1. トップ
  2. アメリカ/カナダ
  3. アメリカ
  4. ウィチタ

ウィチタの概要

ウィチタ

画像の出典元: istockphoto.com

人口-
都市コードICT
人気の航空会社
  • ユナイテッド航空
  • アメリカン航空
  • 日本航空
飛行時間13~15時間
ウィチタ発の航空券情報はこちら

ウィチタまでは飛行機でおよそ13~15時間で行くことができます。ウィチタの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてウィチタ旅行を有意義に楽しみましょう。

ウィチタ行きの最安値を比較

アメリカ国内からのウィチタ行き 最安値を比較

セスナ機の故郷、世界の空の都「ウィチタ」

アメリカのほぼ中央、2本のアーカンサス川の合流点に発展したカンザス州最大の都市ウィチタは、もともとはグレートプレーンズの農産物や家畜の交易で栄えてきました。「ウィチタ」とは、原住民の有力部族ウィチタ族の言葉で「人間」という意味。旅に生きる多くの人間が行き交ってきただけでなく、20世紀に入ってからは「世界の空の都」と称えられてきました。その中核をなすのは小型機を主体とした航空機産業。日本では単に小型飛行機を指す一般名詞となっている「セスナ」は、1927年にウィチタに設立された航空機会社およびアメリカ人設立者の名前です。

ウィチタの歴史

金を求めてアメリカ南部を探検したスペイン人フランシスコ・バスケス・デ・コロナドによって、原住民族ウィチタ族の集落が発見されたのが始まりとされています。1872年に鉄道が敷設されると、牛革用の牛の遊牧業者を中心とした交易の一大拠点として発展しました。1920年代からは、成長産業だった航空機産業のパイオニア企業がウィチタで相次いで操業を開始し、現在に至っています。

ウィチタの経済

ウィチタの経済の大部分は、航空機産業によって支えられています。とくに小型飛行機の生産で世界的に知られており、軽飛行機の三大メーカーのうち2社がウィチタに本社を構えています。他にもウィチタ周辺では原油を産出するほか、グレートプレーンズの農産物や畜産物の加工および輸送拠点としても発展してきました。

ウィチタ行きの格安航空券について

空の都ことウィチタ周辺には大小4つの飛行場がありますが、もっとも一般的に利用されるのはウィチタ・ドワイト・D・アイゼンハワー国際空港です。直通便はありませんが、1度の乗り換えで行くことが出来ます。成田国際空港や関西国際空港から格安航空券を使って、ロサンゼルス・デンバー・ダラス・ヒューストン・シカゴ・ミネアポリスなどで乗り継いで、ウィチタに向かいましょう。

ウィチタの気候

アメリカ中部に広がるグレートプレーンズの大平原地帯にあり、夏は暑く冬は寒くなります。とくに夏は高温多湿。春から初秋にかけて雨が多く、5月と6月および9月に降水量のピークを迎えます。5月前後にはトルネードの時期でもあり、過ごしやすいとはいいがたいでしょう。観光で訪れるなら晩秋の10月・11月か、春先の4月があたりがねらい目です。

ウィチタの主な交通手段

タクシーが一番おすすめです。ウィチタ市内には路線バスも多く走っていますが、複雑な経路と渋滞のために住民の間でも使いやすい公共交通機関とはみなされていません。また空港から市中心部までは5㎞ほど離れており、連絡バスの運行がありますが、ホテルへの移動にはあらかじめ宿泊先にシャトルバスを依頼した方が無難でしょう。

ウィチタ行き航空券利用者の声

羽田空港⇔ウィチタ・ドワイト・D・アイゼンハワー国際空港 35歳男性

仕事でアメリカのウィチタに行きました。航空券はデルタ航空のミネアポリス経由が安かったのでこれを予約。日本⇔ウィチタの最寄り空港:ウィチタ・ドワイト・D・アイゼンハワー国際空港は直行便がなく、ミネアポリス・セントポール国際空港を経由して行くことになります。乗り換えこそありますが、都内在住の私にとって成田空港ではなく羽田空港から出国することができるのは魅力です。帰国便も羽田空港着でとても助かりました。成田空港は都心部から離れていて、都内の西側から向かうには時間を要してしまうので、特に仕事で渡航する場合は嬉しい限りです。搭乗後は乗り継ぎも含めて約12~14時間のフライト。羽田発着とはいえ少し疲れましたが、機内食はおいしくて思っていたほど座席間は窮屈ではありませんでした。サービスの質は非常に高く気持ちよく空の旅を楽しめたと思います。今後も仕事でウィチタへ行く機会がありそうなので、その際はもっと座席の空間がゆったりしているビジネスクラスで行けるよう会社に交渉してみます。

成田空港⇒ウィチタ・ドワイト・D・アイゼンハワー国際空港 42歳男性

ウィチタ~カンザスシティを旅行してきました。航空券は、格安航空券比較サイトで探したところ、デンバ―国際空港経由でウィチタに行く航空券が残っていたので即予約。航空会社はユナイテッド航空です。成田空港からデンバ―国際空港まではおよそ10~11時間という長旅なので、暇したり疲れたりせずたどり着ける心配でしたが、アメリカン航空のエコノミークラスは席間隔があまり狭く感じず、快適に過ごすことができました。機内食も日本人の口に合う味付けで満足。オヘア国際空港⇔ウィチタ・ドワイト・D・アイゼンハワー国際空港もアメリカン航空だったので、乗り換えの手続きはスムーズに済みました。デンバ―国際空港での乗り継ぎの時間が短かったのでよかったです。到着したウィチタは、カンザス州でいちばん大きな都市でおすすめのレストランなどがいっぱいあると聞いてましたが、たしかに食事に飽きたり困ったりすることはありませんでした。インスタントの日本食も少しだけ持って行きましたが、結局これを頼ることもなく杞憂でしたね。ウィチタ滞在中は、グレート・プレーンズ・ネイチャーセンターや美術館、オールドタウンの観光を楽しみ、その後カンザスシティへ。アメリカ中央部と独特の風景もたくさん見ることができて充実した旅でした。

羽田空港⇔ウィチタ・ドワイト・D・アイゼンハワー国際空港 28歳女性

仕事の関係でアメリカのウィチタへ出張することが決まり、格安航空券を予約しました。最近は一括検索できる航空券比較サイトがあって本当に便利だと思います。海外便はほとんど成田空港から離発着していると思っていたので、会社近くの羽田空港から離発着できる航空券を見つけたときは驚きました。ミネアポリス・セントポール国際空港で乗り継ぎし、ウィチタ・ドワイト・D・アイゼンハワー国際空港にデルタ航空を目指す旅程。今回は乗り継ぎ時間に余裕がなく、次便に間に合わないアクシデントが発生しましたが、急いでデルタ航空のヘルプデスクに行って相談したところ、すぐに次便への振り替えを手配してもらえました。慌てていた私に「No problem」と笑顔で対応してくれた係員には本当に感謝しています。他の係員や客室乗務員も非常にサービスがよく、今後も機会があるならデルタ航空を利用しようと思いました。次便で無事ウィチタ・ドワイト・D・アイゼンハワー国際空港に到着し、仕事には何の影響もありませんでしたが、乗継に慣れていない方は時間に余裕がある便を選ぶのがおすすめですね。

ウィチタ旅行 よくあるFAQ

ロストバッゲージが心配です。何か有効な対策はありますか?

空港で預けた荷物が紛失してしまうことをロストバッゲージと言いますが、対策としては目立つネームタグを付けてはどうでしょうか。もしロストバッゲージが発生してしまった場合を想定して、荷物の色や形状などの特徴を英語で説明できるように準備しておくことも重要です。

ロストバッゲージが発生したらどうすればいいですか?

必ず空港を出る前に早急に係員に知らせてください。また自分が搭乗していた飛行機が到着してから24時間以内に知らせることも重要です。

フライト時間の変更は可能ですか?

デルタ航空は旅行当日でもフライト時間の変更は可能です。ただし各航空会社によって条件が異なりますので、利用キャリア毎に事前問い合わせはしてください。

ESTAの申請は必要でしょうか?

渡米前のオンライン電子渡航認証システム(ESTA)の取得は義務化されています。ESTA申請ウェブサイトにて渡航認証を必ず受けてください。