1. トップ
  2. アメリカ/カナダ
  3. カナダ
  4. ランキンインレット

ランキンインレットの概要

ランキンインレット

画像の出典元: commons.wikimedia.org

人口-
都市コードYRT
人気の航空会社-
飛行時間13~16時間
ランキンインレット発の航空券情報はこちら

ランキンインレットまでは飛行機でおよそ13~16時間で行くことができます。ランキンインレットの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてランキンインレット旅行を有意義に楽しみましょう。

ランキンインレット行きの最安値を比較

イヌイットが暮らす極寒の町「ランキンインレット」

カナダ北部のヌナプト準州で第2の人口規模を誇る町、ランキンインレット。第2とは言え人口はおよそ2500人と非常に少ないです。町周辺には日本ではほぼ見ることのできない北国ならではの自然が広がっており、訪れる観光客を魅了しています。また、先住民であるイヌイットの文化や芸術が盛んなことも特筆すべきことの一つ。町の中心部に位置するマッチボックス・ギャラリーには多くの伝統的工芸品が展示され、現在でも多くのアーティストたちが作品を作り続けています。

ランキンインレットの歴史

紀元前1200年にはすでに人が居住していたとされています。ランキンインレットとしての歴史は1957年、鉱山の町として建設されたことに始まります。当時は人口の約80%が鉱業への従事者だったとも言われており、現在でも鉱業は町を支える中枢としての役割を果たしています。

ランキンインレットの経済

主要産業は金、ニッケル、銅鉱石などを中心とした鉱業。2017年までにカナダ国内最大級の金鉱の建設が予定されています。また、観光業もランキンインレットを支える産業の一つ。雄大な自然やスノーアクティビティを目当てに、毎年多くの観光客が訪れています。

ランキンインレット行きの格安航空券について

日本からランキンインレット空港までの直行便は就航しておらず、最低でも2回のカナダ国内での乗り継ぎが必要です。格安航空券のプランとしては、エアカナダを利用してバンクーバー経由でウィニペグへ行き、カームエアまたはファーストエアを利用してウィニペグからランキンインレットへと向かうルートがオススメ。日本からウィニペグまでの便は毎日、ウィニペグからランキンインレットまでの便は土曜日を除く週6日運航されているため、日程を気にする必要はありません。また、この他にもオタワなど16もの国内都市からの便が就航しています。

ランキンインレットの気候

ランキンインレットは寒冷な気候で知られるカナダの中でも極端に寒く、6~9月を除いて延々と氷点下の日々が続きます。特に冬季では日中でも約マイナス30度まで冷え込むため、観光に不向きなのは言うまでもありません。ベストシーズンは比較的温暖な7~8月。極端に冷えることもなく、日中は15度近くまで上昇するので快適に過ごせるでしょう。ただし夜は0度近くまで下がるので、防寒具は必須です。

ランキンインレットの主な交通手段

現在、ランキンインレットでの主な交通手段はタクシーのみです。しかし中心部の規模は小さいので、町中のみでの移動なら徒歩で十分です。また北部のマーブルアイランドなど、遠方の観光スポットに行く際にタクシーを利用すると良いでしょう。運賃については事前に運転手と交渉しておくのが良さそうです。

ランキンインレット行き航空券利用者の声

羽田⇔ランキンインレット 35歳女性

北国の自然を求めて、カナダのランキンインレットへ友人と女2人旅旅行へ行ってきました。一番観光のしやすい夏の時期に休みをとり、航空券を手配。いつも利用するネット格安航空券検索で、乗り換えは場所的にどうしても多いものの、総合時間の短いものを予約しました。利用したのは、行きは羽田空港からANAでバンクーバーまで、その後はエアカナダでウィニペグ、その後はファースト・エアでチャーチルを経由しランキンインレットへ行くものです。乗り換えや、移動時間が多いですが一人ではないためそこまで退屈はせずいけそうです。当日は友人と羽田空港で待ち合わせ、搭乗手続きをすませてから搭乗待ちをしました。搭乗までの時間は、毎回楽しみの一つである免税店をウィンドウショッピング。可愛いブランドバックや香水、コスメなど物欲が沢山でましたがこれから観光することを考えて我慢。搭乗へ。一番長かった羽田からバンクーバーまではANAだったので、快適に過ごせました。CAさんもやはり優しく丁寧。日本のおもてなしのレベルの高さを感じます。到着後は、その自然に圧倒。日本では見ることの出来ない広大な景色にとても感動しました。自分たちで散策するだけでなくツアーにも参加し、よりディープなイヌイットの暮らしに触れることができ、時間はかかってもここまで来たかいがあったなと改めて感じました。帰りも同じ経路で帰国、とても充実した旅となりました。

トロント⇔ランキンインレット 29歳男性

カナダのトロントに留学中、友人と話題になったランキンインレットに行ってきました。寒い事でも有名なカナダですが、ここランキンインレットは特に寒い。真冬は到底観光にいけませんが、夏場に友人と行くことに。航空券はいつものようにスマホで検索して予約。同じカナダからでも乗り換えが数回必要です。利用したのは、トロントからウエストジェット航空を利用してオタワまで行き、その後カナディアンノース航空でイカルイトを経由しランキンインレットへ行くものです。荷物は身軽にしたい所でしたが、夏でも夜には気温が0度近くまで落ちることがあるので、必然的に大荷物に。小さめのスーツケースに防寒着をいれて向かいました。友人と行ったので乗り換えの時間も比較的退屈せず過ごし、2回の乗り換えもあっという間に終わりました。到着後は、荷物があったので宿へそのまま行きました。その後は、徒歩圏内で回れる街を少し散策、小さい街でも見所はいっぱい。気になっていたマッチボックスギャラリーも行き、イヌイットの伝統的工芸品を楽しみました。カナダの雄大な景色は日本では見ることが出来ないため、たくさん写真をとって日本の家族にも送りました。4日間の滞在もあっという間に終わり、トロントへ。同じ航空会社利用だったのでストレス少なく帰ることが出来ました。

ランキンインレット旅行 よくあるFAQ

機内サービスは無料ですか?

もともと運賃に機内サービスが含まれているものは無料ですが、LCCなどの一部航空会社では、機内サービスは事前に予約する必要がある場合があります。利用する航空会社と便を確認してから、問い合わせしてください。

機内ドリンクでアルコールはありますか?

はい、ビールやワインなどを用意している航空会社がほとんどです。

オンラインチェックインはどの航空会社でも出来ますか?

ほとんどの航空会社でオンラインチェックインは行っていますが、会社や空港によっては出来ないこともあります。利用する航空会社のホームページを確認してください。

荷物が重量オーバーの場合どうなりますか?

超過料金を支払う必要があります。