1. トップ
  2. アメリカ/カナダ
  3. アメリカ
  4. トレド

トレドの概要

トレド

画像の出典元: 

人口-
都市コードTOL
人気の航空会社-
飛行時間13~15時間
トレド発の航空券情報はこちら

トレドまでは飛行機でおよそ13~15時間で行くことができます。トレドの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてトレド旅行を有意義に楽しみましょう。

トレド行きの最安値を比較

五大湖を臨む自動車産業で栄えた都市「トレド」

アメリカの北部オハイオ州にある都市トレド。五大湖やデトロイトが近いことから、水運や自動車産業が盛んな都市として知られています。そんなトレドで注目を集めているのがトレド美術館。トレドは自動車の部品としてガラスを生産していたため、美術館にもガラスを使った作品が多く展示されています。美術館の向かいにある庭園にはガラスアート専用の展示館を設置するなど、様々なプロジェクトも実施しています。そのほか、動物園や植物園など、トレドののどかな自然と触れ合える施設が点在。芸術に限らず、アウトドアを楽しめるのがトレド観光の魅力といえるでしょう。

トレドの歴史

1794年の入植が始まった頃、トレドはフォート・インダストリーという名前でした。それからトレドという地名で呼ばれるに至っては、地元住民が探検したスペインのトレドにちなんで名付けられたなど、諸説あります。19世紀の前半には、トレド戦争と呼ばれる争いが発生。これはオハイオ州とミシガン準州との間で、トレド・ストラップという地帯の領有を争う戦いでした。最終的にミシガン準州がトレド・ストリップをオハイオ州に譲り、その代わりにアッパー半島の領有が政府から認められました。

トレドの経済

トレドはオハイオ州を代表する工業都市です。ミシガン州のデトロイトに近いことから、自動車産業が主な産業としてこの街の発展を支え続けています。特に、フロントガラスやウィンドウの部品の製造のためにガラス産業が盛んです。近年では、太陽光発電などのクリーンエネルギーの研究や開発が行われており、注目を集めています。

トレド行きの格安航空券について

日本からトレドへの直通便は運航していませんので、アメリカの各都市にて乗り継ぎが必要です。一般的には、同じオハイオ州のシカゴを経由するルートが利用されます。シカゴ1都市のみを経由するJALのプランは、所要時間も短くリーズナブルなのでおすすめ。より価格を抑えたい方には、2都市を経由するプランが良いでしょう。JAL以外にも、アメリカン航空やユナイテッド航空から、様々なプランの格安航空券が販売されています。

トレドの気候

トレドは東京と比べて気温が低い都市。夏の最高気温は日本と変わらず高いですが、夜は涼しく最低気温は約15度です。冬にあたる1月は最高でも0度前後しか気温が上がらず、ダウンジャケットなどの厚手の上着が必須。雨は春から夏にかけてよく降るので、夏の終わりから秋にかけてが観光のベストシーズンとされています。

トレドの主な交通手段

トレド市内では、トレド地域交通局の運営する路線バスが主な交通手段です。停留所ではバスの予想到着時刻が表示されています。トレドには大きな高速道路が3本通っているので、車での移動も可能。また、空港からはタクシーやリムジンバスなどが発着しているため、市内へのアクセスが容易です。

トレド行き航空券利用者の声

成田⇔トレド 43歳男性

会社の関係でオハイオ州のトレドを訪ねました。少人数だったので、格安航空券を探して成田から行きました。仕事とはいえ海外へ行くとなると少し気分がウキウキしてくるものです。集まったメンバーもなんとなく表情に出ていました。成田のアメリカン航空のカウンターで航空券を受け取り、搭乗口へ向かいました。途中、通訳担当の後輩が免税店でウイスキーを眺めていましたが、あまりにも高くて目を丸くしていたのを覚えています。私は飛行機に乗り遅れてはいけないと思い、搭乗予定のゲートで本を読んだり、通る人を眺めたりしていました。それにしても、日本も外国人が増えましたね。
飛行機は仕事柄よく乗るのですが、乗り継ぎで20時間近いフライトは久々でした。仲間がいたので、気は紛れたのですが、一人だったら相当、退屈だろうなといらぬ心配ばかりしていました。ロサンゼルスとシカゴを経由と長旅でしたが、やはり海外となればどこか気分は高まります。
さらに、アメリカン航空の機内は思ったより、ゆったりとしていて好印象でした。ただ、乗り継いだ先の飛行機は小型だったので、少し心配になりました。オハイオのトレド一帯は昔、自動車工業で栄えた街で私の会社とも少なからず交流がありました。今回は後輩が通訳してくれたので、あまり英語は必要ではなかったですが、改めて自分の英語力のなさを実感した出張でもありました。

成田⇔トレド 21歳男性

専門学校の春休みを利用してクラスメイトと訪れました。自動車関係の学校に通っているので、旅行は少しでも自動車と縁のある場所にしたいと思い、トレド行きの格安航空券をネットで買いました。成田からの便でアメリカン航空で行きました。初めての海外だったので、航空券の見方もよくわからずカウンターの人に何回か聞いてしまいました。検査みたいなものを通ると出国審査がありました。特に問題もなくパスポートに何か押されて返ってきました。友達が「このゲートで飛行機に乗るんだよ」と、航空券の数字を指差して教えてくれました。普段は頼りないけど、ここぞという時にアドバイスをくれる友達です。
本当に長い時間、飛行機に乗っていました。眠ろうと思ってもなかなか寝付けず、航空機のエンジンや燃費のことについてぼんやりと考えていました。
きっとトレドでも自動車の博物館があるんだろうなと、空想にふけっていました。多少、英語はできたのですが、実際に話す機会は少なくて、今回、自分で話してみて少し自信がつきました。トレドの街は小さいですが、ゆったりとしていい感じの自動車の街でした。今度はデトロイトとかにも行ってみたくなりました。

成田⇔トレド 24歳女性

とりあえず英語をブラッシュアップしておこうと1ヶ月の留学先に選んだのがスペインのトレドではなく、アメリカ・オハイオ州のトレドでした。最初は、てっきりトレドはスペインにしかないと思っていましたが、格安航空券のサイトなんかを見ているとけっこう同じ空港の名前が英語圏やスペイン語圏であるんですね。びっくりしました!便利さよりも安さを優先していたので、できるだけ安い航空券を買って、アメリカン航空で行きました。
一旦、実家の神戸から成田まで行って、そこからアメリカン航空に乗りました。航空券を手に出国審査を通過し、待ちに待った飛行機のお披露目です!
成田からの国際線だったので、大きな飛行機でした(地方は小さいのが多い……)。私がどうしてこんなに飛行機の大きさを気にするかというと、小さい飛行機はとにかく揺れるんです。大きい方が気持ち悪くならない!これは飛行機に乗ったことのある人なら分かると思います。あの翼の部分、小さいのはガタガタいっています。なんか落ちそうと不安になるくらい…。挙句の果てに天気の悪い日は、やたらと揺れる。でも、今回は天気もよくバッチリでした。ダラス、シカゴとアメリカの空港を乗り継いでトレドに到着。トレドについてからはしっかりと英語を磨いて、無事帰国しました。

トレド旅行 よくあるFAQ

ベビーカーは乗せられますか?

はい。預け荷物で輸送してくれます。

友達と同じ列にしてもらえますか?

航空会社によりますが、同じグループの場合はまとめてパスポートを渡して手続してもらえば、たいてい横並びにしてくれます。まれに搭乗手続の締め切り間際だと空席がなく、散らばってしまうことがあります。できるだけ、ゆとりを持って空港へ向かいましょう。

荷物は必ず預けなければいけないのですか?

いいえ。鞄一つなどであれば、機内持ち込みで十分です。各航空会社のカウンターで航空券を受け取るときに聞かれるので、預け荷物がない旨をスタッフへお伝え下さい。

お土産にビーフジャーキーを買いたいです。日本に持って来られますか?

ビーフジャーキーを含め肉類などは輸入制限の対象になっています。特定のマークがないものは空港で没収の対象になるので、検疫に関する情報をホームページなどで事前に確認しておくといいでしょう。