1. トップ
  2. アメリカ/カナダ
  3. アメリカ
  4. シトカ

シトカの概要

シトカ

画像の出典元: istockphoto.com

人口-
都市コードSIT
人気の航空会社-
飛行時間12~15時間
シトカ発の航空券情報はこちら

シトカまでは飛行機でおよそ12~15時間で行くことができます。シトカの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてシトカ旅行を有意義に楽しみましょう。

シトカ行きの最安値を比較

アラスカでもっとも歴史深い都市のひとつ「シトカ」

アラスカ湾にあまた浮かぶ島の1つバラノフ島。その西岸中央付近に位置するシトカは、かつてのアメリカ・アラスカ州の首都。シトカとは先住民族トリンギット族の言葉で「海のほとりの人々」を意味し、アラスカでは数少ない植民地戦争の舞台ともなりました。そのため、復元されたロシアの砦をはじめ大聖堂や工兵宿泊所など歴史的な観光名所が多いのが特徴です。もちろん豊かな自然にも恵まれており、富士山に似たエッジカム山やバラノフ島横断遊歩道など人気の自然散策コースがいくつもありますよ。ちなみに、空港のあるヤポンスキー島はロシア語で「日本の島」の意。1805年に北海道の漁民がこの島に漂着したといわれています。

シトカの歴史

もともと、シトカのあるバラノフ島やその周辺には、先住民族のトリンギット族が住んでいました。1799年にロシア人が聖ミハイル砦を築いて入植がスタート。1804年には敵対的なトリンギット族をシトカの戦いで壊滅させ、シトカはロシア領アメリカの首都となりました。1867年にアラスカがアメリカ合衆国に購入されると、1906年にジュノーへ移転するまでアラスカ州の州都でした。

シトカの経済

2000年に行われた合併により、シトカは1万2000平方キロメートル余というアメリカ最大の行政区域をもつ市となりました。シトカの主要産業は漁業で、アメリカ最大級の漁港から出荷される豊かなシーフードがこの都市の経済を支えています。また、新鮮な魚介をそのまま輸出するだけでなく、水産加工業も重要なウェイトを占めています。

シトカ行きの格安航空券について

シトカ沖合のヤポンスキー島から突き出た一本滑走路のシトカ・ロッキー・グティエレス空港。島外への移動に不可欠なこの空港へは、アメリカ本土のシアトルやアラスカ州の州都ジュノーからアラスカ航空の便が出ています。日本からは、シアトルで乗り継ぐのが一般的といえます。シアトルへは、成田空港から直行便が運航されているほか、関西国際空港や中部国際空港などから乗り換え1回の格安航空券があります。シトカ住民の基本的な移動手段ですので、ご予約はお早めにどうぞ。

シトカの気候

年間を通じて冷涼で、冬には1m近く雪が積もります。ただし、降水量がもっとも多くなるのは10月で、気温がぐっと下がる時期に当たるため冷たい氷雨となります。逆に、4月から7月にかけては他の月に比べると降雨が少ない期間となるので、観光で訪れるなら気温も上がる6月から8月がベストシーズンとといえるでしょう。

シトカの主な交通手段

シトカの主な交通手段

画像の出典元: Andrew Malone

シトカのあるバラノフ島へは、本土からは飛行機か船を利用しなければ行けません。州営のフェリー乗り場はシトカから北へ10kmほど離れているので、旅行者にとって使いやすいとはいえないでしょう。人口9000人に満たない小さな町シトカは、中心部なら十分歩いて回れる広さ。近年では自転車が急速に普及しており、レンタルサイクルで海岸沿いの幹線道路を疾走するのも楽しみ方の1つです。

シトカ行き航空券利用者の声

成田空港⇔シトカ・ロッキー・グティエレス空港 30歳男性

仕事の関係でシトカへの出張が決まり、格安航空券を手配しました。成田空港からシアトル・タコマ国際空港へ向かい、シアトル・タコマ国際空港からアラスカ州の空港を1つ経由してシトカ・ロッキー・グティエレス空港へ向かうフライトです。シアトル・タコマ国際空港まではデルタ航空、シアトル・タコマ国際空港からはアラスカ航空の利用でしたが、サービスの質や機内食、座席の広さなど特に問題ありませんでした。約10時間ほどの長いフライトの経験はありませんでしたが、思いのほかしっかりと体を休めることができたのはよかったです。シアトル・タコマ国際空港では乗り継ぎ時間が少し長かったのですが、入国審査に時間がかかってしまったことや、空港内のショッピングスポットやレストランなどが充実していたこともあり、そこまで苦にはなりませんでした。免税店で買い物ができるのも私にとっては嬉しかったです。シトカ・ロッキー・グティエレス空港は天候の都合で到着時間が少し遅れましたが、仕事には影響ありませんでした。シトカではスケジュールがかなりタイトであったためあまり観光などできませんでしたが、次回訪れる際はハイキングやクルージングなどを楽しんでみたいと思います。

成田空港⇔シトカ・ロッキー・グティエレス空港 22歳男性

卒業旅行で友人とアメリカのシトカを訪れるために格安航空券を探しました。何種類かシトカ・ロッキー・グティエレス空港までのルートがあったのですが、その中でも乗り換えは多くなっても価格は抑えることができるルートがあったので迷わずに購入しました。それが成田空港からポートランド国際空港まで向かい、そこからシアトル・タコマ国際空港まで向かうというルートです。デルタ航空の利用で乗り継ぎが他のルートよりも1回多くなりましたが、私が旅行する日程ではこのルートが最安値でした。なおシアトル・タコマ国際空港からシトカ・ロッキー・グティエレス空港まではアラスカ航空を利用しています。ポートランド国際空港までの約10時間の長旅は正直疲れましたが、思っていたよりは座席の間隔も狭くなくある程度睡眠も取れました。機内食は可もなく不可もなくという感じで、どちらかといえば途中のポートランド国際空港のレストランでの食事をより楽しんだ感じです。シトカは事前に調べていた通り自然の豊かな街で大満足。飛行機以外にもアメリカ本土からはフェリーの運行もあるみたいなので、次回訪問する機会があればそちらも利用したいと思います。

成田空港⇔シトカ・ロッキー・グティエレス空港 27歳女性

シトカへ家族旅行に行きたいと思い、格安航空券を予約しました。小さい子どもがいるのでなるべくトランジットが少ない航空ルートを選ぼうと考えていたところ、成田空港からデルタ航空でシアトル・タコマ国際空港まで行き、乗り換え1回でシトカ・ロッキー・グティエレス空港まで行くルートをアラスカ航空で見つけました。シアトルまでは約10時間という長時間フライトで、子供がぐずったり、トイレの世話をしたりで大変でしたが、デルタ航空の客室乗務員がサポートしてくれて本当に助かりました。機内食も美味しかったので、また機会があればデルタ航空を利用したいと思います。子供を連れての乗り換えは手間がかかるので、乗り継ぎ回数が少なくて済むルートを選んで正解でした。もし子供を連れて海外旅行を計画している方がいたら、乗り継ぎの回数はなるべく減らすこと、乗り継ぎの時間を長め(3時間くらい)に設定することをおすすめします。シトカはのどかな雰囲気と雄大な自然を眺めることができる景観が素晴らしく、子供も喜んでくれました。機会があれば、子供がもう少し大きくなってから再訪し、ハイキングやトレイルなども楽しみたいです。

シトカ旅行 よくあるFAQ

飛行機には生後何日以上の赤ちゃんなら乗れますか?

原則として、生後8日以上の赤ちゃんならば搭乗は可能です。ただし条件などは航空会社によって異なります。事前に問い合わせて確認してください。

ESTAの申請は必要ですか?

アメリカを訪れる際はオンライン電子渡航認証システム(ESTA)の取得は義務化されています。従って搭乗手続きを行う前までにESTA申請ウェブサイトにて渡航認証を必ず受けてください。

ペットを連れていくことはできますか?

基本的には可能です。ただし種類や大きさなどの細かい条件は航空会社によって異なります。事前にお問い合わせて確認しましょう。

車いすでも飛行機に乗ることはできますか?

原則可能ですが、詳細は利用する航空会社に問い合わせてください。空港用の車いすで搭乗するのが一般的です。