1. トップ
  2. アメリカ/カナダ
  3. アメリカ
  4. サバンナ(ジョージア州)

サバンナ(ジョージア州)の概要

サバンナ(ジョージア州)

画像の出典元: Paul Arps

人口-
都市コードSAV
人気の航空会社
  • 日本航空
  • 全日空
  • アメリカン航空
飛行時間14~16時間
サバンナ(ジョージア州)発の航空券情報はこちら

サバンナ(ジョージア州)までは飛行機でおよそ14~16時間で行くことができます。サバンナ(ジョージア州)の歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてサバンナ(ジョージア州)旅行を有意義に楽しみましょう。

サバンナ(ジョージア州)行きの最安値を比較

アメリカ国内からのサバンナ(ジョージア州)行き 最安値を比較

アメリカ屈指の観光都市「サバンナ」(ジョージア州)

アメリカ南東部・ジョージア州ある「サバンナ」は、チャタム郡の郡庁所在地として政治的にも重要な役割を果たしています。また歴史・自然・文化すべてにおいて旅行客を満足させる観光都市でもあり、街には豊かな緑と美しい花があふれ、広場や噴水は人々の心を和ませます。その情景は映画「フォレスト・ガンプ」の冒頭のシーンにも使われたほど。歴史地区やショッピング街道、美術館も有名で、観光名所となっています。歴史地区にはハイレベルなレストランが100以上も軒を連ねており、美食家もたくさん集まりますよ。リピーターが多いと言われていますが、一度行くとその理由に納得するでしょう。

サバンナ(ジョージア州)の歴史

サバンナはアメリカにおいて、初めてイギリス以外の移民を受け入れた都市であり、このことが国際的都市として発展する基礎となりました。19世紀中盤、アメリカ南北戦争が終わり平和を取り戻した後には、近代化を進めるべくサバンナの多くの歴史的建造物が取り壊されました。このとき立ち上がったのがジョージア州出身の女性たちで、今も語り継がれるサバンナの再生に大きく貢献しました。歴史地区は当時の女性たちの尽力もあり、現在に残って観光産業の中心となっています。

サバンナ(ジョージア州)の経済

19世紀以降、サバンナは港町として繁栄し発展していきました。イギリスへと輸出される綿花はこの街の人々に富をもたらし、街の繁栄の礎となりました。観光産業はもちろん有名ですが、それ以外ではアメリカを代表する製紙会社やジェット機メーカーが本拠地を置き、市民の雇用を生み出しています。

サバンナ(ジョージア州)行きの格安航空券について

日本からアメリカのサバンナへの直行便はなく、格安航空券を利用して同じジョージア州のアトランタで乗り継ぎ、サバンナへ入るのが一般的です。デルタ航空が成田空港からアトランタまで直行便を就航しています。また他の都市ではニューヨーク・ヒューストン・デトロイトを経由する便もあり選択肢は多いでしょう。ちなみにアトランタからサバンナへは飛行機で約1時間と、近距離です。

サバンナ(ジョージア州)の気候

サバンナは一年中温暖な気候に恵まれています。日本の宮崎県と同じ緯度に位置することからもその暖かさがイメージしやすいのではないでしょうか。真冬でも平均12度程度で暖かく、雨が最も少なくなる11月あたりはとても過ごしやすい時期です。真夏は30度を超えますので、日焼け止め・帽子・サングラスをお忘れなく。

サバンナ(ジョージア州)の主な交通手段

サバンナ(ジョージア州)の主な交通手段

画像の出典元: Bill Ward

サバンナの市内の公共交通機関はバスになります。ただし市内全域をカバーはしておらず、地元の人は遠出の際は車を利用することが多いようです。観光の中心にもなる歴史地区には無料シャトルバスが運行されているので便利です。またサバンナの街並みによく似合うのが観光馬車。ほかに貸出用のセグウェイなども用意されていますので、ゆっくり散策するのにおすすめです。