1. トップ
  2. アメリカ/カナダ
  3. アメリカ
  4. ウィチタフォールズ

ウィチタフォールズの概要

ウィチタフォールズ

画像の出典元: istockphoto.com

人口-
都市コードSPS
人気の航空会社-
飛行時間13~15時間
ウィチタフォールズ発の航空券情報はこちら

ウィチタフォールズまでは飛行機でおよそ13~15時間で行くことができます。ウィチタフォールズの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてウィチタフォールズ旅行を有意義に楽しみましょう。

スポーツが街を盛り上げる「ウィチタフォールズ」

アメリカ、テキサス州の北部に位置するウィチタフォールズ。ルーシー公園に造られた滝が町のシンボルになっています。「リバーベンド・ネイチャーセンター」は、鳥や魚、カメなどたくさんの動物や自然と戯れることができ、小さなお子さんも楽しめるウィチタフォールズで最も人気の観光スポットとなっています。またスポーツが盛んで、100年以上も続くアメリカ最大の自転車競技の大会「ホッターンヘル・ハンドレッド」が開かれる場所でもあるんです。ほかにも、国内選手権の優勝経験があるセミプロのアメリカンフットボールチームなど、多くのスポーツチームがこの市を本拠地にしています。スポーツもウィチタフォールズの魅力の1つです。

ウィチタフォールズの歴史

18世紀初頭にはチョクトー族インディアンが住んでいたこの地域。1872年にウィチタフォールズという地名が付けられました。地名の由来になったとされる「ウィチタの滝」は1886年の洪水によって崩落してしまいましたが、その約100年後にルーシー公園付近に人口の滝が造られました。

ウィチタフォールズの経済

石油ブームによって発展してきたウィチタフォールズ。付近に多数の油田があることから、いくつかの石油会社やアメリカ大手の総合石油エネルギー企業であるコノコフィリップス(前:コンティネンタル石油)の事務所が置かれていました。また、農業や牧牛もウィチタフォールズの経済を支えています。

ウィチタフォールズ行きの格安航空券について

日本からウィチタフォールズへの直行便はありません。同じテキサス州のダラス・フォートワース国際空港から乗り換えて、ウィチタフォールズ市営空港まで向かうのが一般的な行き方です。日本からダラスフォートワース空港へは多くの航空会社が便を運航しています。そのなかでも、格安航空券にこだわりたい方には成田空港からアメリカン航空やJALを利用するプランがおすすめ。ダラス・フォートワース国際空港からウィチタフォールズ市営空港へは、約60分で到着します。

ウィチタフォールズの気候

アメリカ、テキサス州のウィチタフォールズは、温暖湿潤気候にあたります。7月や8月の平均最高気温は35度を上回ることも。夏場の旅行の際は、水分補給をこまめにとるようにしましょう。また、ウィチタフォールズは、アメリカのなかでも雷雨や竜巻の回数が多い地域ですのでお気を付けください。

ウィチタフォールズの主な交通手段

ウィチタフォールズはアメリカの州間高速道路44号線の西終点であり、このほかにも高規格道路が発達しているため、レンタカーが移動に役立ちます。また、「グレイハウンド」というアメリカ最大のバス会社がジョリー停留所から都市間バスを運行しています。

ウィチタフォールズ行き航空券利用者の声

成田空港⇔ウィチタフォールズ市営空港 38歳男性

仕事で急遽アメリカのウィチタフォールズへ出張が決まりました。すぐに格安航空券を手配しようと航空券の比較サイトをチェック。日本からの直行便はありませんが、ダラス・フォートワース国際空港経由で乗り換え1回のルートがあって安心しました。ルートは、成田空港からダラス・フォートワース国際空港まで行き、そこからウィチタフォールズ市営空港まで。どちらもアメリカン航空を利用しましたが、サービスの質の高さに感心しました。空の旅が楽しめるよう気配りしてくれたり、面倒なことも笑顔で対応してくれて、こちらも居心地がよかったです。機内食も十分美味しく、エコノミークラスではありますが座席の空間もゆったりしてました。約12時間のロングフライトでもしっかり休めたので、現地での仕事もはかっどた気がします。また乗り換えで利用したダラス・フォートワース国際空港は、入国審査が機械化されていたので、すぐに手続きが完了しました。他の空港では結構入国審査で長時間ならばなければいけませんが、ここではすんなり完了したので他の空港にも導入してほしいです。

成田空港⇔ウィチタフォールズ市営空港 29歳男性

スポーツ関連の事業研修でウィチタフォールズに行きました。飛行機は成田空港⇔ダラス・フォートワース国際空港はJAL、ダラス・フォートワース国際空港⇔ウィチタフォールズ市営空港はアメリカン航空で手配。乗り換え待ちが6時間程度ある便でした。早めに航空券を予約したので、思ってたよりも安く買えた印象があります。ダラス・フォートワース国際空港まで約12時間のロングフライトでしたが、日本キャリアのJALは機内が快適で、疲れを残さずダラスまで行けてよかったです。あまり海外渡航の経験がないため、乗り継ぎや空港手続きがうまくできるか不安でした。トラブルが生じたときに言葉が通じないと怖いということも、JALを選んだ理由のひとつです。実際のところ、不安な部分を日本語で質問することができて精神的にもだいぶ楽でした。さすが日本の航空会社と思えるほど親切に対応してくれたので、今後も日本の航空会社を選択することができるルートなら、迷わずチョイスしようと思います。ウィチタフォールズでは、仕事とは別にルーシーパークやリバーベンド自然センターなどの観光地にも行くことができました。「世界最小の摩天楼」と呼ばれているビルも面白かったです。また来る機会があれば、今度はダラスやオクラホマシティにも足を運んで、スポーツ観戦がしたいと思いました。

成田空港⇔ウィチタフォールズ市営空港 31歳女性

近しい親戚がウィチタフォールズに住んでいることもあり、ウィチタフォールズにはよく行きます。先月も航空券比較サイトで格安航空券を手配して行ってきたばかりです。私が行くときは、必ずアメリカン航空を利用しています。成田空港からダラス・フォートワース国際空港へ行き、そこからウィチタフォールズを目指すルートです(おそらくこれが最も一般的なルートのはず……)。アメリカン航空は、アメリカ最大手の航空会社なだけあって信頼してます。確かな質のサービスを受けることができておすすめです。乗り継ぎで立ち寄るダラス・フォートワース国際空港は、スケールも大きくショッピングスポットもたくさん。乗り継ぎ時間が多少長くてもあまり苦にならず、いつもは食事をしたりお土産を買ったりして時間を潰しています。空港内を散策するのもお決まりの過ごし方です。ウィチタフォールズには、毎回1週間滞在していますが、毎回ルーシーパークに行っています。特別有名な公園ではありませんが、小規模ながらも段差を伝うように流れる滝は市民憩いのスポットで、気分転換で散歩するには持って来いです。もっと本格的に観光を楽しみたいときは、ダラスやオクラホマシティまで足を伸ばすこともあります。どちらも車で2時間くらいなので、日帰りでも行って帰ってこれます。

ウィチタフォールズ旅行 よくあるFAQ

長時間のフライトで気を付けることはありますか?

長時間足を動かさないことなどで血栓が肺の血管につまり肺塞背栓を引き起こすエコノミークラス症候群は長時間フライトの際に気を付けるべきポイントです。その場で足踏みしたり、足首や膝関節を動かすなどの対策をしましょう。またまめな水分補給やひざ掛けなどを使用して冷えを防止することも効果的です。

ペットを連れていくことは可能でしょうか?

可能です。ただしどのような種類や大きさが機内に持ち込むことができるか、さらにその料金はいくらなのかなどの細かい条件は各航空会社によって異なりますので、自信がご利用する航空会社にお問い合わせください。

予約した航空券をキャンセルすることはできるのでしょうか?

どの種類の航空券がキャンセルできるか、また出発の何日前まで受け付けているかなどの条件は航空会社によって異なりますので、事前に確認することをおすすめします。なおアメリカン航空の場合、オンラインで予約した航空券は電話でのキャンセルのみ受け付けております。

ESTAの申請は必要ですか?

アメリカを訪れる際は必ずESTA(オンライン電子渡航認証システム)を取得していなければなりません。もし取得していない場合、飛行機に搭乗できずに、さらに航空券の払い戻しにも対応できない場合がありますのでご注意ください。