬は防寒具が必須です。雪が解け始める春先には川が氾濫し、洪水が起こることもあるので注意が必要です。

ウィニペグの主な交通手段

ウィニペグの主な交通手段

画像の出典元: en.wikipedia.org

主な交通機関はバスです。ウィニペグ市内のほとんどを網羅しており、まさに市民の足となっています。運賃は固定で75分間乗り放題。市内のいたるところにバス停があるので、観光客でも気軽に利用することができます。また、ウィニペグには市営の無料巡回バスもあります。運行時間は路線や曜日によって異なりますが、主要観光地やショッピングエリアを走っているため非常に便利です。

ウィニペグ行き航空券利用者の声

成田⇔ウイニペグ 20代女性

大学の卒業旅行に、友達と海外に行く事にしました。アメリカも十分魅力的だけど、カナダも良かったので、最終的にカナダにあるウイニペグを選びました。問題は旅行資金でしたが、格安航空券を使うことでなんとか航空券代を安く抑えることができました。エアカナダのエコノミークラスでしたが、乗り心地は悪くなく、軽食もおいしかったです。コーヒーやジュースなどの飲み物も豊富に選べて、楽しいフライトでした。およそ8時間半のフライトの後、バンクーバー国際空港で乗り換えました。さすがに長時間の飛行で、みんな若干疲れが出ている様でした。乗り継ぎ時間は2時間20分でちょうどよく、再び飛行機に乗ってウイニペグへ。ずいぶん広い空港で、ちょっと迷子になりそうでした。空港からは車で10分ほどの所にあるホテルに一度チェックインしてから、すぐ近くにあるAssiniboine Parkに行ってみました。緑が豊かな公園で動物園もあり、心癒されました。

成田⇔ウイニペグ 60代男性

海外旅行が好きで、アメリカ国内はほとんど行きつくしてしまったので、今回はカナダのウイニペグへ初旅行です。格安航空券が手に入ったので、その分オプションに回すことにしました。デルタ航空のコンフォート・プラスにしたので、席はゆったり座れます。ビールやワインといったアルコール類に加えて食事も充実。気持ちよくていつの間にか眠ってしまいました。途中ミネアポリス・セントポール国際空港で乗り換えましたが、空港の上から見るミネソタ州は、森や湖が数多くあり、実に自然豊かな地域でした。乗り換えの際、とても入国審査が厳しくて1時間以上待たされました。十分に乗り換えの時間があったからいいけれど、乗り継ぎの時間がないときは焦るでしょうね。ウイニペグで印象深かったのが美術館や博物館などの文化的施設です。特に美術館は実におしゃれな建物で、中も見ごたえ十分でした。近代的な街並みが広がっている一方、自然が豊かでのんびり過ごせるウイニペグに非常に心ひかれました。次回も格安航空券で、また来ます。

成田⇔ウイニペグ 20代女性

大学院で言語学を専攻しています。今回は、日本ではあまり知られていない土地で語学の勉強をしてみたいと思って、カナダのウイニペグに語学留学しました。ここには、日本人はほとんどいないので、英語の勉強になりそうです。学生なので、チケットは格安航空券のエア・カナダにしました。嬉しいことにエコノミークラスでもワインが無料!旅のうれしさもあって、美味しいワインを結構飲んでしまいました。カルガリーではちょっと乗り換えの時間があったので、空港内にある「SPACEPORT」という博物館に立ち寄ってみました。ここには月の石が置いてあったり、スペースシャトルの模型もあったりして結構楽しく過ごせました。ウイニペグの空港に着いたときはもう夕方になっていたので、すぐタクシーでホテルにチェックインしました。翌日は、The Forks National Historic Siteのレストランで食事をしたり、ショッピングをしたりして、もうとっても楽しかったです。日本の大学で知り合ったカナダ人の友人たちと合流して、おしゃべりに花を咲かせたりして本当に楽しいひとときでした。

ウィニペグ旅行 よくあるFAQ

乗ろうと思っていた便が欠航になってしまった!航空会社の対応が知りたい

エア・カナダでは、欠航になってしまった場合はサポートします。可能であれば、エアカナダの他のエアラインの予約を手配します。また翌日までフライトが不可能な場合には、お食事やホテルにかかる費用を提供することもあります。未使用のチケットはキャンセルして、次回のご利用の際に使用することもできます。

目的地に着いたら手荷物がなくなっていたけどどうすればいいの?

エア・カナダの国際線をご利用の場合、7日以内に「エア・カナダ手荷物サービス係員」までお申し出ください。なお、6日以上たっても見つからない場合は、HPより「手荷物未着申請書」をダウンロードして、エア・カナダ・バゲージ・クレーム係にご提出ください。詳細はHPに記載されていますので、チェックして下さい。

コードシェアとはどんなものですか?

コードシェアとは、2つ以上の航空会社によって共同運航される便のことです。便名は一つの航空会社になっていますが、実際は提携航空会社よって運行されることがあり、これをコードシェア便と呼びます。コードシェア便は予約時に知らされることが一般的です。