1. トップ
  2. アメリカ/カナダ
  3. アメリカ
  4. タルサ

タルサの概要

タルサ

画像の出典元: en.wikipedia.org

人口-
都市コードTUL
人気の航空会社
  • アメリカン航空
  • ユナイテッド航空
  • 日本航空
飛行時間12~15時間
タルサ発の航空券情報はこちら

タルサまでは飛行機でおよそ12~15時間で行くことができます。タルサの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてタルサ旅行を有意義に楽しみましょう。

タルサ行きの最安値を比較

アメリカ国内からのタルサ行き 最安値を比較

インディアンの住んだ緑豊かな都市「タルサ」

アメリカ中部に位置するオクラホマ州第二の都市タルサ。町の中心部には高層ビルや商業施設が立ち並びますが、周辺は豊かな緑に囲まれた農業地帯です。タルサとはアメリカ先住民の言葉で「古い町」の意味。未開のこの土地に移住させられた先住民が、住み慣れた村落を思い名付けたと言われています。元々は油田が発見されたことから石油の町として知られていましたが、近年では文化と芸術の中心地としても有名。オペラやバレエ、ミュージカルなどの公演も頻繁に行われています。「オクラホマジャズの殿堂」はジャズファンに大人気のスポット。世界中の有名ジャズミュージシャンにちなんだものが多数展示されており、無料コンサートが開催されることもあります。

タルサの歴史

1820~1830年代に、アメリカ政府が国内南東部からインディアン準州にインディアンを移住させました。それが現在のタルサがある地でした。そして、部族との小競り合いが続きます。1861年には南北戦争が始まり、インディアン準州にいる多数派部族に率いられてアメリカ合衆国に対する忠誠を守ることになったという先住民たちの歴史もあります。その後は資源産業として石油精製業、石油製品などの産業の発展から鉄道が整備され、都市化していきました。

タルサの経済

タルサの主力産業であった石油産業や工業は歴史とともに形を変えていき、現在は化学工業、宇宙・航空機産業が主流となりました。農業も大変盛んで、肥沃な土地のアーカンソー川流域は麦やコーンなどの栽培で有名です。広大な畑にはヘリコプターやスプリンクラーで放水するなど、アメリカならではの大規模農業による生産が実施されています。

タルサ行きの格安航空券について

日本からタルサへの直通便はありません。アメリカのシカゴから国内線に乗り継ぐのが便利です。日本の羽田・成田空港からの便はJALやANA、エアインディア、アエロメヒコ、アシアナ航空などがあります。特にダラス経由で行くJALまたはアメリカン航空は、乗り継ぎ時間も比較的少ないのでおすすめです。また、価格を重視される方にはデンバーを経由するユナイテッド航空の航空券が良いでしょう。

タルサの気候

日本と同様に四季が存在します。夏は比較的過ごしやすいですが、冬は寒く朝晩は0度を下回ることもあります。年間を通して雨量の多いタルサでは、急な雷雨に見舞われることがありますので折り畳み傘などの雨具があると便利です。また、タルサは竜巻多発地域としても有名。観光の際には天気予報をこまめにチェックするなど、十分注意しましょう。

タルサの主な交通手段

タルサでの移動はバスがおすすめ。全18路線あり、空港行きのバスも運行しているため大変便利です。乗車方法は日本と同じスタイルなので、観光客でも気軽に利用することができます。また、タルサ駅にはアムトラックと呼ばれるアメリカ大陸横断鉄道も発着しています。基本、アムトラックは1日に1~2本と運行が少ないため注意が必要です。

タルサ行き航空券利用者の声

成田空港⇔タルサ国際空港 33歳女性

仕事でタルサへ行きました。急に決まった出張なので、いつもは会社にお願いしている航空券ですが、今回は自分で手配。プライベートでもよく使う格安航空券の比較サイトで、できるだけフライト時間の短いものを探しました。選んだ航空券は成田空港発、デルタ航空でデトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港まで向かい、乗り継ぎをしてタルサ国際空港へ向かうルート。乗り換え前後ともにデルタ航空でした。座席はエコノミークラスを利用しましたが、思っていた以上に座席の間隔に余裕があり、特に成田空港からデトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港までは約12時間もの長時間フライトでしたが、窮屈な思いをすることはありませんでした。足を延ばして寝ることができて、現地に着いても疲れていなかったのがよかったです。機内食も美味しかったですが、日本の航空会社の方がより私の口に合う味付けだったかなと思いました。デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港での乗り継ぎ時間は約6時間と長めでした。空港内に電車が通っているほどスケールの大きな空港で、ショッピングや食事、散策を楽しんだので暇を持て余すことはありませんでしたね。もしデトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港で乗り継ぎの時間が長い方は、コンコース間を移動する際に通る「光のトンネル」を見て行ってください。幻想的で一見の価値がありますよ。

成田空港⇔ウィル・ロジャース・ワールド空港 29歳男性

オクラホマシティを観光で訪れた際にタルサも訪れました。タルサにあるフィルブルック美術館の見学が目的で渡航で利用した飛行機はユナイテッド航空。できるだけ安くて移動が楽そうな航空券を格安航空券の比較サイトでリサーチしたら、片道約16時間の無理のない路線が取れました。成田発のヒューストン経由オクラホマシティという行程です。オクラホマシティからタルサまでは、グレイハウンドと呼ばれるバスが通っていて、2時間弱でタルサにアクセスできます。リノ・アベニュー沿いにグレイハウンドのバスステーションがあってそこから乗車が可能です。外国でのバス利用が不安な方は、タルサにも空港があるので成田⇒タルサの飛行機を利用してもいいと思います。タルサからオクラホマシティまで戻って観光するルートもアリかと。タルサのフィルブルック美術館ですが、日本人には馴染みの薄いミュージアムかもしれません。でも、実は素晴らしい美術館なんです。川沿いに綺麗なイタリア様式の庭園が広がり、春の季節は特に美しいことで有名。展示についても古典から現代アート、ドキュメントタッチやエンターテイメント系の展覧まで幅広く開催されていて、何回訪れても新鮮なアートが体験ができます。遅い時間まで営業している金曜日が特におすすめで、暗がりでライトアップされた建物はぜひ見て帰ってもらいたいシーンです。

成田空港⇔タルサ国際空港 28歳男性

タルサ近郊に住んでいる友人を訪ねに行ってきました。飛行機チケットは格安航空券の比較サイトで入手。あまり海外旅行に慣れておらず、入国審査や乗り継ぎがうまくできるか心配だったため、日本の航空会社を利用したいと考えていました。そこで手配した航空券が成田空港発のJALで、シカゴのオヘア空港を経由してタルサ国際空港に向かうもの。普段、国内線ではありますが乗り慣れているJALを利用できたので、不安はある程度抑えることができたと思います。なにか問題が起きても日本語で会話することができるだろうという安心感もあり、機内ではリラックスして過ごすことができました。国内線とは違って長いフライトでしたが、寝ている間にシカゴに到着して思ってた以上に楽でしたね。途中の機内食も美味しかったので満足です。オヘア空港では乗り継ぎまで約5時間ありました。友人からは「大都市の空港は見て回れる場所が多いので退屈することはない」と聞いてましたが、本当にその通り。入国手続きを終えた後は、次の搭乗までショッピングを楽しんだり空港内を散策したり。暇することなく過ごせてよかったです。タルサでは美術館や野球観戦を楽しみました。野球が大好きなので、ONEOKフィールドでみたマイナーリーグの試合はいい思い出です。華やかなメジャーリーグとは違い、草の根レベルのハングリーな野球文化が肌で感じられてよかった。

タルサ旅行 よくあるFAQ

航空券を紛失したらどうすればいいですか?

各航空会社で対応は異なりますが、基本的には書類を記入して提出する必要があります。

フライト時間の変更は可能ですか?

基本的には可能です。出発時間によっては当日に変更することもできますので、ご自身が利用する航空会社へ問い合わせてください。

預けていた荷物が紛失した場合はどうすればいいですか?

すぐに航空会社の係員に連絡して指示を受けてください。荷物の形状や色などの特徴をしっかりと説明することができるように、事前に準備しておくことをおすすめします。

ペットを連れていくことはできますか?

基本的には可能です。ただし種類や大きさなどによって機内に持ち込むことができない場合もありますので、各航空会社にお問い合わせください。